• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京バイオテクノロジー専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • バイオテクノロジー科(3年制)
  • 食品開発コース

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウバイオテクノロジイセンモンガッコウ

食品開発コース

食品開発や品質管理で食の安全と、豊かさをつくる技術者になる。

学べる学問
  • 栄養・食物学

    栄養と食についてさまざまな角度から研究する

    食べ物をテーマに、調査、実習、実験などで多角的な研究をする学問。栄養学は料理法や栄養について、食物学は食品を実習を通して総合的に学ぶ。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 農学

    農業に関わる理論と技術を研究し、環境保全に寄与する

    人が生きる基本の「食」を支える分野。食料や資源の効率的な栽培・生産を研究する。生産方法、環境・生態系の修復、新種開発、農業ビジネスなど、研究は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

  • 食品製造

    食品メーカーなどの工場で安全・衛生に配慮しながら食品を加工・製造

    食品メーカーなどの工場で食品の製造や加工を担当する仕事。大量生産する工場では生産ラインが設けられ、食材の洗浄、下処理、加工、調理、包装などの工程ごとに細かく分業されている。機械化が進んでいる工場では機器の操作が中心となることも多いが、食品の種類や工場の規模によっては手作業が大切になることも。そのため、工場で活躍している調理師やパン職人、パティシエなども少なくない。作業の正確さはもちろん、衛生面の配慮も求められる仕事だ。

初年度納入金:2017年度納入金 138万円  (教材費別途)
年限:3年制

学科の特長

カリキュラム

20種類以上の「新しい商品開発」や「品質管理」のための技術・知識満載のカリキュラム
大豆から豆腐を作ったり、魚肉でかまぼこを作ったりして、材料の変化や条件で味や物性がどのように変化するのかを調べる「食品加工実習」や食品の化学組成を分析する「食品化学分析実習」、開発のための市場調査をする「食品リサーチ実習」等、食の業界で技術で仕事をするための学びをします。

研究テーマ

産学協同研究で商品化や特許取得も夢じゃない!
卒業年次に行う卒業研究では、様々な企業と産学協同研究を行っています。卒業研究で開発した商品が、新商品として販売されたり、特許を申請する成果があったりと、在学中に自分の考えたものが商品化や特許取得につながることも夢ではありません。

卒業後

企業からの厚い信頼は、多くの卒業生の活躍により培われた食品開発コースの実績!
東京バイオは企業からの信頼が厚く、多くの卒業生が食品業界で活躍しています。機能性食品や消費者の多様化によって今後ますます新しい商品を作り出すことができる開発技術者や、「食」の安全や安心を守る品質管理や製造ができる技術者の需要が高まります。これからも食品業界での活躍の場は更に広がります。
東京バイオでは97%の学生が「実験を仕事に」しています
「実験を仕事に」する東京バイオは長年の就職実績により、企業による校内説明会が実施されるなど、太いパイプで業界とつながっています。キャリアセンターのスタッフが企業・研究所を訪問し、求人票はもちろん、現在必要とされている人材や技術の情報を収集して、ひとり一人の就職を確実にサポートします。

施設・設備

食品開発実習室、分析機器室、無菌室、総合実習室など完備
食品開発に必要な「分析技術」などが体験できる実習室が充実。就職後すぐに仕事で求められるスキルを習得できます。食品の成分分析を行うHPLC、GC、GC/MS、原子吸光光度計のある「分析機器室」、新しい食品の開発を行う「食品開発実習室」、食品衛生を学ぶ「総合実習室」などがあります。

教育目標

食品の開発技術者をめざそう!
実習、講義を通して、食品業界で必要な食品加工、食品分析、食品衛生についての知識と専門技術を習得します。また、食品開発、製造、品質管理、マーケティングなど幅広く食品を学び、食品業界で研究・開発・分析・製造等の現場で技術者として働きます。
学校概要

「実験を仕事に」する。全授業の60%を占める実習授業で実験技術が身につく!

DNA・再生医療・動物バイオ・植物バイオ・醸造発酵・食品開発・化粧品開発・化学分析の8分野で構成され、「カリキュラム」の60%が実験・実習。バイオの基礎から応用までを習得し、即戦力を身につけます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 食品衛生責任者 (国) 、
    • バイオ技術者認定試験 (中級) 、
    • 毒物劇物取扱責任者<国> 、
    • 知的財産管理技能検定<国> (3級) 、
    • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者<国> 、
    • 危険物取扱者<国> (乙種4類) 、
    • 有機溶剤作業主任者<国> 、
    • コミュニケーション検定

    フードコーディネーター(4級)
    品質管理検定(4級)
    小規模ボイラー取扱い作業者
    ※特別講座のほか、校内講習会で取得できる資格もあります。

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    森永乳業(株) 、 (株)ブールミッシュ 、 フジフーズ(株) 、 (株)崎陽軒 、 日本食品分析センター ほか

※ 2016年3月卒業生実績

乳業、飲料、製菓などの食品メーカーで活躍します。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒144-0032 東京都大田区北糀谷1-3-14
TEL03-3745-5000
info@bio.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都大田区北糀谷1-3-14 「梅屋敷(東京都)」駅から徒歩 10分
「大森(東京都)」駅から京急バス 15分 北糀谷下車 徒歩 1分

地図

 

路線案内


東京バイオテクノロジー専門学校(専修学校/東京)