• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京スクール・オブ・ビジネス
  • 好奇心の授業一覧
  • 好奇心の授業

東京都認可/専修学校/東京

東京スクール・オブ・ビジネス

トウキョウスクール・オブ・ビジネス

好奇心の授業

自然・環境・動植物・科学
広い部屋、ふかふかのベッド…。三ツ星ホテルじゃありません、犬専用ホテルです!
テーマphoto
テーマphotoテーマphoto
旅先でも心地いいワ~ン、と言わせちゃうホテル
ドッグホテル(犬専用ホテル)と聞くと、どのようなホテルを思い浮かべますか?狭いゲージ、狭い部屋に何頭もの犬が押し込められている・・・残念ながら日本では、そんなドッグホテルが一般的です。ところが、ペット先進国と呼ばれているドイツでは、状況がガラっと異なります。1頭1頭への十分なスペースと、ベッドと毛布が用意され、冷暖房まで完備。犬たちがストレスをためこまないように運動できる庭があるホテルもあるほど。まるで人間と同じ扱い!でも、それがペット先進国といわれるゆえんなのです。
犬と子どものしつけはドイツ人にさせろ?
「ペットを飼うならドイツが一番」。動物の海外事情に詳しい人なら知っていること。特に犬への保護が手厚く、十分な飼育スペースや運動、飼い主との交流、しつけなどが法律によって厳しく義務付けられているのです。それゆえ「犬と子どものしつけはドイツ人にさせろ」ということわざがあるほど。ドイツに限らず諸外国でも、生活のさまざまな場面において、ごく自然にペットがいるという光景を目にします。レストランでの食事、旅行などを気兼ねなく一緒にできる。ペット好きには理想ですね。
ペットと一緒に暮らせる社会って?
さて、日本ではどうでしょう。ペットが入れるカフェなどが少しずつ増えてきているとはいえ、まだごく一部。公共の場所では「動物お断り」がほとんど。もちろん、衛生面の問題、文化的背景の違いなどもありますが、ペットと社会が近づくためにできることがあるはず! 予防接種、リードの操作方法などもしっかりとした知識が必要です。最も課題とされているのは、しつけやマナー。これはペットが悪いわけではありません。人間が訓練の中で教えていくことです。ペットと人間が共存していくために、人間の私たちがきちんとしたルールを作り、守っていくことがペットに優しい社会への第一歩です。
これって実は・・・動物愛護法
学べるのは、ココ!
東京スクール・オブ・ビジネス ペットビジネス学科 
photo
「ドイツってすごい!」「ドイツみたいな環境で学んで、犬を育てられたらいいのに」。そんな風に思ったあなた。TSBのペットビジネス学科では、ペット先進国であるドイツ・イギリス式の教育・ノウハウを取り入れています。海外の団体とフレンドシップ(提携)を結び、海外研修で保護センターやしつけ教室、アニマルシェルター、ドッグホテルなどを見学。普段は見ることのできない本場のテクニックや、考え方を体感することができます。 国内研修も実施し、担当犬と一緒に宿泊施設で過ごすなど、犬と身近に過ごすことを実践。『全ては犬の幸せのために』を合言葉に、日本で最先端のペットビジネスを学ぶことができます。

東京スクール・オブ・ビジネス(専修学校/東京)