• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本コンピュータ専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • デジタルクリエイター科
  • サウンドクリエイターコース

大阪府認可/専修学校/大阪

ニホンコンピュータセンモンガッコウ

サウンドクリエイターコース

憧れの作曲家、サウンドクリエイター、MAエンジニアなどを目指す!

学べる学問
  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 音楽

    声楽、器楽、作曲などのスペシャリストをめざす

    古典から現代まで多種多様な音楽を研究し、作曲や演奏を通して実践することで、心を豊かにして行く学問。

  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 作曲家

    どんな曲づくりも、オリジナリティやセンスが必要

    歌謡曲などのメロディーに重点をおいた曲作りをするソングライタータイプや、映画やラジオ、TVのテーマ音楽やCMを手がける仕事の場合もある。自作をレコード会社や音楽出版に売り込みデビューのチャンスをつかむ。クラッシックやオーケストラなどの曲づくりはさらに専門性が必要。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • MA(マルチオーディオ)ミキサー

    映像と一体化した音づくりを演出

    MA(マルチオーディオ)ミキサーとは、映像と音楽が一体化した作品の中で、音をメインに扱うスペシャリストのこと。扱うものはテレビ番組からCM、ビデオ作品までさまざま。作業はコンピュータのハードディスクに音を取り込んだ後、映像に合わせた選曲をし、その映像と音をミキシングマシーンで微調整する。

  • イベントプランナー

    アイデアはもちろん折衝力も重要

    企業の販売促進のための催しやフェスティバルなど、さまざまなイベントの企画立案を行うのが仕事。イベントの趣旨や目的を考えて、内容にあった演出方法や構成を考える。アイデアや表現力は欠かせないが、主催者と内容をすり合わせていく手腕も必要。

  • イベントプロデューサー

    スタッフ選びから経営責任までの総指揮者

    イベントの企画立案にもかかわり、全体的な方向性を決め、スタッフ選びを行い、適材適所に人を配置して、イベントが計画通りに進行するように全体的な指揮をとる。豊富な情報量と企画力はもちろん、決断力、交渉力なども必要。

  • イベント制作スタッフ

    会場作りから広報までイベント全般を担当

    企業の販促イベント、地方自治体の主催する博覧会や展示会、コンサートなどの実施を請け負い、その制作・管理をする。企画や演出にそった会場作り、パンフレットの制作、音響や照明スタッフとの打合わせ、広報活動などを担当。当日も滞りなく進行できるよう受付やアルバイトスタッフの管理などをする。

初年度納入金:2017年度納入金 127万円  (奨学金制度で最大57万円免除※教材費などが別途必要です。)
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

初心者でも安心して音楽の基礎からしっかり学べる!
楽譜の読み方からコード理論、スケールなど音楽基礎から楽曲制作に必要な知識を学び、初見、聴音、コード、スケールの聞き分けやリズムについて学習できます。また、さまざまな音楽ジャンルの映像や音源を鑑賞、楽曲分析し、作曲や演奏などに活かします
音楽業界に通用するマニピュレーターを目指し、必要な知識と技術を習得
作曲やアレンジについての音楽知識、コンピュータにおけるDTM/DAWソフトを使用してのサウンド制作について学習。スタジオ制作にも柔軟に対応できるようレコーディングの現場で最もスタンダードなProToolsのオペレーション技術も習得します
最大128オーディオトラックDigidesign Avid D-commandを使用してのレコーディング実習
ヴォーカル、ギター、ベース、ドラム、キーボードの演奏を専門とするミュージシャン専攻と連携し、最先端レコーディングスタジオでのレコーディングやMIXを学習できます。実践的な実習を通してエンジニアとしての技術や音楽制作についても学ぶことが可能です

卒業後

在学中からコンテスト等への応募が可能。さらに、就職用作品制作も徹底指導
サウンドプロダクションやレコーディングスタジオへの就職の際に、大きな威力を発揮するのがオリジナルの作品。自らのセンスや技術を存分に発揮し、アピール力が強い作品が作れるように、施設の使用や先生からのアドバイスなど、積極的にサポートしています

制度

学生一人ひとりの適性と能力を見極め、マンツーマンで就職カウンセリング
学生の能力に合った職種に就けるよう、担任の先生や経験豊かな就職指導担当員がきめ細やかに就職指導を行っています。また、平素の授業時間内にも就職指導を取り入れ、就職試験問題に取り組むほか、言葉づかいやマナーなど、面接時に関する指導も行われています

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • MIDI検定 、
    • 情報検定(情報活用試験)【J検】 、
    • 情報検定(情報デザイン試験)【J検】 、
    • サウンドレコーディング技術認定試験 、
    • Pro Tools技術認定試験

    音楽検定試験 ほか

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

サウンドクリエイター、作・編曲家、シンセサイザー・オペレーター、ゲーム音楽制作、MAエンジニア ほか

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒533-0015 大阪市東淀川区大隈1-1-25
瓶井(かめい)学園本部入学事務局 tel:06-6329-6553(代)
info@kamei.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市東淀川区豊新1-21-22 阪急京都線「上新庄」駅南口下車、徒歩 8分
地下鉄今里筋線「だいどう豊里」駅下車、徒歩 12分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

日本コンピュータ専門学校(専修学校/大阪)