• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本児童教育専門学校
  • 学校の特長

東京都認可/専修学校/東京

ニホンジドウキョウイクセンモンガッコウ

教育方針や校風が魅力

「体感」・「体験」・「体得」を学びのモットーに、確かな実践力を身につける

本校では学校での学びと同時に、現場での体験も大切だと考えています。子どもを肌で感じる“体感”、現場で実践を経験する“体験”、そして実際の現場で活躍できるようになる“体得”といった、保育の現場で必要となる3つの現場力を身につけます。また、「子育てひろば」や新宿区入学前プログラムなどのボランティア活動などを通し、実際に子どもたちとふれあえる環境も整っています。授業においても、体育、音楽、あそびなどの実技授業が充実しているので、子どもの感性や発達に直接関係する具体的な知識や技能を身につけることができます。学校の特長1

学ぶ内容・カリキュラムが魅力

保育士としての専門性をより深められる講義・実技

全学科の学生が受講できるオープン科目では、「もう少し勉強したい」「専門性を高めたい!」「苦手な科目を克服したい」という学生一人ひとりの希望に応えたサポートを実施しています。現場の先生から実際の保育現場のお話を聞いたり、保育現場で求められる人材などについて学んだりすることで、保育士としての専門性をより深めることができます。他にも、公務員試験対策や専門的なゼミなど、学生をバックアップする体制を整えています。学校の特長2

就職に強い

多くの保育現場を経験するので、就職につながる学びができる

学生1名に対して、担任・就職担当・実習担当の教員3名が連携。就職・実習相談室で就職活動と公務員試験をサポートします。「キャリアデザイン」の授業では、将来の自分を見据えたキャリアプランを組み立てることができます。また、昼間部は14:30に授業が終了するため、放課後はオープン科目を受講して専門性を高めたり、アルバイトをすることも可能です。保育福祉科夜間主コースの授業は、トワイライトクラスが16:20から、土曜クラスが18:20からはじまる時間設定。保育現場で働きながら学ぶことができ、就職につながる学びの環境が整っています。学校の特長3
日本児童教育専門学校(専修学校/東京)