• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本電子専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • アニメ分野
  • アニメーション科(2年)

東京都認可/専修学校/東京

ニホンデンシセンモンガッコウ

アニメーション科(2年)

募集人数:
80人

作画・動画を中心に基礎から応用まで幅広く学習。「即戦力のアニメーター」に必要な力を2年間で習得!

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 演出家

    舞台・ドラマづくりの総監督

    舞台やドラマをどのようにつくり表現していくか、すべてのスタッフ、役者などにその意図を伝え、芝居を完成させていくのが仕事。コミュニケーション能力も問われる。テレビ会社や劇団、制作会社などに所属して、演出家を目指して修業を積むのが一般的。

  • アニメーター

    原画家、動画家に分かれアニメの作画を行う。

    映画やTVのアニメーションの作画を行う。作画は、シナリオや絵コンテをもとに登場人物や背景などのデザインを描く原画家、その間の動きを一コマ一コマつないでいく動画家に分けられる。動画家は膨大な枚数を描くため、かなりの根気と正確なデッサン力が必要。

  • 漫画家

    自分の作風やタッチで、人気作品を創り出す

    現在発行されているまんが誌(週刊誌・隔週刊誌・月刊誌)にまんがを描く仕事。最初から単行本に書き下ろすこともあるが、4コマまんがやストーリーものなどで、連載をもつことで収入を得る。自分の作風やタッチを確立して、作品を出版社の編集者等に認めてもらうことが必要。ヒット作品が出れば、時代のブームを巻きおこすことも。

  • CGアニメーター

    デジタル技術を駆使してアニメーションの作製をする

    CG(コンピュータグラフィックス)などのデジタル技術を駆使しアニメーションを作る。大胆な動きを表現したり、3Dアニメーションを作製する。映画業界、TV業界、CM業界など活躍の場は多岐にわたり、どの業界でも欠かせない存在となっている。

初年度納入金:2018年度納入金 135万5000円  (入学金含む)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

目指すのは、世界が熱中するキャラクターを描くアニメーター!
日本のアニメーションの代表的な魅力の一つが手描きによる作画です。本科では、手描きにより得られる個人の感覚表現や確かなデッサン力(静物デッサン・クロッキー)に加え、動画としての表現力を基礎から
応用まで幅広く習得。現役アニメーターによる直接指導なども充実させ、即戦力となるアニメーターを育成します。

授業

デッサンや作画系科目を充実させ、商業用アニメ作品のアニメーターを育成!
動画の授業では動きの基礎や動画の作成技術をはじめ、より立体的な動画表現技術を習得。原画実習では表現する動作のタイミング設定とキーとなる動きの作画方法を学習します。デッサンに関しては質感・立体感・空間感などの絵画表現に必要な基本技術を丁寧に指導。人物デッサンではアニメに必要な人物表現を習得します。
産・学・公連携教材「アニメの教科書」を使用。現役アニメーターによる直接指導も実施
日本動画協会とアニメ制作会社が協力、本校教員も執筆している「アニメの教科書」を使用。アニメ制作の基礎知識から、最新アニメーションの技法、アニメ産業の歴史まで幅広く学びます。また、現役アニメーターやアニメーター経験のある教員が直接指導を行うほか、特別授業では現役アニメ監督の講演会も実施します。

卒業後

業界への近道となる「校内入社試験」や、本校主催の「合同企業説明会」などを実施
スタジオ雲雀などのアニメ制作会社を含め、約150社の企業が本校の学生のためだけに、入社試験を校内で実施。いつもの教室でリラックスして受験できる機会を用意するほか、ぴえろ、サンライズをはじめ約700社の採用担当者が参加する本校主催の合同企業説明会など、就職に直結するイベントを実施しています。
アニメ会社見学、ポートフォリオ指導、プロによる特別講演なども充実
日本電子がある新宿区とその近隣の杉並区・練馬区は、アニメ制作会社が集中しています。本校では、アニメ制作会社と連携して、会社見学やインターンシップ、ポートフォリオ(作品集)指導、プロのアニメーターによる特別講演なども実施し、アニメ業界への就職を強力にサポートしています。

奨学金

初年度納入金より10万円免除。本校指定の作品提出で「美術特待生」になるチャンス!
「美術特待生」は、本校昼間部専願で、本校が指定する作品を提出する方を対象に選抜。提出作品は「鉛筆デッサン1点」「全身クロッキー3点」「自由制作1点」の計5点で、合格すると初年度納入金(入学金を除く)より10万円が免除されます。※出願方法等の詳細は資料請求後の送付物にてご確認ください。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • CGクリエイター検定 、
    • 色彩検定(R)

    ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    ジェー・シー・スタッフ 、 サンライズ 、 プロダクション・アイジー、A-1 Pictures 、 Wish 、 動画工房 、 グラフィニカ 、 ライジングフォース 、 ジーベック 、 フウシオ スタジオ 、 小倉工房 ほか

※ 2017年3月卒業生実績 (学校全体)

アニメーター(原画・動画)、キャラクターデザイナー、作画監督などとして活躍

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒169-8522 東京都新宿区百人町1-25-4
フリーダイヤル0120-00-9691(携帯・PHS可)
jp@jec.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都新宿区百人町1-25-4 「大久保(東京都)」駅から南口を出て徒歩 2分
「新大久保」駅から徒歩 7分
「新宿」駅から西口を出て徒歩 10分
「西武新宿」駅から北口を出て徒歩 5分
「新宿西口」駅からD5出口を出て徒歩 6分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

日本電子専門学校(専修学校/東京)