• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京ビジュアルアーツ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ヴォーカル&ミュージシャン学科

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウビジュアルアーツ

ヴォーカル&ミュージシャン学科

募集人数:
80人 (学科入学定員)

音楽で生きていく。プロと同じ音楽制作サイクルで技術を磨き、充実の環境で仲間と共に夢を実現しよう!

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

目指せる仕事
  • ベーシスト

    バンドやスタジオで活動するベース奏者

    グループを作り、メジャーデビューできるのはごくわずか。スタジオミュージシャンとして、レコーディングスタジオで演奏している人もいるが、多くの場合は、音楽学校の講師などの本業を別に持ち、ライブハウスなどで活動している。

  • ギタリスト

    センスとテクニックでギターをあやつる

    同じ曲でも、その人のテクニックはもちろん、感性によっても、曲のイメージが変わってくる。ギタリストとして、バンドやソロでCDを出したり、コンサート活動していく場合や、多くの場合は、スタジオミュージシャンや、音楽学校の講師などをしながら生計を立てている。

  • ドラマー

    ドラムを叩いて、リズム感とスピード感を生み出す

    バンドのメンバーとして活躍する。それ以外の活動としては、スタジオミュージシャンとしてメンバーに加わって演奏したり、音楽学校の講師などの道がある。本業はほかに持ち、ライブハウスなどで活動するなど、ドラマーだけで生計を立てていくのは難しい。

  • 歌手・ボーカリスト

    歌で人を感動させる。めざすジャンルは様々。

    歌の基礎を学び、オーディションに応募して合格し、本格的なボーカルトレーニングを受けて、デビューとなる。素質や実力に加えて、運や時代感覚も必要。また、クラッシック、ジャズ、ロックなどどんなジャンルを専門にするかによってもそのプロセスはちがってくる。

  • シンガーソングライター

    自作の歌を、思いをこめて自ら歌う

    作詞、作曲など自分で作った曲を自分で歌う。曲を作る感性と同時に歌唱力も必要。

  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • 作詞家

    歌手に提供する曲の詩を書く

    一つのフレーズが人を泣かせたり感動させたりするもの。先に完成した曲にのせて詩を書くケースが多い。専門の作詞家もいるが、コピーライターや放送作家、ミュージシャンなどが手がけることも。

  • 作曲家

    どんな曲づくりも、オリジナリティやセンスが必要

    歌謡曲などのメロディーに重点をおいた曲作りをするソングライタータイプや、映画やラジオ、TVのテーマ音楽やCMを手がける仕事の場合もある。自作をレコード会社や音楽出版に売り込みデビューのチャンスをつかむ。クラッシックやオーケストラなどの曲づくりはさらに専門性が必要。

  • 編曲家

    アレンジの仕方によって曲が生きる

    同じ曲でもアレンジの仕方によってイメージがかなり変わるものだ。作曲家が編曲までを手がける場合も多いが、どんな楽器を使い、各パートごとにどんな演奏をするのかを考えるのは、編曲者(アレンジャー)の仕事となる。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

初年度納入金:2017年度納入金 139万7000円  (教材費・研修費などは別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

テクニック、表現力、アンサンブル、作詞・作曲、アレンジ…音楽を学ぶ全てがココに
現役のプロミュージシャンの指導のもと、演奏テクニックや表現力の習得に加え、作曲・編曲やアレンジ、レコーディング、DTMまで幅広く学習。学内に設けられたライブホールやレコーディングスタジオ、練習スタジオでたっぷり練習して、音楽ざんまいの2年間が過ごせる!

カリキュラム

<ヴォーカル専攻>それぞれの音楽を極めるために4つのコースを用意
●ソロヴォーカル ●バンドヴォーカル ●シンガーソングライター ●ヴォーカル&プレイヤー
4コースを設置し、それぞれ自分の歌で勝負するためのカリキュラムを用意。歌唱の表現力UPをベースに自分の志向にあったレッスンをバランス良く組み合わせ、目指す世界を追求できるヴォーカル専用のカリキュラムとなっています。
プレイヤーとしてのテクニックを磨く3つの専攻を用意
◆ギター専攻/演奏テクニックや音楽を体系的に理解し、音づくりの高度なノウハウを学ぶ
◆ベース専攻/基礎技術や音楽理論、アンサンブルなど幅広いレッスンで音楽的センスを磨く
◆ドラム専攻/スティックグリップやフォームなどの基礎から音楽全体を見渡せる視点とリズムセンス、多様な演奏表現までを習得

授業

入学から卒業までライブざんまい!キミの手で熱いライブを作り上げよう!
1年次はバンドやユニット、ソロなど各自が好きな楽曲を持ち寄り、月に一度『J-stライブ』に出演。新しい事にチャレンジしつつ、毎回のライブでステップアップ。そうする中で自然とバンドやグループが結成されていきます。2年次には他学科とコラボして行う野外ライブやオーディションライブにも出演しデビューを目指します。

卒業後

『就職 + デビュー サポート』 東京ビジュアルアーツは“夢をかなえる率”が高い学校だ
ソニー・ミュージックやエイベックスなどが審査するスーパーライブオーディションやメジャーレーベル協力のもと立ち上げた学内レーベル「BINARY STAR RECORDS」などデビューサポートが充実。『AJISAI』など続々と先輩達がデビューを飾っています。卒業生には『THE BACK HORN』『ZAZEN BOYS(B.吉田一郎)』など多数!

施設・設備

実習室を学生に開放。課題制作はもちろん、自分の作品作りにも自由に思う存分利用できる
学生が最新の設備を使って学べるよう、業界の動きに合わせて機材をフレキシブルにリニューアル。しかも、土日や放課後など、授業のない時間は夜9時まで開放しているから、学生たちは使い放題!課題制作はもちろん、個人練習など、使い方は自由!思い切り使って、ワザと才能に磨きをかけよう!

募集コース・専攻一覧

  • ヴォーカル専攻

    • ソロヴォーカルコース
    • バンドヴォーカルコース
    • シンガーソングライターコース
    • ヴォーカル&プレイヤーコース
  • ギター専攻

  • ベース専攻

  • ドラム専攻

学べる学問

目指せる仕事

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒102-0081 東京都千代田区四番町11
フリーダイヤル0120-64-6006
info@tva.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
四番町校舎 : 東京都千代田区四番町11 「市ケ谷」駅から徒歩 8分
「麹町」駅から徒歩 5分
「半蔵門」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


東京ビジュアルアーツ(専修学校/東京)