• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東洋美術学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 中国水墨画科(昼間部2年制)

東京都認可/専修学校/東京

東洋美術学校

トウヨウビジュツガッコウ

中国水墨画科(昼間部2年制)

募集人数:
10人

北京の国立芸術大学より講師を招き、高度な中国水墨画教育を実施。書と画が一体となった独自の世界を学びます

学べる学問
  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 画家

    旺盛な創作意欲で描き続ける

    洋画、日本画、風景画、抽象画など、絵画の種類や技法はいろいろだが、絵の収入だけで生活できる画家は少ない。教師やデザイナー、イラストレーターなどの副業を持ち、自分の才能を信じて創作活動を続け、大きな賞を受賞するのが成功への早道だろう。

初年度納入金:2018年度納入金 81万1000円 
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

模写や写生を通して、中国水墨画の伝統的な表現方法を学ぶ
デッサンや色彩などの造形基礎から始め、模写・写生・創作を通して、2年間で中国水墨画の山水・花鳥・人物全てを学んでいきます。北京の中央美術学院(中国国立芸術大学)より招いた教授による指導で、自然と個性の融合を目指した授業を進めています。

卒業後

中国水墨画技法を活かした進路も
卒業生には、中央美術学院(中国国立芸術大学)と本校が共同発行する「中国水墨画資格認定証」を授与。水墨画作家、水墨画教室の講師の他にも、水墨画技法を活かした陶磁器の絵付や、和服染色家の道も。中国の提携大学3年次への編入学も可能。また、中央美術学院との教育提携30周年を記念して入学優遇制度有り。

施設・設備

中国美術展示館では著名画家の現代中国水墨画や書を鑑賞できる
中国美術展示館では、所蔵する中国著名画家の作品や歴史的価値の高い水墨画に関わる硯などの道具の数々を、無料で公開しています。教育提携している中央美術学院(中国国立芸術大学)の先生方の水墨画作品や書、硯、古墨、文鎮など110点余りが鑑賞できます。

イベント

中国国立芸術大学との交流や写生旅行で、水墨画の今を体験
中国の国立芸術大学である中央美術学院とは、1985年から教育提携。展覧会の交換や中国水墨画指導のための教授の招待など、交流を深めています。また、隔年で中国写生旅行を実施し、雄大な自然や少数民族の村での写生、歴史・文化散策、現地の美術家との交流等を行っています。
卒業制作展は上野の東京都美術館で開催
アート・デザイン業界から注目されている、本校の卒業制作展。2008年から2012年までは六本木の国立新美術館にて開催され、2013年より上野の東京都美術館にて開催。作品を観た企業担当者から問い合わせがあることも。就職や業界デビューへのチャンスの場となっています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

中国水墨画一級【中国・中央美術学院、本校認定】

就職率・卒業後の進路 

水墨画家、日本画家、イラストレーター、絵本作家など、習得したスキルを活かして専門職として活躍中。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒162-0067 東京都新宿区富久町2‐6
TEL:0120-335986(入学相談室/フリーダイヤル)
info@to-bi.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都新宿区富久町2-6 「曙橋」駅から徒歩 5分
「四谷三丁目」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内


東洋美術学校(専修学校/東京)