• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東放学園専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 坂口 沙紅さん(照明クリエイティブ科/照明スタッフ)

東京都認可/専修学校/東京

トウホウガクエンセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

照明スタッフ  として働く  坂口 沙紅さん  にインタビュー!

  • 旅行・エンタメ業界
  • マスコミ・通信業界
  • クリエイティブ職
  • 皆で一緒に頑張るのが好き
インタビュー

強いハートがあれば、きっと照明の面白さが見えてくる!

この仕事の魅力・やりがい

TBS系の「あさチャン!」、「白熱ライブビビット」、「ひるおび!」などを担当させていただいています。報道系の生番組ですので、飛び込んできたニュースによって番組内容が突然変更になることも少なくありません。出演者の立ち位置が急に変わったり、アナウンサーが入ってきたりしても違和感のない光が当たるセッティングを心がけています。毎日、一から仕込みをするのは大変なので、ボタンひとつで一斉にライトが動き、基本セッティングが完了する照明システムで対応しています。また、夏休み明けの出演者の方は日焼けしていることもありますので、肌の色を明るく見せるライトを追加するなど出演者それぞれに合わせた準備も欠かせません。

照明スタッフとして働く坂口 沙紅さん

臨機応変に対応できる照明が理想ですね

照明スタッフとして働く坂口 沙紅さん

今の仕事との出会い・きっかけ

高校時代は演劇部に入っていて、舞台照明に憧れて東放学園に進学しました。授業を通じて初めて「テレビ照明」に触れ、面白い世界があるんだなと興味を持ちました。現在の会社に入社して6年めで一児の母となり、現在は仕事と子育てを両立する毎日です。朝・昼の番組を中心にシフトを組んでもらっていて、どれも生番組で時間きっかりに終わるので、子どものお迎えもちゃんとできていますよ(笑)。お世話になった会社ですし、何よりも現場が好きなので、これからも働きたい気持ちが強いですね。

後輩への応援&アドバイス

ひとことでテレビ照明と言っても、リアリティ重視のドラマ、コンサートさながらの歌番組、華やかなバラエティなどジャンルは様々です。やりがいや苦労はそれぞれにありますが、必要なのは厳しい下積みに負けない「強いハート」だと思います。最初は右も左もわからなくて「自分は何をやっているんだろう」と葛藤する時期もあると思います。でも、私の場合はそれを乗り越えた先に照明の面白さが見えてきました。後輩の皆さんも、そこにたどり着くまで「強いハート」を持って頑張ってほしいです。

プロフィール

坂口 沙紅さん のプロフィール

(株)ティ・エル・シー 所属/照明クリエイティブ科/2008年3月卒/『あさチャン!』 『白熱ライブビビット』(いずれもTBS系)などで活躍するテレビ照明のスペシャリスト。入社して6 年目で一児の母となり、育休から戻った今は“ママさん照明”として、子育てと仕事を両立している

この先輩が卒業したのは…

東放学園専門学校 照明クリエイティブ科

学校イメージ

あらゆる照明を学ぶ

「照明クリエイティブ科」最大の特長は、照明に特化した照明専門の学科ということ。1年次はコンサート・舞台系照明も、テレビ系照明も総合的に学び、2年次にコース分けをし、さらに専門的な知識や技術を身につけます。講師陣は、各局のテレビ番組や人気アーティストのコンサートを手がける照明技術会社のプロ。現場の生の声が聞けるリアルな実習を行います。コンサート・舞台照明系の実習は、校舎地下にある最新調光卓完備の照明実習専用スタジオのほか、校外のさまざまなコンサートホールでも実施し、年間約30本。プロの環境で現場を体験し、それぞれの舞台機構や照明設備に対応できる力を養います。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
東放学園専門学校(専修学校/東京)