• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本メディカル福祉専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 坪田 卓也さん(臨床工学科/臨床工学技士)

大阪府認可/専修学校/大阪

ニホンメディカルフクシセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

臨床工学技士  として働く  坪田 卓也さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人に喜んでもらうのが好き
インタビュー

1つ1つの業務が患者さまの健康に繋がる。元気になられた姿は最大のやりがいです!

この仕事の魅力・やりがい

チーム医療の一員として、人工透析機器や人工心肺といった医療機器を安全に使用するための保守点検や、治療のための操作を行っています。また、心臓手術の際には人工心肺の操作をし、サポートを行います。医療現場に立ってまず実感したのが、「人の命」に関わる仕事をしているということ。ひとつひとつの業務が、患者さまの健康、そして命に影響を及ぼします。何事に関してもチェックを入念に行い、分からないことがあれば勝手な判断をせず、必ず上司や先輩に確認を取るよう心がけています。自分が保守点検をした機器や、人工透析などの治療で、患者さまの症状が改善されたことを知ると、とても嬉しく思い、やりがいを感じます。

臨床工学技士として働く坪田 卓也さん

医療機器のスペシャリストとして、日々働いています

臨床工学技士として働く坪田 卓也さん
今の仕事との出会い・きっかけ

治療中は患者さまに安心して頂けるよう心がけています

今の仕事との出会い・きっかけ

高校生のころ、医療に携わりたいという思いを秘めつつも、工学系の大学に進学をしました。工学について学ぶ中で、「臨床工学技士」という職業を知り、「医療で人の役に立ちたい!」とダブルスクールを行うことを決心。大変ではありましたが、少人数制の密なサポートや、臨床工学技士として現場に立つ先生からの実践的な指導、そして同じ目標を持つ仲間たちと支え合い、夢を叶えることができました。今の目標は、「臨床工学」に「広く深く」携わること。病院では、さまざまな臨床業務や機器管理業務があり、広い知識・技術・経験が求められます。臨床工学技士として、患者さま、そしてスタッフに信頼されるような存在になりたいです。

後輩への応援&アドバイス

安心して使用頂けるよう、入念なチェックを行います

後輩への応援&アドバイス

臨床工学技士は医療現場において、医療機器について最も詳しく、最先端の知識をもったスペシャリストである必要があります。その為、使用機器について熟知しておかなければなりませんし、企業の勉強会に積極的に参加するなど、常に知識を深めなければなりません。大変なことも多くありますが、その分患者さまの感謝の言葉や元気になられた姿を見ると、感動も大きく、やりがいのある仕事です。日本メディカル福祉専門学校は少人数のクラス編成で、臨床工学技士として活躍している先生方からの指導を受けられます。教材として使用する機器も医療現場で使用している最新機器なので、実践的に学び就業後の姿をイメージしながら夢に向かえます。

プロフィール

坪田 卓也さん のプロフィール

大阪赤十字病院 臨床工学技術科/臨床工学専攻科/2013年3月/医療への憧れを持ちつつも、工学系の大学に進学。2年次に「臨床工学技士」という職業を知り、「医療に携わりたい!」との思いから、日本メディカル福祉専門学校とのダブルスクールを決意。過密なスケジュールの中、国家試験に合格し、大阪赤十字社に就職し夢を果たす。人工透析・心臓カテーテル・機器管理をメインに担当。1つ1つの業務についてしっかりと学んだ上で、他の部署を担当し、全ての業務に携わることが目標。趣味は高校の頃からしているテニス。「視野を広く持ってフィールドを見る必要があり、俯瞰してものごとを考える能力が培われ、今の仕事にも役立っていると感じます」

この先輩が卒業したのは…

日本メディカル福祉専門学校 臨床工学科

学校イメージ

最新機器で学べる

いま医療界では、臨床工学技士の不足が深刻な問題となっています。そんな中、臨床工学技士の資格取得を目指すのが日本メディカル福祉専門学校臨床工学科。臨床工学技士の単科専門校であり、優れた講師と最新のME(医用電子)機器を揃えています。少人数制のアットホームな環境は、学びやすさに定評があり、医学・工学の基礎から専門教育までを3年間で修得します。180時間に及ぶ臨床実習では臨床工学技士としての実践力、医療現場に携わる人間にふさわしい人格を養成。臨床工学技士会の研修に参加・発表の機会も設けています。卒業後は大学編入も可能。すでに800名以上の卒業生が医療現場で活躍しています。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

日本メディカル福祉専門学校(専修学校/大阪)