• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 東京眼鏡専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 第一眼鏡学科

東京都認可/専修学校/東京

トウキョウガンキョウセンモンガッコウ

第一眼鏡学科

募集人数:
40人

視力と眼鏡の専門家(ビジョンスペシャリスト)を養成する専修学校。幅広く眼鏡の技術と知識を学びます

学べる学問
  • 経営学

    企業とその活動を実務的に研究する

    経済学に比べてより現実のビジネスや経営方法に近く実践的で実務的。生産、販売、人事、財務など企業経営のノウハウを理論や実務研修、調査実習を通してつかむ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 心理学

    科学的な手法によって、人の心をさぐる

    人の心や集団行動のメカニズム、動物の行動などを調査、統計、実験などの手法を使って解明する学問。意識や行動のメカニズムを探る文学部系とカウンセリングや臨床心理など実践的分野を扱う教育学部系がある。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 薬学

    薬の作用について研究し、新治療の実現をめざす

    薬剤の研究や新薬の開発、効果的な使用法など、医薬品から化学物質まで薬全般について研究する。薬の作り方を学ぶ製薬学、病気予防のノウハウを学ぶ衛生薬学、薬の用い方を学ぶ医療薬学がある。

  • 医療技術学

    医療を支えるさまざまな技術を研究し、専門家を養成する

    医療を支える専門技術者を養成する。臨床検査や診療放射線、医療情報などがある。人工臓器の研究や新しい診断システムなど高度な医療技術の研究を行う大学もある。

  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

目指せる仕事
  • 会社経営者

    会社の業績、戦略判断、すべてに関して最終判断と責任を負う

    会社が活動を行う上での、事業戦略、資金対策、取引先対応、社員管理などあらゆる問題について、次の方向を示したり難しい決断を下したりする最高責任者。大企業以外では営業活動の第一線で活躍していることも少なくない。

  • 販売・接客・サービス

    お客様が快適なひとときを過ごしたり、買い物を楽しんだりできるようサービスを提供

    ショップやレストラン、ホテルなどでお客さまに応対する仕事。お客さまが快適なひとときを過ごしたり、不便なく買い物を楽しんだりできるよう最適なサービスを提供する。販売では、商品に対する質問に答え、適切な助言を与える。お客さまの買い物アドバイス以外に、販売事務、商品管理、レジスター、苦情処理、顧客情報の収集などの仕事にもあたる。相手が何を望んでいるかをくみ取ってコミュニケーションする力が求められる。また、相手に好印象を与える接遇マナーも必須の仕事だ。

  • ショップ・店オーナー・経営者

    ショップの所有者兼店長。自分のアイデアをフルに生かして店を経営する

    自分の資金で店舗物件を借り、商品をそろえるため、開店したショップは自分の所有物(個人事業主)になる。オーナーであると同時に店長として店舗に立つ人が多い。業務内容は普通の店長と変わらないが、仕入れでも内装でも自分のアイデアを自由に実現しやすいのが魅力。経理や資金繰りなど経営面の責任は重大。

  • 商品バイヤー

    売れる商品を発掘し販売量を予測。交渉力を発揮し有利に買い付ける

    会社やショップなどで商品の仕入れを専門に担当する人。売れ筋商品を発掘し、販売量を予測し、できるだけ安く仕入れられるよう交渉する。海外の商品を買い付ける場合は、英会話はもちろん貿易に関する専門知識、為替知識も必要になる。

  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • ファッション店員・店長

    洋服店を訪れるお客さまにセンスを生かして最適なファッションや商品を提案

    アパレルメーカー直営店やセレクトショップなどの洋服店で、店舗を訪れたお客さまに洋服を販売する仕事。店員は、商品のディスプレイや管理、接客、会計などを担当する。お客さまの好みやスタイルに応じて、似合う洋服を提案するのも大切な役割。そのため、店舗で扱う商品はもちろん、ファッションの流行や色・素材に関する専門的な知識が求められる。店長は、スタッフの採用や接客の指導、仕入れや売り上げの管理、販売促進のための企画などを担う。店員からステップアップするのが一般的だ。

  • オプティシャン・オプトメトリスト・眼鏡士

    視力を測定し、視力保護をアドバイス

    眼鏡店やコンタクトレンズクリニック、眼科医院などで、眼鏡やコンタクトレンズを使う人のために視力を測定し、その結果から、視力に合った眼鏡やコンタクトレンズの使用を勧める。視力の回復や維持のために、生活態度の改善や、眼鏡の加工・調整・販売を行う。また、眼科医のもとで、さまざまな検査やコンタクトレンズの正しい取扱い方法などのアドバイスをする。

