• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本工学院専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • テクノロジーカレッジ

東京都認可/専修学校/東京

ニホンコウガクインセンモンガッコウ

テクノロジーカレッジ

資格取得を徹底サポート。確実な就職をめざす

学べる学問
  • 健康科学

    人々の健康増進・維持を実現するための理論と技術方を学ぶ

    人々の病気を予防し、健康増進と維持のための理論と方法を研究する。栄養・運動・リラクゼーションなどの分野のほか、福祉や介護関連の科目も学ぶ。

  • バイオ・生命科学

    分子レベルで生命現象を解明する

    生命の誕生、成長、生理現象など生命現象を分子レベルで解明する。生物学、化学、物理学との境界領域の研究や、農学、医学、薬学、獣医・畜産学、林産・水産学などへの応用研究もある。

  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    物質を構成する素粒子の一つである電子の流れ、つまり電流を、実験や実習を多用して、エネルギーや情報伝達の要素として研究していく学問。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

目指せる仕事
  • 機械技術者・研究者

    機械製品や部品の設計から開発まで

    家電製品、通信機器、OA機器など、様々な機械製品の設計・開発をはじめ、製品に必要なパーツとなる部品の製作も手がける。設計用の製図を描いたり、部品の構造や形状・寸法、使用材料など全体の製作工程に関する知識や技術が必要となる。製造後も、改良ポイントの整備をはじめ、新しい技術の導入など常に進歩が求められる。

  • CAD技術者

    CADを使って正確な図面を作成する

    建築会社、自動車、家具など製図が必要な各種のメーカーで、CADを使った図面製作を担当する。設計者が描いたラフスケッチを正確な図面におこしたり、指示に従い図面の訂正をするなどの仕事が中心。

  • 電気工事士

    電気配線工事を一手に引き受ける

    電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

  • 電気通信技術者・研究者

    現代社会では欠かせない通信やネットワークに関する様々な技術や研究開発を行う。

    電話やインターネットなど、電気通信に関するさまざまな技術を開発し、新しい通信システムなどを設計・管理するのが電気通信技術者。電話会社や情報通信会社、それらの設備設計・施工を行う会社や、電気機器メーカーなどで活躍する。銀行のATMシステムやインターネットバンキング、電車や飛行機などの制御システムなど大規模なものから、企業内のイントラネットなどの設計・管理など個別のものまでさまざまな分野に関わる。これらの電気通信技術が今後どのように成長し、それが世の中をどう変えていくのかなど研究する。

  • 建築士

    建築物の設計・デザインから施工監理まで

    一般住宅や店舗やオフィスなどの建築物の企画、設計、見積もり、施工管理などに携わる仕事。建築予定地の調査をし、顧客の要望に沿う建築の設計と積算を行う。また、建築工事の管理、建築許可や道路の使用許可などの法規に基づく官庁への手続きや届け出もする。

  • 土木施工管理技士

    工事全体の計画、監督者

    トンネルやダム、橋梁建設工事前などに、土地の土質を調査して、工事に適した土木材料を選定し、地盤の強度を決める。さらに工事全体の計画を立て、監督業務や指導をする仕事。大きなプロジェクトでは、複数の管理技士が分担してあたることもある。

  • インテリアコーディネーター

    住む人の立場に立って、快適な住空間を提案・提供する

    顧客の要望を聞いて、内装(住宅の照明や壁紙など)のプランニングアドバイスをしたり、具体的な商品の選択を行い、見積り、施工管理をする。住生活に対する価値観・ライフスタイルなどをきちんと把握し、住む人の立場に立って、快適な住空間を提供する仕事だ。

  • バイオ技術者・研究者

    生命現象を解き明かし産業に活かす

    化学メーカーや医薬品メーカー、食品・化粧品メーカーなどバイオの研究を行う企業は多い。ウイルス、細菌、カビなどの微生物から大型の動植物、人類まで、生物に関する現象を研究し、医療や保健衛生の分野や食料生産・環境保全といった問題の解決に貢献できるような製品を作り出す。そのための基礎研究に従事する人もいる。

  • 環境コンサルタント

    環境保全活動などへの助言・指導を行う

    環境保全に関する専門的知識や豊富な経験を持ち、その知識や経験に基づき市民やNGO、事業者など様々な立場の環境保全活動に対する助言や指導を行う。また、自治体の環境政策、企業の環境アセスメントなどをどうすすめればいいか考え、企画、調査、事業の管理を行うこともある。

初年度納入金:2018年度納入金 124万5690円~128万690円 
年限:2年制(建築学科は4年制)

