• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東放学園映画専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • アニメーション映像科

東京都認可/専修学校/東京

トウホウガクエンエイガセンモンガッコウ

アニメーション映像科

募集人数:
36人

アニメ制作の全工程を総合的に学習!自分の適性に合った職種がみつかる!

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • CGデザイナー

    コンピュータグラフィックスでイメージを映像に表現

    コンピュータで文字やイラスト(CG)をつくる。建築、都市計画、機械設計、デザイン、アニメーション、科学研究のシミュレーションなどさまざまな分野で活用されるようになってきた。コンピュータ理論やプログラミングに通じ、色彩、デザイン感覚に優れていることが条件。

  • アニメーター

    原画家、動画家に分かれアニメの作画を行う。

    映画やTVのアニメーションの作画を行う。作画は、シナリオや絵コンテをもとに登場人物や背景などのデザインを描く原画家、その間の動きを一コマ一コマつないでいく動画家に分けられる。動画家は膨大な枚数を描くため、かなりの根気と正確なデッサン力が必要。

  • キャラクターデザイナー

    キャラクター、背景、アイテムのデザイン

    自分の持ち味を出した新しいゲーム・キャラクターを生み出す。グラフィッカー(CGデザイナー)が行うケースも多く、ディレクターと「検討会議」を行い、採用されたキャラクターや背景コンテを基に、パソコン上でグラフィックを描く。背景、キャラクター、アイテムなどの担当に分かれ、それぞれ複数パターンを作成する。

  • イラストレーター

    雑誌や広告などに使われる個性的な作品を描く

    雑誌、書籍、広告などの印刷メディアにイラストを描く。独自の作風を持っていること、クライアントの要望に応じた作品を作り上げる器用さも要求される。イメージをイラストに置き換える能力や感性、作品を想像する力も必要。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

初年度納入金:2016年度納入金 138万3610円  (その他、教科書・教材費など)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

作画・演出・キャラクターデザイン・3DCG・撮影…アニメ映像の全てを学習します!
すべての基礎となるデッサンから、作画、仕上、撮影、3DCG、演出や絵コンテ、シナリオに至るまで、アニメ制作についてアナログとデジタルの両面から総合的に学習。オリジナルアニメを企画制作する実習を通し、アニメ制作の工程と必要な知識や技術の全てを学びます。

先生

日本のアニメ業界を支える現役クリエイターが指導します
アニメ界の巨匠・杉井ギサブロー監督(『タッチ』『グスコーブドリの伝記』)や、岩永彰監督(『キングダム』第2シリーズ、『不機嫌なモノノケ庵』)、出渕裕監督(『宇宙戦艦ヤマト2199』)など日本のアニメ業界を支える現役クリエイターの指導のもと、アニメ制作に必要な知識と技術を磨き上げていこう。

卒業生

最新アニメの制作現場で、東放学園卒業生が活躍中!
作画、キャラクターデザイン、3DCG、撮影、制作など、自分の得意分野に進んだ本科の卒業生が、アニメ業界の多分野で活躍中です!井出直美さん(『迷家-マヨイガ-』キャラクターデザイン)、磯部真彩さん(『黒子のバスケ』プロデューサー)、青嶋俊明さん(『僕だけがいない街』撮影監督)ほか

卒業後

アニメーターから撮影まで、さまざまなセクションに進みます!
卒業後はアニメ制作会社などに就職。原画や動画を担当するアニメーターや作画監督、彩色を担当する仕上や色彩設定、背景とキャラクターを合成する撮影や、絵コンテや演出など全般的に担当する監督など進路はさまざま。アニメの制作現場は完全分業制で成り立っているのでそれぞれ専門の会社に就職しています。

クチコミ

アニメ好きの仲間が一気に増えました!
グループ校の放送声優科卒業生でもある姉の「楽しいよ!」のひと言に背中を押され入学を決意。アニメの制作進行をめざす僕にとって、作画からCGまでアニメの全工程を学べるのは嬉しい!今は卒業制作に力を注ぎつつ、アニメ好きの仲間と遊びに行ったり、学園祭で盛りあがったり。学校生活、充実してます!(2年 河田竜弥さん)

施設・設備

最先端のアニメ制作環境。実写での映像制作も学べる環境が整っています
アニメスタジオには、デジタルアニメやCG、グラフィック制作に欠かせない「RETAS STUDIO」「3ds Max」「After Effects」「CLIP STUDIO PAINT PRO」など、最先端の制作環境を完備。また実写映像を撮影する「映像制作」の授業は、画面構成やカメラワーク、キャラクターの演技などアニメの演出(絵コンテ)の訓練になります。

募集コース・専攻一覧

  • アニメ監督

  • アニメーター

  • CGクリエイター

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 映像音響処理技術者資格認定試験 、
    • CGクリエイター検定 、
    • CGエンジニア検定 、
    • 情報検定(情報デザイン試験)【J検】 、
    • ビジネス著作権検定 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス

    日本語ワープロ検定
    秘書検定
    情報処理技能検定
    日本漢字能力検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)旭プロダクション 、 (株)マッドボックス 、 (株)シグナル・エムディ 、 (有)マウス 、 (有)T4 、 (有)高橋プロダクション 、 (有)アニメーション・プラネット 、 (株)マーベル 、 (株) EMTスクエアード 、 (株)スタジオ雲雀 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒160-0023 東京都新宿区西新宿5-25-8
フリーダイヤル 0120-343-261

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都新宿区西新宿5-25-8 都営地下鉄大江戸線「西新宿五丁目」駅から徒歩 1分

地図

 

路線案内


東放学園映画専門学校(専修学校/東京)