初年度納入金:2018年度納入金 100万円  (内訳/入学金20万円、授業料・実習費・施設設備費80万円)
年限:3年制

学科の特長

カリキュラム

国際基準に近づけた3年制カリキュラムで実践的な技術者を養成
ビジョンスペシャリストは、医療系、商業系、工業系の3つの要素を持った技術者です。カリキュラムは眼の生理や眼科学、視力測定などの医療系、販売やサービス、カラーやファッション、店舗運営などの商業系、眼鏡を作ったり、頭や顔に合わせるフィッティングといった工業系の知識や技術など幅広い科目が並んでいます。

卒業後

眼鏡店や眼科からメーカーまで活躍の舞台は広い
日本人には近視が多く、パソコンや携帯・スマートフォンの普及、高齢化社会の進行もあり、眼鏡人口は増え続けていますが、眼鏡技術者は不足しています。眼鏡業界多数の支援を受け設立された本校は、就職も業界がバックアップ。就職先は眼鏡店の他に眼科、コンタクトレンズクリニック、メーカーなど。高い就職率が魅力です。

資格

認定眼鏡士(日本の眼鏡技術者の標準)をゲット
学習の目標は資格の取得。資格を手にすることで自信も持てるし、就職先からも高い評価が得られます。卒業時に認定眼鏡士の試験(実技試験免除)に合格すれば、資格(「認定眼鏡士SS級」/(公社)日本眼鏡技術者協会)が取得できます。他にも「カラーコーディネーター検定試験(R)」「販売士」などの資格取得を推奨しています。

教育目標

実践的な技術者育成の決め手はインターン制度
学習の最終目標は、眼や眼鏡の専門知識と技術がお客様や患者様に使えること。「正しく快適な視力を提供できる」、「眼鏡を販売できる」、「眼鏡を正確に作製できる」…。本校では実践力強化のプログラムとして、校内での学内実習、一般の眼鏡店や眼科での外部実習(インターン制度)を採用し、効果をあげています。

奨学金

「本校奨学金(15万円)」と「企業奨学金(10万円)」2つの奨学金制度で学生を支援
本校は眼鏡業界多数の支援を受けてできた学校ですが、眼鏡を学ぶ本校の学生の勉強を本校と、眼鏡企業それぞれが支援します。企業奨学金:10万円(8名)※平成28年度実績

イベント

眼鏡学科ならではのイベント!メーカー提携講座、フレームやレンズ工場見学を含む修学旅行など
メーカーの提携講座を始め、IOFT(眼鏡の国際総合展)の見学、フレームやレンズ工場の見学を兼ねて実施される修学旅行、TOCセミナーなど、将来に役立つ眼鏡学の技術や知識の拡充を図るイベントが豊富。
学校概要

目指す資格は認定眼鏡士。眼鏡店や眼科など多数の場で活躍できるメガネのプロを育成!

メガネは医療機器として必需品。また、メガネはファッションアイテム。本校は眼鏡業界から求められ設立された医療系・商業系・工業系のマルチ技術者/ビジョンスペシャリスト(眼鏡技術者)の養成校です。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 認定眼鏡士 (SS級)(公社)日本眼鏡技術者協会認定)

目標とする資格

    • カラーコーディネーター検定試験(R) 、
    • 販売士 (リテールマーケティング)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    カヤノ眼鏡店、(有)コロナ堂 、 (株)武田メガネ 、 (株)ダブリュ・アイ・システム(エースコンタクト) 、 (株)千葉メガネ、ミルディスコンタクト 、 メガネコンタクトの井上、(株)メガネトップ 、 (株)メガネ流通センター、(株)ルネッテリア 、 (株)和真、大竹眼科 ほか

※ 内定先一覧

※上記は2017年2月現在の内定先になります。 ほかに医療業界(眼科)にも内定しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒169-0073 東京都新宿区百人町2-26-10
TEL03-3360-7046
toc@toc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京眼鏡専門学校 : 東京都新宿区百人町2-26-10 「大久保(東京都)」駅北口から徒歩 5分
「新大久保」駅から徒歩 10分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース
  • 第二眼鏡学科

東京眼鏡専門学校(専修学校/東京)