• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京バイオテクノロジー専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • バイオテクノロジー科(3年制)
  • 化学分析コース

東京都認可/専修学校/東京

東京バイオテクノロジー専門学校

トウキョウバイオテクノロジイセンモンガッコウ

化学分析コース

化学と分析技術で、検査・分析の技術者になる。

学べる学問
  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

目指せる仕事
  • 化学技術者・研究者

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品を、製品開発したり、製造技術の開発などを行う。

    プラスチックや化学繊維、合成ゴムなどの化学製品に関して、新しい製品を開発したりするのが、民間企業(化学メーカーなど)にいる化学研究者。一方、国や学校などの研究所で活躍する化学研究者は、直接すぐに製品になるものというよりも、ある化学薬品の試薬を発見する研究だったり、特定の動きをする化学物質の研究だったりと、基礎的な研究になりがち。また、これらの化学研究を行うために必要な設備技術や化学製品を作成するための技術開発などの研究を行う研究者もいる。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生命工学研究者

    遺伝子の成り立ちや組み換えなど生物を分子レベルでとらえ、大学や各種研究機関で新たな研究・開発を行う。

    遺伝子の成り立ちや細胞学、生命科学などの成果を、製薬や食品などの工業分野にフィードバックし、生産力をあげたり、新製品の開発につなげるための研究を行っているのが生命工学研究者。分子レベルで生物をとらえ、さまざまな生命や体のメカニズムを解明しようとしている。ある特定の遺伝子の働きが実際にDNAのどの部分で働いているのかなど、マウスを使った実験を繰り返すことで解明しようとする研究者がいたり、実験用の均質なマウスを、遺伝子操作によって作り出すといった実験を繰り返す研究者もいる。

  • 環境分析技術者

    環境汚染物質などの測定・分析をする

    例えば大気中の二酸化炭素の濃度、水質汚濁が生態系に与える影響、ダイオキシンによる地質汚染などを野外で計測・調査し、環境破壊や、環境汚染が実際にどのように進行しているかを調べる。また、専門知識を持って、結果を参考に分析や研究を行う。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

  • 食品技術者・研究者

    食材や食品、生産設備など、「食」に関するさまざまな技術・知識を追究する

    食品会社などで、新しい食品の開発をしたり、食品の生産・管理を行ったりするのが食品技術者。製造工程のチェックや品質検査、衛生検査、現場の監督者への技術指導などの作業管理なども行う。食品研究者は、食品会社の研究所や大学、研究機関などで新しい食材や食品の研究などを行う。遺伝子組み換えなどバイオ技術を活用した新しい食材の研究開発をはじめ、製造技術そのものの研究など、「食」に関わる様々な分野を専門的に追究する。栄養、食品、工業、化学、農業、水産業など、さまざまな分野からのアプローチが可能だ。

初年度納入金:2017年度納入金 138万円  (教材費別途)
年限:3年制

学科の特長

カリキュラム

確かな化学分析技術と専門知識を習得して現場に対応できるカリキュラム
医薬品、環境、化学、そして食品など幅広い業界で化学を切り口に活躍できる分析技術と化学の専門知識を学べるカリキュラムです。化学分析で必要な分析試料の調整から分析まででき、化学分析技能士2級、3級<国>の取得により確かな実験技術を習得します。短期・長期のインターンシップで現場での分析業務の実践もできます。

研究テーマ

現場で即戦力となる化学分析技術者養成のため、現場でのインターシップ先で卒業研究できる!
東京バイオでは研究所や企業でのインターンシップで最新の分析機器を使った卒業研究をすることができます。また、学内では企業・地域・大学などとの協同研究を行います。

卒業後

企業・研究所と同様の設備環境で技術を身につけ、分析業界での就職を目指す!
東京バイオには、分析機器室という分析専門の実習室を完備。HPLCやGCはもちろん、原子吸光光度計やGC/MSなどの分析機器が充実しており、医薬品、環境、食品など、様々な成分分析を行うことができます。就職先の企業・研究所で求められる人材としてのスキルを習得しているからこそ、就職後も即戦力として活躍できます。

資格

充実したサポートで資格取得を目指します!
「実験を仕事にする」ために必要な資格が取得できるよう資格取得に向けた資格対策授業や直前集中講座などを実施して徹底サポートしています。めざす資格を取得できるように3年間のカリキュラムの中に授業が組まれています。

施設・設備

分析機器室、DNA実習室、そして総合実習室などを完備
分析機器室には、ガスクロマトグラフィー質量分析計や赤外分光光度計などがあり、実習によりひとり一人が多くの経験をつめます。また全学年がガスクロマトグラフィーや液体クロマトグラフィーなどの分析機器での分析法を習得し、分析対象について最適な分析法を選択できるようになります。

教育目標

分析技術者をめざそう!
実習、講義を通して、食品の化学分析、HPLCやGC/MSなどの機器分析など幅広く分析技術を習得すると共に、関連する有機化学、無機化学、分析化学などの知識や分析技術を習得し、企業や公的機関で技術者として働くことを目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 毒物劇物取扱責任者<国> 、
    • 酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者<国> 、
    • 危険物取扱者<国> (乙類4種) 、
    • 有機溶剤作業主任者<国> 、
    • 特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者<国> 、
    • コミュニケーション検定

    水質関係第2種公害防止管理者<国>
    品質管理検定(4級)
    化学分析技能士(2級、3級)
    ※特別講座のほか、校内講習会で取得できる資格もあります。

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    日産化学工業(株) 、 (株)産業分析センター 、 アース環境サービス(株) 、 (株)サンライト 、 東京理科大学 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

分析受託企業や企業研究所で専門機器を用いた分析業務で活躍します。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒144-0032 東京都大田区北糀谷1-3-14
TEL03-3745-5000
info@bio.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都大田区北糀谷1-3-14 「梅屋敷(東京都)」駅から徒歩 10分
「大森(東京都)」駅から京急バス 15分 北糀谷下車 徒歩 1分

地図

 

路線案内


東京バイオテクノロジー専門学校(専修学校/東京)