• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校東京アナウンス学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 寺島 拓篤さん(放送声優科/声優)

東京都認可/専修学校/東京

センモンガッコウトウキョウアナウンスガクイン

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

声優  として働く  寺島 拓篤さん  にインタビュー!

  • 旅行・エンタメ業界
  • ものづくり業界
  • その他専門職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

自分以外の誰かのために演じる気持ちを大切にしています!

この仕事の魅力・やりがい

今でも、寺島拓篤の声といえば『うたの☆プリンスさまっ♪』を挙げてくださる方が多いです。僕の名前を広くみなさんに知ってもらえたという意味でも、『うた☆プリ』の一十木音也役はひとつのターニングポイントだったと思います。最新作『うたの☆プリンスさまっ♪ マジLOVEレジェンドスター』は“攻めの姿勢”がキーワード。今までに見られなかった音也を感じてもらえると思います。また、体感型上映システムMX4D(TM)で公開された『MX4D(TM)カゲロウデイズ-In a day's-』では、自分の演じたパートが全体とどう関わって、その作品のよさに繋がっているのかを確認する作業が楽しかったですね。

声優として働く寺島 拓篤さん

お客さんのために、作品のために。これが僕の大前提!

声優として働く寺島 拓篤さん

後輩への応援&アドバイス

アニメは、動画が完成していない状態でアテレコをすることが多いです。ですから、オンエアされてはじめて演技と映像の「答え合わせ」ができるんですよ。今の時代は、なんでもすぐに答えが出る時代だけど、それができない。だからこそ、声優には想像力が不可欠だと思います。最近では、声優の人数も仕事の種類も増え続けていますよね。だからこそ、一本芯になるものを持っていないと、結局「よくわからない人」で終わってしまいます。この世界をめざすなら、自分はなぜ声優になりたいのかを今一度振り返り、覚悟を決めて夢に向かってほしいですね。

これからかなえたい夢・目標

お客さんのためにがんばる、作品のために声を出す、キャラクターのためにお芝居をする… いつも、自分以外のために何かをするというのが、僕の大前提なんですよ!それに、主役であれ、脇役であれ、作品の一部となって役割を貫くという気持ちに変わりはないですね。音楽活動も積極的にやりたいと思っていますが、歌うときはあくまでも声優という土台を大切にしたうえで、どうエンターテインメントとして表現すればいいかを考えています。これからも、みなさんに喜んでもらえるよう、がんばっていきたいですね。

プロフィール

寺島 拓篤さん のプロフィール

(株)アクセルワン 所属/放送声優科/2004年3月卒/専門学校東京アナウンス学院を卒業後、2005年に『創聖のアクエリオン』の主人公・アポロ役でデビュー。以来、第一線で活躍中。主な出演作品は、『うたの☆プリンスさまっ♪』一十木音也役、『コメット・ルシファー』ロマン・ヴァロフ役、『プリパラ』ウサギ役、『デュラララ!!』渡草三郎役。

この先輩が卒業したのは…

専門学校東京アナウンス学院 放送声優科

学校イメージ

憧れの声優になろう!

日本初の本格的声優教育機関として誕生し、40年以上の実績がある専門学校東京アナウンス学院 放送声優科。第一線で活躍中の声優、声優プロダクションの関係者が、プロの表現者に必要な知識や技術を直接指導しています。声優としての基礎を学ぶ必修科目のほか、ダンスレッスンやヴォーカルレッスン、ラジオDJなど多彩なカリキュラムから興味のあるものを選択、個性を伸ばすことができます。また、業界との強いつながりを活かし開催している学内オーディションをきっかけに、多くの学生の所属プロダクションが決定。在学中にプロデビューする学生も数多くいます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

専門学校東京アナウンス学院(専修学校/東京)