• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京医薬専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 吉澤 優奈さん(医療秘書科/医療事務・秘書)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウイヤクセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

医療事務・秘書  として働く  吉澤 優奈さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 事務・スタッフ職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

資格を10以上取得。その知識も生かし、患者さんの不安を少しでも取りのぞけたら

この仕事の魅力・やりがい

勉強してきたことを活かしたくて、ある程度の規模のある総合病院に就職しました。仕事は、外来カウンターの受付と会計を担当しています。病院は午前中に大変混雑します。カウターの前に、列ができてしまうほどです。みなさん、具合が悪くていらっしゃっているので、できるだけスピーディな対応が求められます。ただ、その一方で、患者さんの質問にはしっかり応えるようにしています。やっぱり、不安を解消してあげたいから。そんな私たちの対応を、よく見ている患者さんもいらっしゃいます。ときには、「忙しいのにありがとう」と言ってくださる方もいるんですよ。そうすると励みになりますね。丁寧な対応は、常に心がけたいと思います。

医療事務・秘書として働く吉澤 優奈さん

問診票をもとに、患者さんからヒアリング

医療事務・秘書として働く吉澤 優奈さん
私の学生時代!

電話は、顔が見えないから、より丁寧に対応します

私の学生時代!

2年制の学科を選んだのは、1年間しっかり勉強して知識を身につけ、2年生から就職活動をスタートしたかったから。特に頑張ったのは、資格の取得です。たくさん資格があるほうが、就職に有利だと考えたからです。医療秘書技能検定2級、医事コンピュータ2級などの専門資格のほか、秘書技能検定2級、サービス接遇検定準1級など、ビジネスやサービスにかかわる資格など、合わせて10以上取得。このとき学んだことが、想像以上に今の職場でも役立っています。そういう意味でも、きちんと取り組んでよかったと思います。あと、先生が本当に親身で、入学前から将来のことをいろいろ相談にのってくれました。いつも温かい後押しがあり、心強かったです。

これからかなえたい夢・目標

リラックスしてもらえるように、笑顔を絶やしません

これからかなえたい夢・目標

受付には、病院の代表電話があり、その応対も私たちが担当しています。かかってくる電話は、患者さんをはじめ、病院関係者、企業の方など、さまざまです。勤め始めたばかりのころは、相手の方が早口だと、聞き取りに時間がかかってしまったり、敬語の言い回しが難しかったりと苦労しました。でも、毎日続けることで少しずつ慣れ、自分の成長を感じて嬉しく思います。それに応じて、任される仕事も増えました。今では、たくさんの方が一度にいらっしゃる予防接種の受付も担当しています。責任も増えますが、できることが増えるたび、仕事に達成感があります。これからも、成長を目指し、もっと活躍できるようになりたいと思います。

プロフィール

吉澤 優奈さん のプロフィール

医療法人社団 愛友会 津田沼中央総合病院勤務/医療秘書科/2015年3月卒/高校時代はテニス部で活躍。部活を引退してからは、ファーストフード店でアルバイトに打ち込んだ。その経験から、人と接する仕事に魅力を感じるようになる。同時に、さまざまな方の役に立つ病院での仕事にもあこがれがあったため、「接客+医療」の仕事ということで、医療秘書を目指した。東京医薬専門学校を選んだ決め手は、2年制でしっかり学べることと、オープンキャンパスで先生が、将来についてしっかり話を聞いてアドバイスしてくれたこと。卒業後、無事就職も果たし、夢の職場で活躍している。

この先輩が卒業したのは…

東京医薬専門学校 医療秘書科

学校イメージ

医療秘書の仕事は、病院の受付や院長の補佐などをする病院の顔とも言える大切な仕事。来院された方が最初に接するのが受付であり、病院全体の印象を決めてしまうかもしれない責任あるポジションと言える。病院のスタッフ、患者様やそのご家族からの信頼に応えるには、秘書としての知識だけでなく思いやりの心も肝要。接遇・マナーなど社会人としての基礎知識から、医学や事務処理の専門知識・技術まで幅広く学ぶことができる。また、近年の医師不足による、医師の業務負担を軽減させることに貢献する「ドクター秘書」について学ぶこともできる。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
東京医薬専門学校(専修学校/東京)