• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京医薬専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 岡嶋 由紀先生(医療事務・秘書)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウイヤクセンモンガッコウ

先生・教授

学生が夢を叶えるまで全力で支えてくれる 先生

岡嶋 由紀先生

医療秘書科

【医療事務・秘書】
医療秘書 ・医療費 ・病院

医療秘書科の授業で学生が壁にぶつかる最初の難題は、医療費の計算です。テキストを見ると医療専門用語がずらりと並び、ちんぷんかんぷん。何が書いてあるのか理解することから始めなければいけません。しかも項目ごとに細かい注意事項があり、すべてを理解して計算をする必要があります。私は、毎年不安気な表情を浮かべる学生たちに「先輩たちもみんな最初は苦しんだけど一度慣れるとどんどんスムーズにできるようになっていったのよ」と励ましの言葉を何度も繰り返すようにしています。また計算ばかりだと行き詰ってしまうので、現場での話など楽しいエピソードを授業で伝えるようにもしています。「いずれは医療事務や医療秘書になるんだ」という夢がより膨らむよう、そして夢を叶えるまで全力で支え続けてあげることが私の役割だと思っています。

読み方、意味、一つひとつ丁寧にひも解いて説明していきます

授業・ゼミの雰囲気

医療費の計算もどんどんやる気が湧く工夫を欠かさない授業

まず、診療点数早見表を見ながら初診料の計算ができるように訓練。項目ごとに記載されている条件をすべて覚える必要があり、またドイツ語、英語による記載もあるので、読み方を随時説明していきます。次にドクターが書いたカルテを読み、必要な箇所だけを拾い出して健康保険の何点に相当するのかを判断。レントゲンのことを画像診断と記載されていたり、難しい漢字が並んだりと理解するまでに時間はかかりますが、段々、読み解けるようになると楽しくなっていく授業。レセプト用紙(請求書)を作成できるようになると自信もついてきます。

インデックスがびっしりのテキスト。岡嶋先生が丁寧に解説してくれます

キミへのメッセージ

医療事務の基礎知識だけでなく、コミュニケーション力も磨きましょう!

医療事務・秘書の仕事は、お金を扱う仕事なので正確で迅速な仕事が求められます。また、受付で患者様に応対したり、ほかのスタッフに接することもあるので、コミュニケーション力もしっかりと磨いてください。

この先生・教授に出会えるのは…

東京医薬専門学校 医療秘書科

あなたの"好き"にあったMYカリキュラムで楽しみながらチカラがつく…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
東京医薬専門学校(専修学校/東京)