• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本工学院北海道専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 電気工学科

北海道認可/専修学校/北海道

ニホンコウガクインホッカイドウセンモンガッコウ

電気工学科

募集人数:
50人

これからの社会に不可欠な電気技術者を育成する。

学べる学問
  • 機械工学

    我々の生活に欠かせない“機械”について科学し、研究する

    実習・実験を中心に、精密機械や工作機械、ロボットなどの機械や装置を作るためのテクノロジーを研究する。材料、設計、制御、加工などの領域を学び、実習も多い。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

  • 通信工学

    音声・画像を伝送するための新しい理論や技術を研究

    電磁気学、電子工学などを基礎とし、有線・無線通信、光通信などの通信技術を研究・開発する。音声や画像の新しい伝送技術の研究が注目されている。

  • 電気工学

    新しい電子材料の開発や電機の利用技術の研究を行う

    物質を構成する素粒子の一つである電子の流れ、つまり電流を、実験や実習を多用して、エネルギーや情報伝達の要素として研究していく学問。

  • 電子工学

    情報化社会の生活に欠かせない電子の基礎や応用を学ぶ

    電子の性質を解明し、コンピュータのハードウェアや携帯電話、CDなどのデジタル系機器で使われる信号、情報を伝達する音波や電磁波の現象や利用法をハード・ソフト両面から学ぶ

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

  • 建築学

    より高度に安全で快適な空間をさまざまな理論を使って作る

    安全・快適で、経済的な建築物の生産を研究。設計の他、建築構造、建築防災、環境工学などを学ぶ。室内設備から都市計画まで研究領域は広い。

  • 土木工学

    建物や道路など、社会を支える生活基盤を作る技術を学ぶ

    自然要因や社会的要因を考慮に入れながら、道路・鉄道・電気など、生活の根幹となるものの構築の方法と技術を、実験やフィールドワークを通して学ぶ学問。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • 無線通信士

    無線通信の特殊技術を修得した専門家

    陸上はもちろんのこと、飛行機や船舶には無線での通信連絡は不可欠なもの。陸上、海上、航空を問わず、無線通信の特殊技術は、国家試験などの資格試験に合格した者でなければならない専門の分野だ。

  • カスタマーエンジニア(ソフトウェア・ネットワーク)

    顧客である企業を訪問し、コンピュータシステムの導入・保守・修理を担当

    コンピュータシステムやネットワークシステムの導入や保守・点検、修理などを担当するエンジニア。顧客である企業などを訪問し、現場で仕事をする。新たにシステムを導入する際には、機器のセッティングやソフトウェアの設定、操作の指導などを行い、導入後も定期点検を行う。また、システムにトラブルが発生した場合は、現場に急行して原因を究明し、復旧する。ソフトウェア、ハードウェア、ネットワークに関する幅広い知識やコミュニケーション能力が求められる仕事だ。

  • セキュリティ技術者

    不法なアクセスや破壊行為から情報を守る

    企業などのネットワークを管理する部門や、専門のセキュリティ会社のスペシャリストとして顧客名簿や機密資料など企業の大切な情報を守る。外部から違法アクセスされるようなセキュリティの欠陥を作らないよう、ネットワークを管理・監視する。

  • 電気工事士

    電気配線工事を一手に引き受ける

    電気工事士には第1種と第2種があり、それぞれ工事範囲が決められている。第2種は、一般家屋の屋内配線や電気照明の設備取りつけが主な仕事。第1種は、大規模な工事や工場やデパートなどの構内配線、変電室の配電など変電電力の大きい設備の工事を手がけることができる。第1種、2種ともに学歴、年齢、経験などの受験制限はない。

  • 電気主任技術者

    安全な電気利用に欠かせない

    電気工作物の工事の監督のほか、電気を送り出す管理室で電気が滞りなく供給されているかどうかや、故障があった場合の処理をする。電気を安全に供給、運用する際の監視人のような役割を担う。電気は取り扱いを間違えると大きな事故の原因ともなるので管理責任は大きい。

  • 電子機器技術者・研究者

    電子回路の組み込まれた製品の開発・研究

    冷蔵庫やテレビなどの家電製品をはじめ、パソコンやインターネット技術などあらゆる電子機器の回路設計や製造技術などの開発を行う。電子回路そのものの研究や、新たな電子機器への応用技術などを研究する人もいる。

初年度納入金:2017年度納入金 123万3210円  (その他、教科書・教材費などが別途必要です)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

即戦力となる電気技術者を養成する
社会生活に不可欠な電気エネルギーを安全に供給する電気技術者を育成。豊富な実験・実習授業を通じて、基礎から最新の技術まで幅広く習得できるカリキュラムを設置している
電気技術者の仕事に触れられる、貴重なチャンスも!
充実した設備で行われる豊富な実験・実習に加えて、例年、北海道電力協力のもと、設備見学・研修会を実施。電力会社で活躍するOBから業務の実際を聞くこと、社会を支える現場を見て、触れることを通して電気技術者の仕事を直接知ることができる貴重な機会となっている

卒業後

これからさらに重要になっていく電気エネルギー業界へ
電力会社や電気工事会社、電気通信会社やネットワーク機器メーカーなど、今後社会でますます重要になる各業界への就職をしっかり支援している。また認定資格が多い本学科の学生は重要な資格を取得することで確実な就職をめざし、卒業後も即戦力となる技術者として企業から高い評価を得ている

資格

「電気主任技術者」試験免除の認定校
北海道の専門学校で唯一、難易度の高い「電気主任技術者」の試験免除認定校のため、実務経験(第3種2年、第2種5年)のみで取得することが可能。また第2種電気工事士も筆記試験免除で受験できるなど電気技術者に重要な資格取得に大きな強みを持っている

施設・設備

学生寮は入寮金・部屋代無料、朝夕2食の食事代と管理費で2万4千円~2万6千円とリーズナブル
本校の学生寮は、入寮金・部屋代無料、朝夕2食の食事代と管理費で2万4千円~2万6千円とリーズナブル。各寮とも駐車場を完備しているほか、学校まで無料スクールバスを運行している。またキャンパス内にも駐車場があるため、自宅からのマイカー通学にも対応している
学校概要

充実の設備、万全の支援体制で、あなたの「夢の実現」を強力サポート

道内屈指のデジタル施設の他、自動車整備実習場に直結した本格的なサーキット場や格安の学生寮など充実した教育環境と、東京の姉妹校とのネットワークを生かした就職支援など、万全のサポート体制を整えています。

募集コース・専攻一覧

  • 電気工学コース

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

管工事施工管理技士<国>(1・2級 実務経験2級2年、1級5年)
建設機械施工技士(1・2級 実務経験2級1.5年、1級5年)

目標とする資格

    • 電気主任技術者<国> (実務経験第2種5年、第3種2年) 、
    • 電気工事士<国> (第2種・筆記試験免除) 、
    • 電気工事施工管理技士<国> (1・2級) 、
    • 消防設備士<国> (甲種4類) 、
    • ボイラー技士<国> (二級)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    北海道電力 、 関電工 、 鳥山電気工事 、 タクシンエンジニア 、 相互電業 、 ビルネット 、 北都電機 、 マイスターエンジニアリング 、 ビルネット 、 北海道電気保安協会 ほか

※ 2017年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒059-8601 登別市札内町184-3
フリーダイヤル0120-666-965(携帯・PHSからでも可)
info@nkhs.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
日本工学院北海道専門学校 : 北海道登別市札内町184-3 JR室蘭本線「幌別」駅からスクールバス 10分

地図

 

路線案内


日本工学院北海道専門学校(専修学校/北海道)