• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東武医学技術専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 臨床検査科

埼玉県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/埼玉

トウブイガクギジュツセンモンガッコウ

臨床検査科

募集人数:
80人

伝統ある臨床検査技師養成校として、一人ひとりを大切に指導。確かな知識と技術を身につけ、即戦力となる医療人に

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 化学

    物質の構造や性質などを実験を通して研究していく

    物質の構造や性質、また、物質間の変化や反応を、実験を多用して追究していく学問。その実験結果を応用して、実用化する分野もある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

目指せる仕事
  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 医学研究者

    さまざまな角度から、病気の原因やメカニズム、治療方法などを科学的に研究する。

    医学研究者は「基礎医学研究」と「臨床医学研究」に大きく分かれる。基礎医学研究は分子生物学や化学、工学などの研究方法によって、遺伝子、免疫、生化学、衛生、生理、解剖など、さまざまな角度から病気の原因やメカニズムを解明し、治療方法を科学的に研究する。そのため医学部の出身者だけでなく、工学や理学、薬学、農学など、さまざまな学部から医学研究者になる道がある。臨床医学研究は患者の治療を通じて病気を研究し、治療方法などの検証や研究を行う。こちらは医師国家試験に合格し、医師として仕事をすることが前提となる。

  • 病理学研究者

    患者がどのような病気にかかっているか調べたり、病気にかかった細胞を観察・分析して病気を研究する。

    病理学研究者の役割は大きく二つに分かれる。ひとつは、患者の細胞を採取して、どのような病気にどの程度かかっているかを診断する「病理診断」。この場合、診断結果をカルテに記入して医師に渡すが、時には医師と話し合い、直接患者に病状の説明などを行い治療に強力することもある。そしてもうひとつの役割が、細胞などを観察・分析して、なぜ病気にかかるのか、どのように進行するのかなど、病気そのものを研究する「病理研究」の仕事がある。仕事場は、病院または大学などの研究室。研究結果を論文として発表し、医学会に貢献する。

  • 臨床検査技師

    病気の早期発見に寄与する、医療検査のスペシャリスト

    医師の指示のもと、病院や産科・レディスクリニック、整形外科(MRI)、臨床検査センターなどで、微生物的検査や血液学的検査、病理学的検査、心電図、脳波検査などの生理学的検査などさまざまな検査を行い、診断や治療の基礎となるデータを提供する。検査結果が医師の診断を大きく左右するので、緻密な作業が要求される。

  • 製薬開発技術者・研究者

    製薬会社や化粧品会社などの研究機関、大学の研究室などで製薬に関する研究や製造技術の開発・研究を行う。

    製薬開発技術者は、主に製薬会社や化粧品会社などで製品の開発のための企画立案や計画を立てて製品化を実現したり、品質検査や製造工程のチェック・指導など、製造に関する技術指導・管理などを行う。製薬開発研究者は、企業をはじめとした各種研究機関や大学の研究室などで、新薬の開発のほか、素材や化学物質の基礎研究、新薬開発のための製造技術の開発・研究など、それぞれの専門分野をもとに、「製薬」に関わる新しい研究を行う。高度な専門知識を必要とするため、多くは大学院で専門の研究を経て研究者となるのが一般的。

初年度納入金:2017年度納入金 136万円  (入学金20万円[初年度のみ]、授業料、施設維持費、実験実習費を含む。前・後期分納制。別途諸経費が必要)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

学生と教職員が一丸となり、3年間で即戦力となる臨床検査技師を目指します!
1年生では生物などの理系基礎科目から医療基礎科目まで学び、2年生では学内実習を中心に力をつけます。3年生前期には臨地(病院)実習を行い、後期からは授業・補習などによる国家試験対策が本格化!3年間で臨床検査技師に必要な知識と技術を修得します。在学中に一般毒物劇物取扱者試験の合格も目指せます。

卒業後

病院・検査センター・健診センター・製薬会社・治験などで幅広く活躍できる!
本校ではこれまでに2600名を超える卒業生を輩出し、それぞれが病院をはじめとする様々な医療機関で活躍しています。現在では病院以外にも健康診断・治験・遺伝子検査などを担う医療現場からの求人もあり、臨床検査技師のニーズが高まっています。また、地方出身者のUターン就職にも対応できる求人も寄せられています。

資格

全員合格に向けた国家試験対策。全国トップクラスの合格率!
2016年(第62回)臨床検査技師国家試験の合格率は98.7%(77名中76名合格)。本校では2年生終了までに国家試験の出題範囲を終らせ、各分野でまとめの授業を実施。また、月に1回国家試験の対策模試を受け、常に自分の力を把握。授業前に過去問100問小テスト、放課後には習熟度別の補習などを行い、全員合格を目指します。

施設・設備

実習・勉強・就職活動など、学生を支援する設備を揃えています!
病院でも使われている自動分析装置や脳波計、心電計、超音波検査装置、顕微鏡、教員と同じ像を見ることができる指導用のディスカッション顕微鏡など、検査機器を豊富に揃えています。また、図書室や自習スペース、電子掲示板(学内連絡/災害など非常時の情報確認)など、学生にとって快適・安全な環境を用意しています。

雰囲気

全員で力を合わせて臨床検査技師を目指す。勉強も学校生活も充実の3年間に!
本校の学科は臨床検査科だけ。そのため全員が臨床検査技師を目指し、勉強面で助け合い、お互いを高め合っています。また、学園祭や球技大会などのイベントやクラブ活動でも学生と教職員が入り交じり毎回大盛り上がりを見せています。質問や相談がしやすいなど、学生と教職員の距離が近いのも特長です。

イベント

東武医学の体験入学は魅力がいっぱい!
臨床検査技師・東武医学のことがよく分かる体験入学!検査技師の仕事・学校の雰囲気を体感しませんか? 
体験入学:5/6、5/28、6/10、6/25、7/9、7/22、8/11、8/20、10/22、11/23、2/3、3/25 
*学校説明会:9/10 学校・入試についてなど、気になるご質問にお答えします。
詳細・お申し込みはHPで☆
学校概要

充実した国家試験対策・就職指導! 即戦力となる臨床検査技師を育成!

本校は1970年に臨床検査技師養成所として設立され、47年目を迎えるさいたま市の3年制専門学校です。国家試験合格率・就職率ともに高い実績と伝統を兼ね備え、2600名を超える卒業生が医療現場で活躍しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 臨床検査技師<国>

目標とする資格

    一般毒物劇物取扱者試験 ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職希望者75名 )

主な就職先/内定先

    東京医科歯科大学医学部附属病院 、 東京慈恵会医科大学附属病院 、 千葉大学医学部附属病院 、 岩手医科大学附属病院 、 国立国際医療研究センター 、 高崎総合医療センター 、 いわき市立総合磐城共立病院 、 市立角館総合病院 、 埼玉県済生会栗橋病院 、 水戸済生会総合病院 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

この学科の入試情報

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒339-0031 埼玉県さいたま市岩槻区飯塚50
TEL 0120-420-889 (フリーコール)
koho@tobuigaku.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
埼玉県さいたま市岩槻区飯塚50 東武野田線「岩槻」駅東口より、朝日バス「水上公園行」または「越谷駅西口行」約10分、「東武医学技術専門学校」バス停下車、徒歩0分。登下校時はスクールバス運行 約10分。
東武伊勢崎線「越谷」駅西口より、朝日バス「岩槻駅行」約25分、「東武医学技術専門学校」バス停下車、徒歩0分。登下校時はスクールバス運行 約25分。

地図

 

路線案内


東武医学技術専門学校(専修学校/埼玉)