• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京バイオテクノロジー専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • バイオテクノロジー科(3年制)
  • 醸造発酵コース

東京都認可/専修学校/東京

東京バイオテクノロジー専門学校

トウキョウバイオテクノロジイセンモンガッコウ

醸造発酵コース

バイオ技術導入で、進化する現場の醸造技術者になる。

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 醸造・発酵製品企画・開発・研究者

    しょうゆ、みそ、酒、チーズなどの醸造・発酵製品を新たに作る仕事

    醸造・発酵製品とは、しょうゆやみそ、酒、チーズ、ヨーグルトなどのこと。これらの製品は微生物や酵素などの働きを利用して作られるため、企画・研究・開発にはバイオテクノロジー、生命科学、生物学などの分野の専門性が求められる。醸造・発酵製品には古くから親しまれているものも多いが、醸造・発酵のメカニズムや酵素の力などに関してはまだまだわかっていないことも多く、人々の健康増進につながる新たな製品の開発が期待されている。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

初年度納入金:2016年度納入金 98万円  (教材費別途)
年限:3年制

学科の特長

カリキュラム

微生物の知識や取り扱い技術を実践的なカリキュラムで習得!
微生物の基本はもちろん、醸造・発酵に関わる微生物の代謝、性質を知り、利用するための技術を習得できる実習中心のカリキュラムです。インターンシップ制度も充実しており、微生物を扱う研究所などでの長期や、発酵食品メーカーや酒造メーカーでの1週間~3ヵ月間の短期インターンシップで現場での仕事を経験できます。

先生

業界屈指の現役プロから現場の知識と技術を学ぶ!
本校講師には、ワイン醸造家(エノログ)・杜氏など酒造りの現場や微生物のつくり出すものを利用する現場で活躍中の醸造発酵業界のスペシャリストが多数在籍。第一線で活躍する先生の授業は刺激的で本当にワクワクします。実際の製造工程とともに最新の技法を取り入れた実習で、現場を想定した技術や知識を習得できます。

卒業後

東京バイオでは98%の学生が「実験を仕事に」しています(2015年3月卒業生専門職就職者数98名)
「実験を仕事に」することに東京バイオは長年の実績があり、企業による校内説明会など、業界と太いパイプでつながっているので就職も安心です。キャリアセンターのスタッフが企業・研究所を訪問し、求人票はもちろん、必要とされている人材や求められる技術の情報を収集。ひとり一人の就職を確実にサポートします。

資格

充実した資格サポートで資格取得をめざします
「実験を仕事にする」ために必要な資格が取得できるように徹底サポートしています。資格取得に向けた資格対策授業や直前集中講座などを実施しています。めざす資格を取得できるように3年間や4年間のカリキュラムの中に授業が組まれています。

施設・設備

試験醸造所として専門学校では関東唯一。5種類のお酒造りが学べるのは東京バイオだけ!
東京バイオはワイン(果実酒)、ビール、日本酒、焼酎、リキュールの5種類の酒類製造免許を国税庁から取得している学校です。醸造には特殊な設備や機器が必要となります。その設備や機器が充実していて、5種類もの免許を取得しているのは関東の専門学校では唯一東京バイオだけです。

教育目標

醸造発酵食品の開発技術者をめざそう!
ワイン、ビール、和酒の醸造実習や講義を通して、現場での仕事につながる、酒精計や亜硫酸分析装置、HPLCなどの分析機器を使った製造方法を習得。また、味噌、納豆などの発酵食品の製造と製品の分析技法も習得して、酒造会社、発酵食品会社などでの技術者として働きます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • バイオ技術者認定試験 (中級) 、
    • 食品衛生責任者 、
    • 毒物劇物取扱責任者<国> 、
    • 危険物取扱者<国> (乙類4種) 、
    • 有機溶剤作業主任者<国> 、
    • コミュニケーション検定 、
    • 知的財産管理技能検定<国> (3級) 、
    • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者<国> 、
    • 酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者<国>

    小規模ボイラー取扱い作業者※特別講座のほか、校内講習会で取得できる資格もあります。

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    オリエンタル酵母工業(株) 、 三次ワイナリー 、 熊澤酒造(株) 、 鎌倉ビール醸造(株) 、 (株)奥尻ワイナリー 、 (有)都城ワイナリー 、 小山酒造(株) 、 (株)ベンチャーウイスキー 、 中央葡萄酒(株) 、 (株)隣友(キリンビール横浜工場) ほか

※ 2015年3月卒業生実績

日本酒・ビール・ワインなど酒類の醸造技術者、発酵食品メーカーの技術者として活躍します。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒144-0032 東京都大田区北糀谷1-3-14
TEL03-3745-5000
info@bio.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都大田区北糀谷1-3-14 「梅屋敷(東京都)」駅から徒歩 10分
「大森(東京都)」駅から京急バス 15分 北糀谷下車 徒歩 1分

地図

 

路線案内


東京バイオテクノロジー専門学校(専修学校/東京)