• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東北文化学園専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 医療情報管理科

宮城県認可/専修学校/宮城

トウホクブンカガクエンセンモンガッコウ

医療情報管理科

募集人数:
40人

電子化が進む医療現場での活躍をめざし、情報処理能力にすぐれた医療事務スタッフを育成

学べる学問
  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

目指せる仕事
  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • PCインストラクター

    パソコンの基本操作やソフトの使い方をわかりやすく指導

    パソコンスクールやパソコン教室で、一般のユーザーに対して、パソコンの基本操作や代表的なビジネスソフトの使い方などを指導する。パソコン初心者や操作経験の浅い人を教えることも多いため、単にパソコンに詳しいだけではなく、初心者が戸惑いがちなポイントを押さえてわかりやすく指導する技術も大切になる。資格がなくても仕事に就くことはできるが、ソフトメーカーや業界団体などが認定するインストラクター資格を取得して活躍している人が多い。企業や個人宅に出張して指導する場合もある。

  • 医療事務・秘書

    医学・医療知識を備えた秘書

    医療秘書は医師のスケジュール管理、ファイリング、資料作成など医師のアシスタント的な役割をする。医療事務は医療雑務の処理をはじめ、患者さんと医師、看護師と臨床検査技師など医療関連職種の人たちとの橋渡しをする。具体的にはカルテの管理や患者さんの応対、会議の準備や窓口受付業務、レセプト作成、会計事務など、仕事の幅は広い。

  • 病棟クラーク

    医者と看護師の架け橋的な存在として、医療現場がスムーズに進むようアシストする

    医師が診療を行う前の簡単な問診や、診療に使う薬剤や器具の準備や片づけ、カルテの管理、診療精算業務などを行うスタッフのこと。事務から医療により密接した現場作業まで、仕事は多岐にわたる。そのため、事務処理能力、基本的な医療知識は必要だ。

  • 診療情報管理士

    病院の診療情報を管理する

    病院で保存される診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。記録の点検は十分行い、カルテや検査結果に不備がないかも確認する。このノウハウをもとに病院内の医療情報のデータベース化や診療統計を行うなどの役割も期待される。

  • 医療情報管理者

    医療情報を管理し、研究や広報にも活用

    カルテをはじめとする院内の診療記録を整理し、必要なときすばやく提供できるように管理する。この情報を加工し、病気や診療統計をまとめ、研究や広報のために提供することもある。多くの患者が訪れる大規模な病院では専門職として勤務する場合もある。

初年度納入金:2017年度納入金 82万円 
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

電子化するカルテや保険請求に対応し、医事スタッフに求められる高度な情報処理能力
本科では、診療報酬やコンピュータ、医学の基礎知識などを学びます。2年次は、医療情報管理コースでは、より高度な診療報酬を学び、診療情報管理士コースでは、医学・診療情報管理・コーディングなどを学び、卒業後、本校診療情報管理士専攻科に進学することで、診療情報管理士取得をめざします。

カリキュラム

日本医師会認定カリキュラムをベースに、医療事務や情報処理の技能などを幅広く習得
1年次は、情報処理の知識や技能(ワード・エクセル、医事コンピュータ)、医療事務、医学などを総合的に学習。2年次の医療情報管理コースでは、パワーポイントやアクセス、診療報酬の入院分野、病院管理などを学び、診療情報管理士コースでは、通常の請求方法のほか、コーディング・DPC・医療文書作成などを学びます。

実習

学んだ知識をもとに病院で実習。医療の現場を経験し実践力を身につける
1年次の2~3月に出身地の医療機関で、約3週間の病院実習を行い、学んだ知識が現場でどう活用されるのかを体験します。実習では、窓口業務、カルテ管理業務、医事コンピュータの入力などを実践的に学びます。また、診療情報管理士コースでは、大規模病院にてコーディングなど診療情報管理士としての業務一般を学びます。

卒業後

3000人以上の卒業生が活躍!コンピュータ技能に秀でた専門職をめざす
病院を支える事務職として、診療報酬請求事務、病棟クラーク、調剤事務、健診センター業務など多様な仕事があります。一般病院、診療所、クリニック、調剤薬局などの医療機関、また、医療関連企業の医事コンピュータのインストラクター、福祉施設等での一般事務など、活躍分野は多岐にわたります。
診療情報管理士専攻科に進学!
医療情報管理科診療情報管理士コース卒業後、診療情報管理士専攻科(平成30年4月開設予定)に進学すると、診療情報管理士の受験資格が得られます。資格取得後は、大学病院などの大規模病院で診療情報管理士として活躍します。

資格

平成27年3月卒業生の卒業時平均資格取得数10!在学中に複数合格して卒業する高い取得率
日本医師会認定医療秘書や医事コンピュータ技能検定、医療秘書技能検定など医療事務に必要な資格と、コンピュータや簿記、ビジネスマナーなどの一般事務にも通用する両方の資格を取得することができます。また、診療情報管理士専攻科へ進学することにより、診療情報管理士の受験資格取得が可能です。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

日本医師会認定医療秘書  
全国医師会医療保険請求事務実技試験

目標とする資格

    • 診療報酬請求事務能力認定試験 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • 医療秘書技能検定試験 、
    • 情報検定(情報活用試験)【J検】 、
    • Excel(R)表計算処理技能認定試験 、
    • PowerPoint(R)プレゼンテーション技能認定試験 、
    • Access(R)ビジネスデータベース技能認定試験 、
    • 文部科学省後援 ビジネス能力検定(B検)ジョブパス 、
    • 秘書技能検定 、
    • 硬筆書写技能検定 、
    • 簿記能力検定試験

    医事コンピュータ技能検定 
    文書処理能力検定

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    馬場眼科 、 北四番丁なかがわ皮フ科クリニック 、 デイサービス源ちゃん家 、 時計台クリニック 、 さとう公整形外科 、 おおかた内科胃腸科医院 、 もみじ薬局 、 医療法人大山内科胃腸科 、 舘田小児科医院 、 陵南眼科クリニック ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

※医療系3学科(診療情報管理士科/医療秘書科/医療情報管理科)の実績です。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒981-8552 仙台市青葉区国見6-45-16
TEL:0120-556-923(フリーダイヤル)
E-mail:nyugaku@office.tbgu.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
宮城県仙台市青葉区国見6-45-16 JR「国見(宮城県)」駅から徒歩 1分
JR「仙台」駅西口バスプール15番停留所発バス 30分 東北文化学園大学前下車 徒歩 1分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

東北文化学園専門学校(専修学校/宮城)