• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日中学院

東京都認可/専修学校/東京

日中学院

ニッチュウガクイン

会話や聴解などの実践力を中心に、中国語の総合能力を養います

“中国語を学んで日中友好のかけ橋となろう”という教育理念の実践を出発点とし、同時に教育目標として掲げています。卒業生は中国関係の様々な業種で活躍しています。

日中学院の特長

学校の特長1

2年間の短期で、中国語をマスターすることを目指します

中国語を本格的に学び、短期間でマスターすることを目指します。2年間を通じ、「聞く」「話す」を中心に、オールラウンドな中国語力を養います。2年次には中国への短期留学(必修)があり、日中友好の場での充実した学習が行なわれます。さらには、語学学習にとどまらず、中国の政治経済、歴史、文化なども学ぶ密度の高い授業を行なっています。また本科研究科では、将来通訳、翻訳家となるための基礎力を養成します。授業は少人数セミナー方式で行ない、通訳、翻訳の実習もあります。※募集対象は本科2年卒業程度の語学力のある者(大学の中文科卒業程度)。

学校の特長2

中国人留学生との交流が盛ん。日本に居ながら生きた中国語を学べます

本学院では、中国人講師が半数以上を占めていることや、日本語科の学生が全て中国からの留学生であるため、日ごろ学校のラウンジ等で身近に中国の人と知り合え、日本に居ながら生きた中国語を勉強できます。年に数回、日本語科の留学生と交流授業も行なっています。また、授業以外にも1年を通して留学生との交流イベントも多く、春の合宿、秋の文化祭、冬の弁論大会など、まさに日中友好の実践の場となっています。

学校の特長3

必修の中国短期留学で、日ごろの勉強の成果を発揮します

本科では、中国での短期留学が必修になっています。2年次の6月下旬から7月末までの約1ヵ月間、中国の大学に短期留学に行きます。1年次に基礎単語の暗記・文型練習を通して身につけた中国語を実際に使ってみるチャンスです。留学中は、大学内の留学生寮に滞在し、午前中はオール中国語での授業、午後には街に出て実践会話と本場中国で自分の力試しができます。また、勉強だけでなく、市内観光や京劇・雑技鑑賞、週末には小旅行も盛り込まれており、一般の旅行とはひと味違った生の中国を肌で感じることができます。この留学生活で、特にヒアリング力と会話力に自信がつき、現代中国の理解も深めることができます。

学校の特長1

2年間の短期で、中国語をマスターすることを目指します

中国語を本格的に学び、短期間でマスターすることを目指します。2年間を通じ、「聞く」「話す」を中心に、オールラウンドな中国語力を養います。2年次には中国への短期留学(必修)があり、日中友好の場での充実した学習が行なわれます。さらには、語学学習にとどまらず、中国の政治経済、歴史、文化なども学ぶ密度の高い授業を行なっています。また本科研究科では、将来通訳、翻訳家となるための基礎力を養成します。授業は少人数セミナー方式で行ない、通訳、翻訳の実習もあります。※募集対象は本科2年卒業程度の語学力のある者(大学の中文科卒業程度)。

学校の特長2

中国人留学生との交流が盛ん。日本に居ながら生きた中国語を学べます

本学院では、中国人講師が半数以上を占めていることや、日本語科の学生が全て中国からの留学生であるため、日ごろ学校のラウンジ等で身近に中国の人と知り合え、日本に居ながら生きた中国語を勉強できます。年に数回、日本語科の留学生と交流授業も行なっています。また、授業以外にも1年を通して留学生との交流イベントも多く、春の合宿、秋の文化祭、冬の弁論大会など、まさに日中友好の実践の場となっています。

学校の特長3

必修の中国短期留学で、日ごろの勉強の成果を発揮します

本科では、中国での短期留学が必修になっています。2年次の6月下旬から7月末までの約1ヵ月間、中国の大学に短期留学に行きます。1年次に基礎単語の暗記・文型練習を通して身につけた中国語を実際に使ってみるチャンスです。留学中は、大学内の留学生寮に滞在し、午前中はオール中国語での授業、午後には街に出て実践会話と本場中国で自分の力試しができます。また、勉強だけでなく、市内観光や京劇・雑技鑑賞、週末には小旅行も盛り込まれており、一般の旅行とはひと味違った生の中国を肌で感じることができます。この留学生活で、特にヒアリング力と会話力に自信がつき、現代中国の理解も深めることができます。

学校の特長1

2年間の短期で、中国語をマスターすることを目指します

中国語を本格的に学び、短期間でマスターすることを目指します。2年間を通じ、「聞く」「話す」を中心に、オールラウンドな中国語力を養います。2年次には中国への短期留学(必修)があり、日中友好の場での充実した学習が行なわれます。さらには、語学学習にとどまらず、中国の政治経済、歴史、文化なども学ぶ密度の高い授業を行なっています。また本科研究科では、将来通訳、翻訳家となるための基礎力を養成します。授業は少人数セミナー方式で行ない、通訳、翻訳の実習もあります。※募集対象は本科2年卒業程度の語学力のある者(大学の中文科卒業程度)。

学校の特長2

中国人留学生との交流が盛ん。日本に居ながら生きた中国語を学べます

本学院では、中国人講師が半数以上を占めていることや、日本語科の学生が全て中国からの留学生であるため、日ごろ学校のラウンジ等で身近に中国の人と知り合え、日本に居ながら生きた中国語を勉強できます。年に数回、日本語科の留学生と交流授業も行なっています。また、授業以外にも1年を通して留学生との交流イベントも多く、春の合宿、秋の文化祭、冬の弁論大会など、まさに日中友好の実践の場となっています。

学校の特長3

必修の中国短期留学で、日ごろの勉強の成果を発揮します

本科では、中国での短期留学が必修になっています。2年次の6月下旬から7月末までの約1ヵ月間、中国の大学に短期留学に行きます。1年次に基礎単語の暗記・文型練習を通して身につけた中国語を実際に使ってみるチャンスです。留学中は、大学内の留学生寮に滞在し、午前中はオール中国語での授業、午後には街に出て実践会話と本場中国で自分の力試しができます。また、勉強だけでなく、市内観光や京劇・雑技鑑賞、週末には小旅行も盛り込まれており、一般の旅行とはひと味違った生の中国を肌で感じることができます。この留学生活で、特にヒアリング力と会話力に自信がつき、現代中国の理解も深めることができます。

日中学院からのメッセージ

中国語を学んで、大学編入や仕事に生かしませんか。
★本科説明会を兼ねた無料公開講座
11月12日(土)
 9:30~11:30 発音公開講座
 11:30~13:00 在校生との交流会
 中国語の発音、簡単な会話を勉強した後、在校生との交流会があります。
 お気軽にお申込み下さい。
 中国語の日中学院 TEL:03-3814-3591 http://www.rizhong.org/

(8/30更新)

日中学院の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

<2017年度納入金>本科88万2000円、本科研究科92万2000円
(本科は、このほかに中国短期留学費用預かり金約10万円が必要です)

問い合わせ先・所在地・アクセス

日中学院 事務局

〒112-0004 東京都文京区後楽1-5-3
TEL:03-3814-3591

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都文京区後楽1-5-3 大江戸「飯田橋」駅から徒歩 2分
JR「飯田橋」駅から徒歩 6分
丸の内「後楽園」駅から徒歩 7分
JR「水道橋」駅から徒歩 8分

地図

 

路線案内

日中学院(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