• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本航空専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 空港技術科

北海道認可/専修学校/国土交通大臣指定/北海道

日本航空専門学校

ニホンコウクウセンモンガッコウ

空港技術科

募集人数:
80人

グランドハンドリング(航空機地上支援業務)のプロフェッショナルを目指そう!

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 観光学

    文化交流やビジネスの側面を持つ観光の研究を通じて、観光業で必要とされる知識や技術を学ぶ

    観光地計画・観光事業経営・観光文化などの分野がある。観光の理論から、ホテル業、旅行業などの実務的な知識も学べる。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 航空・船舶・自動車工学

    航空・船舶・自動車について科学し、それらの安全性、快適性などを研究する

    機械工学のさまざまな研究成果が生かされた応用編にあたる。実験や実習を通して、輸送用機械及び乗物としての効率や精度などを追求すると同時に、安全性や快適性、環境へのやさしさなどを研究する。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

目指せる仕事
  • 客室乗務員(キャビンアテンダント)

    航空機内で乗客サービスを行う

    航空機内において、乗客が快適な空の旅をできるようにサービスにつとめる。緊急事態が発生した場合には、旅客の安全を確保するのも仕事。神経の行き届いたサービスはもちろん、冷静沈着な判断や適切な処置を行えることも必要で、体力的にも精神的にもかなり重労働。

  • 空港業務スタッフ(グランドスタッフ)

    発券から手続き、搭乗案内など空港内サービス

    空港カウンターでの乗客サービスが主な仕事。旅客案内や誘導・整理など飛行機に乗るまでと、到着後はロビーに送り出すまでの業務を行う。搭乗手続きや手荷物の受付、パスポート・ビザの確認、言葉に困っている人の案内役をつとめるなど仕事内容は幅広い。

  • 空港業務スタッフ(グランドハンドリング)

    空港内で航空機の到着・出発に伴う、航空機誘導・貨物搭載・給油などの作業を行う

    ボーディングブリッジの接続、航空貨物や旅客手荷物・機内食の運搬、給油、機体の牽引・誘導など、航空機の到着出発に伴うさまざまな空港内業務を総称してこう呼ぶ。マーシャラーもこの中の一職種。それぞれの業務に応じて「大型特殊自動車免許」「危険物取扱者」などさまざまな資格が必要になる。

  • 航空整備士

    航空機の整備・点検・確認を行う

    航空会社の整備部門で働き、航空機の機体整備や計器など装備品の点検保守に従事しているスタッフ。ライン整備に配属され、大型航空機を取り扱う立場になるためには、国家試験を通り、一等航空整備士のライセンス取得が必要。

  • マーシャラー

    空港で旅客機を正確な位置に誘導

    マーシャリングとは、誘導の意味。広い空港で、巨大な旅客機を定位置まで導くのが仕事。手信号で到着便のパイロットに合図を送りながら、飛行機をボーディングブリッジの降機口にくっつけるように誘導する。トーイングトラクターで飛行機を牽引する作業も。

  • 無線通信士

    無線通信の特殊技術を修得した専門家

    陸上はもちろんのこと、飛行機や船舶には無線での通信連絡は不可欠なもの。陸上、海上、航空を問わず、無線通信の特殊技術は、国家試験などの資格試験に合格した者でなければならない専門の分野だ。

  • 航空機・船舶技術者・研究者

    航空機や船舶の技術開発や研究を行う

    飛行機や船舶の船体から中で使用される電気・電子装備などすべての機器類の設計・開発を行う。パーツごとに、それぞれが高度に専門科しているので、チームを組んで開発にあたる。特に大型旅客機は国内では生産していないため、海外メーカーと共同で部品や内部設備の設計・製造に取り組む企業もある。

初年度納入金:2017年度納入金 122万円  (教科書、資格取得・講習費用、制服代などは別途納入)
年限:2年制

学科の特長

授業

空港での経験豊富なスタッフ!教科書だけでは学べない活きた知識の提供
空港での実務経験豊富なベテラン講師陣による指導で、増え続ける旅客と貨物、航空機の安全運航と定時性、運送品質の向上など、航空業界のニーズに応えられる「グランドハンドリング(航空機地上支援業務)技術者」を育成します。空港の国際化に伴い、その役割の重要性は更に高まっています。

実習

空港で実際に使用していた機材を利用した実習で、即戦力を目指す!
広いキャンパス・豊富な機材で充実の実習。グランドハンドリングで使用されている特殊車両の運転技能の向上、車両整備技術等を習得します。また、1年次には約1週間、新千歳空港でグランドハンドリング関係・関連企業にて空港実務研修を行い、航空業界が求める空港プロフェッショナルとしての即戦力を身につけます。

卒業後

即戦力の技術者として、グランドハンドリング関係・関連企業への就職を目指す!
航空機が空港に到着してから次の便として出発までに行う業務、グランドハンドリング(航空機地上支援業務)技術者として、全国各地の空港で活躍!ANA、JALをはじめとするグランドハンドリング関係・関連企業への就職を目指します。

資格

在学中にフォークリフトや特殊車両の運転資格を取得できる
厚生労働省技能講習登録教習機関に指定されており、在学中にフォークリフトや高所作業車等の操作資格(修了証)が学内で取得可能。また国際航空貨物の運送・輸送スケジュールの作成や運賃計算を行う国際航空貨物取扱士、国際航空貨物危険物取扱士の取得も目標。試験は英語で実施されるため、語学力の教育にも力を注ぎます。

研修制度

新千歳空港での空港実務研修制度(インターンシップ)
1年次からグランドハンドリング会社の協力により、発着回数が年間10万回を超える新千歳空港での研修を実施。憧れの仕事を体験しながら、将来のイメージをふくらませていきます。また、現場で求められるスキルを知ることで、グランドハンドリング(航空機地上支援業務)のスペシャリストとしての即戦力を目指します。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • IATAディプロマ(国際航空貨物取扱士) (国際航空貨物取扱士、国際航空貨物危険物取扱士) 、
    • 危険物取扱者<国> (乙種第4類) 、
    • 車両系建設機械(整地・運搬・積込み用及び掘削用)運転技能講習<国> 、
    • フォークリフト運転技能者<国>

    大型特殊自動車運転免許<国>
    けん引自動車運転免許<国>
    高所作業車運転特別教育修了証 ほか

就職率・卒業後の進路 

就職率/内定率 100 %

( 就職者213名 )

主な就職先/内定先

    (株)JALグランドサービス東京 、 (株)JALグランドサービス札幌 、 (株)JALカーゴハンドリング 、 (株)JALエアテックサービス 、 ANAエアポートサービス(株) 、 ANA新千歳空港(株) 、 ANA関西空港(株) 、 ANA福岡空港(株) 、 ジェットスター・ジャパン(株) 、 羽田空港サービス(株) ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒066-8622 北海道千歳市泉沢1007-95
TEL 0120-87-8622(フリーダイヤル)
info@jaa-tech.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
千歳キャンパス : 北海道千歳市泉沢1007番地の95 新千歳空港よりタクシー 約10分
JR「千歳(北海道)」駅よりスクールバス 20分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

日本航空専門学校(専修学校/北海道)