• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京医薬専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • くすり総合学科

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウイヤクセンモンガッコウ

くすり総合学科

募集人数:
40人

“研究・開発”“販売”をたのしく学び、くすりのスペシャリストに

学べる学問
  • 商学

    企業活動を客観的に評価するための理論と実践を学ぶ

    経済学をベースに、現実の経済の動きや、ビジネスの実践的な業務に必要な方法論や仕組みを、調査・分析などを通して学ぶ。

  • 生活科学

    人々の生活の合理化や充実を、学術的アプローチで研究する

    衣・食・住から人間関係、健康、環境、文化など生活者の視点を基盤にしてライフスタイル全般を学ぶ学問。家庭生活の向上や快適な生活環境を創ることを目指す。

  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬剤の研究や新薬の開発、効果的な使用法など、医薬品から化学物質まで薬全般について研究する。薬の作り方を学ぶ製薬学、病気予防のノウハウを学ぶ衛生薬学、薬の用い方を学ぶ医療薬学がある。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 応用化学

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていくための研究をする

    化学を用いて、我々の生活をよりよくしていく方法を追及する学問。新しい素材の開発や、医薬品の開発まで、その範囲は多岐にわたる。

  • 医用工学

    工学と医学の両方を理解した先端医療機器の技術者を育てる

    手術や治療、検査に使われる最先端の医療機器。その開発や保守・管理に必要とされる電気・電子工学、機械工学などの工学系の分野と医学系の分野について理論と実践の両面から学ぶ学問。

目指せる仕事
  • 品質管理・衛生管理

    消費者に安全な商品を提供するための仕組み作りや検査を担当する

    一般消費者に安心安全な製品を提供するために、原材料の仕入れから製造、出荷までのすべての工程で品質の管理をする仕事。必要に応じて衛生検査なども行う。品質管理で重要なポイントの一つは、生産の過程で不良品を生み出さないようにする仕組み作り。原材料の安全性の確認から、生産現場でのチェック体制、出荷時の検品体制、クレームがあった場合に即座に現場の業務改善に反映させる体制などを整えることで、安定的に品質を保つことが可能になる。一方で、生産現場での品質管理・衛生管理も大切な仕事。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 生物学研究者

    微生物からヒトまで、生命の誕生や進化、生態など独自のテーマで生物に関する研究を行う。

    地球上に1千万種以上いるといわれる生物に関して、その体の仕組みや成育の特徴など、各自のテーマを追求するのが生物学研究者。生態や体の仕組みが解明されているのはほんの一部。微生物やプランクトン、動物、植物など、すべての「生物」に注目すると、まだ地球上はわからないことだらけ。それらの調査を行い、時には実験を繰り返し、データを蓄積することで、結果的に新しい発見につながる可能性が大きい。バイオテクノロジーや免疫など、さまざまな分野での期待も大きい。

  • 生理学研究者

    広範囲に生命現象(生体の働き)を解明する。脳生理学など、専門分野にわかれて研究する

    生理学は医学とともに昔から研究されてきたテーマである。「生体の機能のメカニズムを明らかにしてその意義を明らかにする学問」である。分子レベルでの研究などが進む中、個別の働きではなく、関連した複数の機能(生態学的、心理学的現象を含めた)を解明しようという研究分野。対象が生きた条件下でリアルタイムに観察するというのが特徴。生体の機能のメカニズムを明らかにするということから、脳生理学など専門分野にも分かれている。大学や病院などの研究機関などで、医学的なアプローチや情報処理的なアプローチなどがされる。

  • バイオ関連商品企画・開発・研究者

    自然の中に存在する生命の力を利用して健康食品、材料、燃料などを開発

    バイオテクノロジーは、エコや健康などにつながる可能性を秘めているため、医薬品以外にも非常に幅広い分野で使われている。例えば、微生物由来の健康食品なども注目されているし、生物から取り出した成分をもとにしたプラスチックなど材料系の研究も進んでいる。また、エネルギーの分野ではサトウキビなどの植物を使ったバイオ燃料なども世界的な需要が伸びている。材料メーカー、エネルギー会社、化学メーカー、製薬メーカー、医療機器メーカー、食品メーカーなど幅広い業種が参入し、研究者、開発者が活躍している。

