• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 大阪動植物海洋専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 水生生物学科

大阪府認可/専修学校/大阪

大阪動植物海洋専門学校

オオサカドウショクブツカイヨウセンモンガッコウ

水生生物学科

募集人数:
80人

海に住む生物の生態から海洋環境まで幅広く学び、水族館スタッフや養殖技術者、環境コンサルタントを目指します!

学べる学問
  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 環境科学

    科学技術によって環境問題解決を目指す

    二酸化炭素を排出する石油エネルギーに代わるエネルギーの開発など、地球環境の改善・保全や、快適な生活環境の実現に向けて、科学技術を駆使して研究する。

目指せる仕事
  • 水族館スタッフ

    水族館で、水生生物や魚などの世話や観察をする

    水槽を巡回し、病気の兆候を発見したり、魚の産卵行動の異常をチェックする観察業務から、利用者のために、観覧通路や展示についてのチェック業務もある。日常の世話や飼育的な仕事は、知識や経験も必要になるので、種別ごとになったり、専属としてやる場合もある。

  • ドルフィントレーナー

    イルカとのコミュニケーションを通してエンタテインメントを提供する

    イルカを飼育し芸を教えるだけでなく、その生態を理解し、イルカと人間が触れあえる環境を提供する役割。ドルフィントレーナーしての知識や技術を活かして水族館の飼育スタッフや海洋研究施設の研究アシスタントといった職業に就ける可能性もある。

  • 漁業・漁師

    漁や養殖などを行う仕事。近海漁業、遠洋漁業がある。

    漁業では大きく3つに分けられる。一つは「沿岸漁業」。陸地近くの海での漁が中心で養殖事業者なども多く含まれ、日本の漁業従事者の約85%を占めるという。そして赤道水域でのマグロ漁業やアフリカ沖のトロール漁など、遠く外洋に出て1年以上かけて漁をするのが「遠洋漁業」。両者の中間で日本の沖合いで数日かけて操業するのが「沖合い漁業」。黒潮の流れに乗ってかつおを追ったり、サンマなどの沖合い底引き網漁業などがこれにあたる。漁業会社や水産会社に入社する方法もあるが、多くは家族経営なので弟子入りするのも一般的。

  • 水産技術者・研究者

    水産物資源や養殖技術の開発・研究を行い、漁業の現場支援や水産加工品などの技術開発・研究を行う。

    水産会社や養殖の現場で、水産加工品の開発や製品化のための技術研究をしたり生産管理を行ったり、水産試験場などで孵化や養殖などの新しい試みを行うのが水産技術者。一方、大学の研究室や公的な研究機関などで水産学研究を行っている人々は、さらに学術的に、水質改善のための研究を行ったり、人工飼育した際の魚の孵化から稚魚になる過程の細かいデータ収集をベースとした研究で、養殖を行う人々への基礎的な研究データを提供するなどして、間接的に水産業への貢献をしている。

初年度納入金:2018年度納入金 115万円  (入学金15万円、授業料60万円、実習費25万円、設備費15万円。教材費・校外実習費別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

イルカなど海洋動物のトレーナーや淡水魚・海水魚の飼育スタッフを目指す水生生物コース
イルカやアシカなどの海洋動物や魚類について身体の仕組みや生態、動物心理などの知識をじっくりと学びながら、水族館やテーマパークなどでの校外実習を通して実践力も養う。特に校外実習では、実際に現場で求められている飼育やトレーニングの技術・知識をしっかりと身につけるための体験ができる。
養殖や増殖で食品産業の一翼を担う水産学の基礎を学ぶ水産増殖コース
専門学校では数少ない水産増殖が学べるコース。食品としての水産品に生産から消費までのプロセスで段階的に付加価値が発生していく経緯を、生産地から消費地までの物質的移動の観点から科学的および社会経済的に学んでいく。新しい感覚で未来の水産業を担うスペシャリストを目指す。
ペットショップでのプロの販売員を目指すアクアライフコース
様々な種類が存在する観賞魚の飼育管理方法や魚病知識、繁殖方法を学んでいく。飼育管理実習の授業では一人あたり2~3本の水槽を使用し、実践力を養う。また、同時に水草の育成方法、レイアウトテクニックや飼料販売などのノウハウも習得する。

実習

学内での養殖実習から校外でのフィールド調査実習まで多彩な実習が盛りだくさん
健康で美味しい魚を養殖することを目標に、キャンパス内にある飼育施設を利用して、小規模ながらも、実際に出荷を目標とした養殖実習を実施している。校舎内にある実験室では魚類の解剖実習など生態構造について学ぶ実習も行う。また、主に河川を対象にフィールド調査実習を定期的に行い、野外活動への適応力も養っていく。

卒業生

水族館スタッフ、アクアショップ店長、養殖技術者など、多くの卒業生が夢を実現!
京都水族館で飼育スタッフとしてイルカやアザラシなどの飼育を担当している水江イングリッドさん('15年卒)、アクアスペースぶくぶく大阪ドームシティ店で店長を務める一森竜平さん('11年卒)、マルセイ水産の養殖技術者・青柳悠さん('11年卒)など、多くの卒業生が動物や自然とふれ合う仕事で活躍中。

研修制度

水族館、イルカふれ合い施設、ペットショップなどでのインターンシップで実践力を磨く
2年次はインターンシップが中心。現場となる水族館やイルカふれ合い施設などでは、海洋動物と一緒に体を動かし、コミュニケーションを通して人と動物の共存を考えていくなど、有意義な体験の連続。インターンシップを通じて、実力を認められ、希望の就職を実現した先輩たちも多い。

募集コース・専攻一覧

  • 水生生物コース

  • 水産増殖コース

  • アクアライフコース

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 潜水士<国> 、
    • 小型船舶操縦士<国> (1級) 、
    • 愛玩動物飼養管理士 (2級・1級) 、
    • 危険物取扱者<国>

    ダイビングライセンス
    ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    二見シーパラダイス 、 伊豆・三津シーパラダイス 、 アクアワールド茨城県大洗水族館 、 名古屋港水族館 、 京都水族館 、 ワールド牧場 、 白鳥どうぶつ園 、 姫路セントラルパーク 、 ひごペットフレンドリー ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒551-0002 大阪市大正区三軒家東1-7-3 入試事務局
TEL 06-6555-0154
osaka@oao.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市大正区三軒家東1-7-3 JR「大正(大阪府)」駅から徒歩 3分
地下鉄「大正(大阪府)」駅から徒歩 3分
阪神なんば線「ドーム前」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

大阪動植物海洋専門学校(専修学校/大阪)