• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東放学園映画専門学校
  • 保護者の方へ

東京都認可/専修学校/東京

トウホウガクエンエイガセンモンガッコウ

保護者の方へ

東放学園映画専門学校の教育理念

映画・ミュージックビデオ・アニメ・小説…。
プロの現場で通用する即戦力を身につける

学ぶ意欲をサポート: 授業・カリキュラム

プロ同様の最新機材を使い、即戦力となるよう技術と知識を磨きます

プロ仕様の設備で、第一線で活躍するプロの講師からノウハウを学びます

本校が大切にしているのは、本物の実践教育です。校内にはプロ仕様の撮影スタジオや設備があり、アニメやCG、グラフィック制作に欠かせないソフトを完備しています。これらの機材を学生たちに貸し出すことで、自主制作活動を全面的にバックアップしています。映画制作科では、プロの映画監督を講師に迎え、最新の4KデジタルカメラREDを導入した撮影などを行います。また、コースにわかれていないため、2年間をかけていろいろな仕事を経験し、一番自分に合ったものを見つけることができます。どの学科でも作品作りを数多く行いながら、確かな技術と感性を身につけた、即戦力となりうる人材を育成します。

卒業後をサポート: 就職

在校生、卒業生への専任カウンセラーによる強力な進路サポート体制を確立しています

前身はTBSの教育事業本部。クリエイター志望の自主制作を最大限に応援

本校はTBSの教育事業本部を前身としてスタートしました。以来、テレビや映画業界に数多くの卒業生を送り出しており、映画・映像・アニメの世界で映像クリエイターとして、また小説家として多くの先輩たちが才能を発揮しています。そこで本校では小説家や映像作家などクリエイター志望の学生が各種コンテストに積極的に応募できるよう、設備や機材の無料貸し出し、コンテスト情報の提供などを行い、作品制作を全面的にサポートしています。また、就職・デビューの総合窓口「キャリアサポートセンター」では専任スタッフによる個別相談もあり、在学中だけでなく卒業後や転職時にも利用できます。

卒業後の進路好きな分野を追求、さまざまな現場のプロとして活躍

各学科でコース制を採用していない本校では、多くの授業が選択授業となっており、自分の志望に合わせて学びながら自分に合った仕事を見つけられます。そのために卒業後は、映画監督や映画カメラマン、照明技師、録音技師、編集、シナリオライターのほか、ミュージックビデオ、アニメ、小説など、さまざまな分野で活躍しています。

学費・奨学金

映画監督の堤幸彦氏も本校出身!

堤幸彦監督・行定勲監督をはじめ多くが第一線で活躍中

最新映画のエンドロールを見ると、多くの卒業生の名前が発見できます。今年も卒業生が参加した作品が続々と公開されています。本校で特別講座も行っている『真田十勇士』の堤幸彦監督(79年卒)、『ピンクとグレー』の行定勲監督(89年卒)など多くの卒業生が映画業界の第一線で活躍しています。本校で学べば、映画業界のトップで活躍する講師陣とも直接交流をもてるチャンスが豊富にあるため、より業界を身近に感じることができるでしょう。

東放学園映画専門学校(専修学校/東京)