  • 医薬品登録販売者

    薬局の店舗スタッフとして活躍。第二類、第三類医薬品を販売できる

    薬局などで販売している医薬品には第一類、第二類、第三類の3種類があり、このうち第一類は薬剤師がいないと販売できない。しかし、一般的なかぜ薬など市販薬の9割以上を占める第二類、第三類は登録販売者の有資格者がいれば売ることができる。薬剤師は人材が不足していることもあり、現在は多くの薬局で登録販売者が活躍。医薬品の効能・副作用などの説明や会計などの店舗業務に従事している。6年制の大学を卒業しなければならない薬剤師に比べると資格も取りやすい。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

  • 医薬情報担当者(MR)

    医師に薬品の情報を提供する

    MRとはMedical Representativeの略で、製薬会社の営業販売をする人。医療機関に出入りし、メーカーを代表して医師らに医薬品の情報を提供したり、情報を収集する仕事。また、各研究機関への委託研究の連絡や研究発表、シンポジウムを手伝うこともある。

初年度納入金:2017年度納入金 134万2000円  (その他諸費用・総合演習費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

「くすり」に関わる様々な仕事を通して薬剤師を支える仕事を目指します
漢方を学ぶ学校としてスタートし、38年の歴史がある東京医薬。将来、医薬品に関わることを目指す学生は研究・開発、販売、営業、調剤事務と5つの分野を幅広く学ぶことができます。目指す将来は入学後、各分野を体験してから選択できるから、自分に合った分野に進むことができます

カリキュラム

これからの医薬品業界を支える知識を得、技術を習得するカリキュラム
化学や生物の基礎を学ぶこと、研究・開発に必要な実験器具の取り扱いを習得することから「くすり」の学びがはじまります。授業の50%が実習授業だから、将来の医薬品開発に必要となる実験技術を身に付けることができます。また、2年次には公的機関や企業、大学の研究所でインターンシップが可能です

卒業後

一人ひとりに合った就職先をマッチングする就職サポートで夢を叶えます
薬業教育、バイオ分野の教育で約10,000人以上の卒業生を業界に輩出。各所で卒業生が活躍しています。就職活動がスタートする前にはSPIなどの筆記試験対策、面接対策も行います。更に、一人ひとりの希望、個性を考えながら、担任と就職担当のスタッフが連携を組み、それぞれの学生にあった就職先をマッチングしていきます

資格

オリジナルカリキュラム、模擬試験で全国でも高い資格取得率を誇っています
毒物劇物取扱責任者、中級バイオ技術者認定、有機物取扱者、登録販売者など、資格取得試験に向けて、経験豊富な講師陣による補習授業やオリジナル模擬試験と個別のフォローアッププログラムで、合格をサポートします

施設・設備

研究室、ドラックストア、調剤薬局・・・実際の現場に劣らない設備でしっかり学べます!
医薬品開発の実習室は実際の研究室に劣らない設備を完備、現場で必要な技術を2年で確実に身につけます。また、ドラックストア実習室、調剤薬局実習室も完備し、現場を意識しながら学べる環境です

制度

充実のインターンシップ制度で自分にあった「医薬品」の仕事を目指します!
東京医薬のインターンシップでは、現場を知ることでその後の職種や職場への適性を見つめ直し、自分に合った就職先を見極めていくもので、学生・業界の満足度も高いものとなっています。医薬品開発分野では1年次の終わりから最長1年間、企業の研究所や大学院などでインターンシップを活用した卒業研究を行います

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 登録販売者<国>

目標とする資格

    • 毒物劇物取扱責任者<国> 、
    • 有機溶剤作業主任者<国>

    中級バイオ技術者認定 ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    薬ヒグチ&ファーマライズ株式会社 、 株式会社ぱぱす 、 株式会社トライウェル 、 株式会社トモズ 、 株式会社トウブドラッグ 、 株式会社ツルハ 、 株式会社セキ薬品 、 株式会社スマイルドラッグ 、 株式会社三千里薬品商会 、 株式会社ココカラファインヘルスケア ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒134-0084東京都江戸川区東葛西6-5-12
フリーダイヤル 0120-061610
info@tcm.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京医薬専門学校 : 東京都江戸川区東葛西6-5-12 東京メトロ東西線「葛西」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


東京医薬専門学校(専修学校/東京)