学科の特長

学ぶ内容

電子技術や新スマート技術、バイオ技術のエキスパートを育成
スマートフォンやハイレゾオーディオ、スマート家電や医療機器、鉄道や発電・変電システム、ガスエネルギーなど電子・電気の最新技術を学ぶ「電子・電気科」、環境分野のスペシャリストや化粧品製造のプロを育成する「環境・バイオ科」など、暮らしの支えとなる技術を、社会のニーズに合わせた独自のカリキュラムで学ぶ
建築業界・CAD業界などで活躍できる設計の基礎から実務レベルまでのスキルを習得
ものづくり力のある建築のプロを育成する「建築学科(4年制)[高度専門士対象]」「建築設計科」では、卒業後の一・二級建築士取得を目標に、建築の基礎から確かな知識・技術を学習。また「機械設計科」では、最新の2次元・3次元CADを実習を通じてマスターし、設計・製図の知識も、多彩な科目でしっかりと身につける

実習

オリジナル化粧品開発など、産学協同プロジェクトを実施
環境・バイオ科の応用化学専攻では、学生がコンセプト、ネーミング、特長などを考案し、化粧品メーカーの協力を得て日本初の専門学校完全オリジナルの化粧品「KneecH(ニーチェ)」を開発。環境専攻、分析化学専攻においても、フィールドワークや実践的な実習を豊富に用意している

資格

総務省・厚生労働省・経済産業省・国土交通省ほか、有利に取得できる認定資格多数
テクノロジーカレッジには、国家資格をはじめ、各省庁・機関・企業による認定資格が数多くある。これらの資格には、進級時や卒業時に無試験で取得できる資格や受験時に一部の試験科目が免除になる資格などがあり、有利に取得可能。授業や対策講座などにより多角的に資格取得をサポートしている

施設・設備

実践力を高めるための、プロ仕様の学習環境
幅広い学習内容に応えられるよう、各種実習設備が充実。電気工事実習室や高電圧実験室(電子・電気科)、Bionics&Environmental Science Laboratory(環境・バイオ科)、CAD・CGルーム(建築学科(4年制)・建築設計科・機械設計科)といった、実践力を磨くための学習環境を整えている

制度

創立70周年記念奨学金を創設。その他、多様な奨学金制度&学費サポート制度を用意
学園創立70周年を記念し、就学意欲のある方を幅広く進学支援する返還不要の給付型奨学金「創立70周年記念奨学金」を創設。その他、本学園独自の「卒業生・在校生の子女兄弟姉妹等入学金免除制度」「片柳学園奨学金制度」「学費サポートプラン」に加え、「日本学生支援機構奨学金制度」「新聞奨学生制度」などを利用可能
学校概要

専門力と人間力を高める「教育設計図」で、確かな就職・デビューへと導く

日本工学院は学びの専門性をより高めていくため、カレッジ制を導入しています。各カレッジの学びにおいては、専門力に加え人間力を培うための「教育設計図」を策定。一人ひとりを希望の就職・デビューへと導きます。

募集コース・専攻一覧

  • 電子・電気科(2年制)

    • 電子工学コース
    • 電気工学コース
    • 電気工事コース
  • 環境・バイオ科(2年制)

    • 環境専攻
    • 応用化学専攻
    • 分析化学専攻
  • 建築学科(4年制)

    • 建築設計コース
    • インテリア設計コース
    • 建築構造・設備コース
    • 建築施工コース
  • 建築設計科(2年制)

    • 建築設計コース
    • インテリア設計コース
    • 建築構造・設備コース
    • 建築施工コース
  • 機械設計科(2年制)

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 電気主任技術者<国> (実務経験二種5年、三種2年) 、
  • 電気通信の工事担任者<国> (DD第2種) 、
  • 電気工事士<国> (第二種) 、
  • ボイラー・タービン主任技術者<国> (実務経験1種12年以上、2種6年以上)

陸上特殊無線技士<国>(一級、二級)
産業用ロボットの検査・教示等の特別教育<国>

受験資格が得られる資格

  • 電気工事施工管理技士<国> (※) 、
  • 一級建築士<国> (卒業後実務経験 建築学科は2年、建築設計科は4年) 、
  • 二級建築士<国>

※実務経験:電子・電気科/建築設計科→1級5年、2級2年 建築学科→1級3年、2級1年

目標とする資格

    • 2次元CAD利用技術者試験 、
    • カラーコーディネーター検定試験(R) 、
    • 色彩検定(R) 、
    • 有機溶剤作業主任者<国> 、
    • 危険物取扱者<国>

    環境計量士<国>
    スマートマスター 
    車両系建設機械運転技能講習<国> ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    JR東日本 、 東京地下鉄 、 日本空港テクノ 、 JVCケンウッド・エンジニアリング 、 コーセー 、 出光興産 、 三菱マテリアル 、 本田技術研究所 、 工藤建設 、 大林デザインパートナーズ ほか

※ 2017年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒144-8655 東京都大田区西蒲田5-23-22
フリーダイヤル 0120-123-351(携帯・PHS可)
info@neec.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
日本工学院専門学校 : 東京都大田区西蒲田5-23-22 「蒲田」駅から西口を出て徒歩 2分

地図

 

路線案内


日本工学院専門学校(専修学校/東京)