• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 近藤 優衣さん(介護福祉士短期養成科(2年制)/介護福祉士)

東京都認可/専修学校/厚生労働大臣指定/東京

トウキョウフクシセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

介護福祉士  として働く  近藤 優衣さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

仕事中のあらゆる場面でやりがいを感じられて、充実した毎日を送っています

この仕事の魅力・やりがい

朝は、配属先のユニットの部屋を回り、利用者の皆さんへのあいさつから始まります。排泄の介助や食事の準備と介助、歯磨きのお手伝い、ベッドメイクなど、業務は多岐にわたります。私がいつも心がけているのは、利用者さんがストレスなく、楽しく安心して過ごせるように目を配り、環境を整えること。最初のころは業務をこなすだけでいっぱいいっぱいでしたが、最近は同僚や利用者さんに、「表情が柔らかくなったね」と言われることが多くなり、少し余裕が出てきたのかなと思います。日々、利用者さんに笑顔で「ありがとう」と言っていただけて、やりがいを感じない場面がないくらい、働いている充実感を味わえる職場です。

介護福祉士として働く近藤 優衣さん

打ち解けた笑顔を見られるのが、何よりの喜びです

介護福祉士として働く近藤 優衣さん
これからかなえたい夢・目標

スタッフ間でまめにコミュニケーションをとっています

これからかなえたい夢・目標

この職場で、まもなく3年目を迎えます。上司や先輩はみんな明るくフレンドリーで、笑顔が溢れる働きやすい環境です。東京福祉の先輩が何人もいるので、そういった意味でも心強いですね。ありのままの自分を出して、のびのびと働けています。今の自分の反省点は、頼れる先輩がいるだけに、すぐに甘えてしまいそうになること。自分の考えに自信が持てず、判断に迷うことが多いんです。後輩も入り、今後は私が教えなければならない機会も増えていくはず。これまでの経験をちゃんと自分の力にして、頼る側から頼られる側になっていかなければと思っています。

後輩への応援&アドバイス

介護技術の基本、ベッドメイキングは、手早く美しく!

後輩への応援&アドバイス

学校を卒業して実際に働いてみると、知識不足を痛感する場面がたくさんあり、「学生時代、もっと真剣に勉強しておけばよかった」と後悔しました。学生の皆さんには、「実習だけでなく、ぜひ座学にも真面目に取り組んでください! 絶対に役に立ちます」と伝えたいです。またコミュニケーション力も大切ですが、利用者さんとの信頼関係を築くのには、やはり時間がかかります。私も最初のころは、ふとしたことで利用者さんの機嫌を損ねてしまい、近づくのが怖くなってしまったこともありました。どんなときも焦らず、笑顔で接することを心がけてください。じっくりお付き合いするうちに、自然と距離は近づきます。

プロフィール

近藤 優衣さん のプロフィール

社会福祉法人 三井記念病院 特別養護老人ホーム 三井陽光苑 勤務/介護福祉士短期養成科/2015年3月卒/実家の周りに高齢者が多く、日ごろからよく交流していたこともあり、自然と介護福祉士を目指すように。東京福祉専門学校在学中、ボランティアで訪れた三井陽光苑で、職員と利用者との間に流れるあたたかな雰囲気、そして給与の面でも理想的なこの職場が「自分に合っていそうだな」と直感、面接を受け内定を得る。2015年4月より、現職。

この先輩が卒業したのは…

東京福祉専門学校 介護福祉士短期養成科(2年制)

学校イメージ

東京福祉専門学校には、短期間で効率良く学ぶ介護福祉士短期養成科(2年制)と、高齢者との圧倒的なふれあい時間でコミュニケーション力を高める介護福祉士科(3年制)があります。その学びを実現するのが、地域の方が来校する学内の「高齢者サロン」です。高齢者と学生が毎日ふれあうことができるため、校内が笑顔にあふれています。授業で学んだ知識や技術を高齢者サロンで実践することで、専門的な知識や技術を確実に身につけられます。学生にとっては、サロンにいらっしゃる高齢者のためにと考えることで意欲に繋がり、高齢者にとって学生とのふれあいは生活を豊かにします。東京福祉専門学校には地域に支えられながら学ぶ環境があります。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

東京福祉専門学校(専修学校/東京)