• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 田中 翔太さん(コンサート・イベント科/コンサート・ステージスタッフ)

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウコウガクインセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

コンサート・ステージスタッフ  として働く  田中 翔太さん  にインタビュー!

  • 旅行・エンタメ業界
  • その他専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

多くの時間をかけ、多くの人の手で作り上げるステージ。緊張感と達成感がやりがいです

この仕事の魅力・やりがい

舞台監督としてコンサートや発表会などの制作に携わっています。本番前は、タイムスケジュールの管理、図面や資料の作成などを行い、全体を見渡して指示を出しながらステージを作り上げます。何ヶ月もかけて準備をし、多くのスタッフと協力しながら、一つのステージを作れることが、この仕事の楽しさ。観客はもちろん、出演者の方々の喜んでいる姿や表情を見ると、「この仕事をしていてよかった」と思います。本番での緊張感とすべてが終わった後の達成感は、何よりのやりがいです。この仕事には、「これが正解」といえるものはなく、経験がすべて。成功も失敗も含め、たくさんの経験を積むことが、より良いステージに繋がると信じています。

コンサート・ステージスタッフとして働く田中 翔太さん

ステージを作るごとに新しい発見や出会いがあります

コンサート・ステージスタッフとして働く田中 翔太さん
私の学生時代!

細かいところにも気を配りながら仕事をしています

私の学生時代!

もともと音楽が大好き。「コンサート系の仕事が学べる学校がある」と知って中学時代の友人と体験入学に参加し、学校の雰囲気に惹かれて、東京工学院に進学しました。始めは目標も漠然としていましたが、在学中に多くの現場を経験する中で、進むべき方向性を見出せました。舞台監督はステージ全体を取り仕切る仕事ですので、照明・音響などを全般的に学べたことは、仕事上、大いに役立っています。また、数多くの実習や現場を通じて学んだ人との接し方・コミュニケーションや、時間を守ることの大切さも、日々実感しています。時には辛いこともありましたが、その分、楽しいことや嬉しいことに、より大きな喜びを感じられた学生時代でした。

後輩への応援&アドバイス

本番中も、一瞬たりとも気が抜けません!

後輩への応援&アドバイス

高校時代にバンドのライブとか、発表会とか、とにかくいろいろなものを見ておくことをおススメします。まずはお客さんとして思いっきり楽しんで、その場にいるからこそわかる空気を肌で感じてみてください。そうすることで、将来仕事をするとき、自分の中の引き出しが増えますよ。専門学校に進んだら、いろいろな人と積極的に交流を持って、コミュニケーション能力を身につけるといいと思います。現場に出たときに必ず役に立ちますから。僕もまだまだ駆け出しです。1日も早く現場を任されるようになって、「田中でなければ」と言われるような、会社を発展させられる仕事がしたいと思っています。みなさんも、夢に向かって頑張ってください!

プロフィール

田中 翔太さん のプロフィール

株式会社フェーカーズ勤務/コンサート・イベント科 ステージ制作コース/2015年3月卒/「友人と常に“楽しいこと”を探していました」と専門学校時代を振り返る田中さん。在学中は、先輩や先生の紹介で数多くの現場に参加し、経験を積んできた。現在勤務する「株式会社フェーカーズ」は、実はその専門学校時代の恩師が社長を務める会社。「学校の講師として社長から授業を受けていて、現場に参加した時に声をかけていただきました」。現在は月に1回はチーフとして現場を担当。「さらに経験を積み、より良いステージを作り上げたい」と目標を語ってくれた。「いつか、専門学校の同期や後輩と一緒に仕事ができるようになりたいです!」

この先輩が卒業したのは…

東京工学院専門学校 コンサート・イベント科

学校イメージ

実習を通して力をつける

制作・音響・照明について、少人数制で基礎から学び、アーティストや出演者から信頼されるスタッフの育成をめざします。1年次には各コースが合同授業や実習を通じ基礎を習得。2年次には実践的な実習や現場研修を通して、スタッフに必要な知識や技術を身につけます。2年間の集大成として、学生達が主体となってコンサートを運営する卒業制作があります。また、本校には、本格的なレコーディングスタジオや、MIDIというソフトを使って音を編集したり音楽を作ることができるオーディオ実習室、80名収容の多目的ホール、ライブハウス実習室などが完備されており、プロの現場で使用されている機材に触れながらスキルアップをめざします。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
東京工学院専門学校(専修学校/東京)