• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京綜合写真専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 写真芸術第一学科

神奈川県認可/専修学校/神奈川

トウキョウソウゴウシャシンセンモンガッコウ

写真芸術第一学科

募集人数:
30人 (昼間部 3年制)

「写真」というメディアが持つ無限の可能性を探究。写真のスペシャリストを目指します。

目指せる仕事
  • 映像プロデューサー

    予算や質的管理など番組全体の制作総括責任者

    テレビ番組などで、番組の企画立案をしたり、スポンサーや出演予定者との交渉、制作予算の管理、質的管理など、番組全体を管理するのが仕事。テレビ局や番組制作会社に入社するとアシスタントから始まり、ディレクター、プロデューサーと役割が徐々に大きくなっていく。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 映像カメラスタッフ

    感性と想像力で映像をつくりだす

    TVや映画などのスタジオやロケーション現場でカメラを操作するのが仕事。カメラの知識、操作技術はもちろん、場面の内容や展開によってどのようにアングルやショットを変えるかなど、感性や想像力も求められる。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • 雑誌記者

    フットワークと文章力で勝負

    雑誌の企画内容やテーマに応じて取材を行い、記事を書き上げるのが仕事。企画から関わることも多く、雑誌のターゲットである読者向けの題材や書き方が要求される。出版社の雑誌編集部や制作プロダクションに所属したり、フリーで活躍する場合も。

  • ジャーナリスト

    報道を通して、現実社会を浮きぼりにする

    ひとことで言うと、報道に携わる仕事をする人。放送記者、新聞記者、ルポライター、フリーライター、雑誌記者、キャスター、フォトジャーナリストなどを指す。「ジャーナリスト」とはその総称ともいえる。ジャーナリズムの影響力は大きく、報道の仕方によっては、国民意識や政治まで変えることもある。

  • 報道カメラマン

    ニュースをいちはやくカメラにおさめる

    事件・事故、政治・経済などのニュースを報道するための写真を撮る。新鮮な情報をいちはやく伝えることが大切なので、事件とあれば昼夜を問わず現場に駆けつける。新聞・出版社の社員や契約社員として働くほか、フリーで独自に取材、撮影するケースもある。

  • DTPオペレーター

    DTPに必要な印刷用のデータを作る

    編集者やデザイナーの指示に基づき、ページごとのレイアウト、体裁の調整などをパソコンの画面上で行い、DTPによる出版物の印刷用データを作る。DTP用ソフトの操作や画像処理などの知識・技術が必要。

  • カメラマン

    被写体を見る目、構図、センスが重要

    雑誌、単行本、ポスター、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点が求められる。報道写真、広告写真、営業写真といったジャンルや撮るもの(人物・物・動物・ファッションなど)によって求められる作品も違うので、高度な専門技術が必要。

  • スポーツカメラマン

    スポーツの試合や選手の撮影をする

    新聞や雑誌に掲載したりテレビで放送するため、スポーツに関わる写真や映像を撮影する。スポーツ写真に求められるのは、競技や試合などを臨場感豊かにとらえる事。予測できない一瞬のチャンスに反応し、確実に撮影する技術が必要だ。

初年度納入金:2017年度納入金 122万円 
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

写真に対する多角的な教育により、日本のみならず世界で活躍する写真家を育成
1958年の創設以来、写真家育成の実践的な教育で知られる本校では、写真のスペシャリストとして、思い通りに写真で伝える力を育てます。写真に関連することはもちろん、美術や音楽など幅広く表現についての教養を得ることで表現力を高め、写真のレベルアップを計ります。

カリキュラム

写真で表現することを綜合的に学ぶ独特のカリキュラム
あえてコース制をとらず、写真で表現することを綜合的に学ぶ独特のカリキュラムは、写真家、批評家から日常的に直接指導を受けるスタイル。技術の修得と表現力を養う構成になっています。時には学校をとびだして撮影に出かけたり、美術館巡りをすることも。卒業年次には全員参加の卒業制作展で集大成を発表します。

卒業生

木村伊兵衛写真賞、土門拳賞など、日本を代表する写真賞を受賞
芸術写真の分野における本校卒業生の活躍は目覚ましく、写真界の芥川賞といわれる木村伊兵衛写真賞を5名、同じく直木賞といわれる土門拳賞を8名の卒業生が受賞。どちらも写真教育機関として最多を誇ります。

施設・設備

卒業までに全部見きれない?約4000冊の写真関連図書を蔵書
本校自慢の図書室には約4000冊の写真関連図書を蔵書。また、撮影スタジオや暗室、デジタルルームは放課後や土曜日に開放しているので、フィルムの現像や引き伸ばし、大判プリンターでの出力など、個人作品の制作に利用できます。ギャラリーも含めると校内だけで撮影から個展のシミュレーションまで完結できます。

雰囲気

「写真」を通じて学科・学年の枠組みを越えた交流が活発
上級生の個人制作や卒業制作展の準備を手伝ったり、有志を募って一緒にアートイベントに参加するなど、授業時間外には他学科、他学年の学生と写真を通じた交流が日常的に行われています。

イベント

オープンキャンパスを毎月開催
学校説明会は毎月開催。春休み、ゴールデンウィーク、夏休みには実習形式の体験入学も開催します(日程等の詳細は学校HPでご確認ください)。学校見学、入学相談は随時受け付けています。
学校概要

「私、やっぱり写真を撮るのが好き。」そんなあなたの魅力を引き出す写真専門学校

写真で表現することを綜合的に学ぶ独特のカリキュラムは、写真家、批評家から日常的に直接指導を受け、常に写真界の「旬」を取り入れるスタイル。多くの卒業生が「私の魅力」を発揮し、写真の世界で活躍しています。

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)エスエス 、 佐川印刷(株) 、 (株)佐藤写真 、 (株)スタジオエビス 、 (株)スタジオ60 、 (株)日本デザインセンター 、 (有)レンブラント ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒223-0051 神奈川県横浜市港北区箕輪町2-2-32
TEL:0120-06-3077

所在地 アクセス 地図・路線案内
神奈川県横浜市港北区箕輪町2-2-32 「日吉(神奈川県)」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース
  • 写真芸術第一学科BASIC
  • 写真芸術第二学科

東京綜合写真専門学校(専修学校/神奈川)