• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京コミュニケーションアート専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • マンガ&イラストワールド
  • コンセプトアートイラスト専攻(3年制)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウコミュニケーションアートセンモンガッコウ

コンセプトアートイラスト専攻(3年制)

アニメ・映画・ゲーム等の世界観を表現する、コンセプトアートイラストの手法をマスター!

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • アニメーター

    原画家、動画家に分かれアニメの作画を行う。

    映画やTVのアニメーションの作画を行う。作画は、シナリオや絵コンテをもとに登場人物や背景などのデザインを描く原画家、その間の動きを一コマ一コマつないでいく動画家に分けられる。動画家は膨大な枚数を描くため、かなりの根気と正確なデッサン力が必要。

  • グラフィックデザイナー

    雑誌や広告で“伝えたいこと”をデザインして表現する

    雑誌や広告、宣伝媒体、商品のパッケージなど、印刷物の紙面をデザインし、ビジュアル的効果を高めるのが仕事。アート面でのセンスが問われるのと同時に、流行を読み取る洞察力と、時代にマッチした感性も欠かせない。

  • 漫画家

    自分の作風やタッチで、人気作品を創り出す

    現在発行されているまんが誌(週刊誌・隔週刊誌・月刊誌)にまんがを描く仕事。最初から単行本に書き下ろすこともあるが、4コマまんがやストーリーものなどで、連載をもつことで収入を得る。自分の作風やタッチを確立して、作品を出版社の編集者等に認めてもらうことが必要。ヒット作品が出れば、時代のブームを巻きおこすことも。

  • 漫画原作者

    登場人物から、場面設定までまんがのストーリーを考える

    まんがにはストーリーが必要だ。そのストーリーを考えるのが原作者。まんがの原作だけを書いて仕事をしている人はまれ。小説家や脚本家など、他にも仕事を持っているケースが多い。まんがの原作の仕事は取材に行くなど、通常ライターの仕事に似ているが、表現段階になると会話のセリフや、より短い言葉でまとめる等、絵柄とのバランスはもちろん、構成力や描写力が求められる。

  • WEBデザイナー・クリエイター

    使いやすいウェブサイトをデザインする

    インターネットのページをデザインするウェブデザイナーは、誌面のデザインとちがいナビゲーションのためのボタンの位置や、そのページに盛り込む情報の取捨選択など、画面になった時に利用者が、その画面を見て次の画面をわかりやすく選択できるような情報デザインの視点が求められる

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

初年度納入金:2017年度納入金 114万円  (入学金10万円・授業料69万円・施設維持費35万円 ※その他諸費用は別途必要)
年限:3年制

学科の特長

カリキュラム

3年間みっちりとプロの仕事を、プロの現場で、プロに学ぶ。それがTCA独自のカリキュラム!
TCA独自の産学協同教育システム「企業プロジェクト・企業課題」を始め、マンツーマンで指導を受けられる「業界特別ゼミ」、世界中からトップクリエーターを招聘して行われる「特別講義」、そして可能性を広げるため他専攻の授業が受けられる「Wメジャーカリキュラム」や「海外実学研修」など充実カリキュラムでサポート。

授業

卒業時からプロのイラストレーターとして活躍できるのは、3年間しっかり学べるからこそ!
コンセプトアートイラストは、アニメや映画、ゲーム等の世界観を表現するイラスト。デッサンやデザインベーシックなどでイラストレーションの基礎を学びながら、作品の世界観を表現する技術を身につけます。3年間しっかり学び、業界が求めるイラストレーターとして即戦力を身につけます。

先生

講師は全員、業界で活躍中の現役トップクリエーターだから伝えられることがある!
みなさんも目にしたことのある作品を手掛けている現役のイラストレーターが一人ひとりの個性・長所を伸ばしていきます。業界と密接な本校ならではの豪華な講師陣。あこがれのプロと直接触れ合え、プレゼンテーションするチャンスがたくさん!学校見学や体験授業で直接会うことができます。

実習

プロの仕事を在学中から経験し、実践力を身につける
在学中からプロの仕事を体験する「企業プロジェクト」は、企業からの課題に対して学生が商品・作品制作に取り組む実践授業です。今まで行われた企業プロジェクトはスターバックスコーヒー・JAL・明治製菓・キヤノン・バンダイなど130社以上と様々な業界にわたっており、学生作品が多数商品化されております!

卒業後

「技術力」だけではなく、プレゼンテーションスキルを備えたプロとして活躍!
イラストレーター、グラフィックデザイナー、キャラクターデザイナー、Webデザイナーとして就職してもOK!また、フリーで自分の会社を作ることもできるのが魅力!業界と太いパイプで繋がっている「キャリアセンター」が、独自のサポートシステムでプロへの階段を完全サポートします!

雰囲気

少人数制だからきめ細かい指導を受けられ、しっかりと技術を身につけられる
日々進化し続ける業界で常に必要なことは「人の心を動かすデザイン」。少人数制だからこそ一人ひとりの個性・長所を伸ばす細やかな指導ができます。同じ夢や目標を持った友達がたくさん集まっています。コンピュータルームは24時間開放する日があるので、安心して思う存分、作品制作に打ち込むことができます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS) (MOS検定)

    色彩士検定(2~3級)
    DTP検定
    DTPエキスパート認証試験
    Web検定

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 2016年3月卒業生・就職希望者188名中188名就職 )

主な就職先/内定先

    DMM 、 セガ・インタラクティブ 、 コロプラ 、 アソビモ 、 Cygames 、 ボンズ 、 J.C.STAFF 、 プラチナゲームズ 、 トヨタ自動車 、 本田技術研究所 ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

15年連続就職希望者全員決定の就職率。就職希望者2106名中2106名就職(15年間の実績)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒134-0088東京都江戸川区西葛西6-29-9
フリーダイヤル0120-532-303(携帯・PHSから可)
tcainfo@tca.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
総合校舎 : 東京都江戸川区西葛西6-29-9 「西葛西」駅から南口を出て徒歩 5分

地図

 

路線案内


東京コミュニケーションアート専門学校(専修学校/東京)