• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本理工情報専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 情報システム科

大阪府認可/専修学校/大阪

ニホンリコウジョウホウセンモンガッコウ

情報システム科

募集人数:
30人 (昼間2年制)

ネットワークインフラ構築、クラウドシステム、気象予報士など、これからの時代に即したスペシャリストを目指せる!

学べる学問
  • 社会学

    あらゆる社会現象を科学的に分析する

    社会と人間をテーマに社会現象を多面的に研究。研究対象は個人から国家レベルまで。扱う領域も、社会階級、環境問題、いじめなど幅広い。

  • 情報学

    情報化が社会に与える影響などを科学的手法で分析する

    社会における情報の仕組みや流れ、ありようなどを、実習、演習、フィールドワークを駆使して明らかにし、人間や社会を探究する学問。情報の作られ方、収穫、伝達、利用法、システム構築など情報に関するすべてを対象に学ぶ。

  • コミュニケーション学

    人と人との関係性を、コミュニケーションという切り口で研究する

    現代社会のコミュニケ―ションをさまざまな角度から考える学問。異文化理解・国際交流・情報発信に欠かせない多用なコミュニケーション様式を研究する。

  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 数学

    数字という世界共通の言語を使って、数、量、図形などの性質や関係を研究

    数学は、理工系の全ての学問の基本であり、コンピュータ、機械全般、医療、経済などの根底を支える学問。講義や演習を通して数が持つ理論と可能性を幅広く学ぶ。

  • 地球・宇宙科学

    理論と観測を通して宇宙の成り立ちや現象を解明する

    誕生から45億年と言われている地球についてあらゆる角度から研究したり、宇宙そのものを対象として実験や観測を通してその謎を解明したりする。また、宇宙ステーションやロケットの研究など工学的な研究をする。

  • システム・制御工学

    さまざまな科学技術を制御し、管理する技術について研究する

    さまざまな分野の工学や科学技術を対象に、実験・実習を通してそれらを統合し管理する方法を学び、生産システムや企業の経営システムなどのあらゆる場面で応用していく。

  • 情報工学

    コンピュータ・ソフトウェアの理論や技術を身につける

    効率的な情報処理を行うコンピュータの開発をめざす。コンピュータ自体やソフトウエアの基礎から、高度な情報処理技術について学んでいく。

目指せる仕事
  • 国家公務員

    国の施策に基づいて社会全体に貢献

    各省庁やその出先機関に勤め、国防・公安・徴税から農・工・商業の指導監督、国民医療や社会福祉の充実など、国の施策を実行して、国民生活の向上を図るのが仕事だ。

  • 地方公務員

    地域住民の利益のために働く

    各都道府県の市・区役所などで働く一般職員、学校で働く教育職員、警察で働く警察官などからなり、地域住民に密着した場所で福祉や利益、安全のために働く。

  • ニュースキャスター

    ニュースを自分の言葉でわかりやすく伝える

    ただ原稿を読み上げるだけではなく、現場に取材に行ったり、ネタを選択したり、アナウンス原稿を自ら作る場合もある。適切なコメントを要求されることもあり、文章力や行動力とともにパーソナリティとしての個性も必要。

  • レポーター

    現場で自分の見たものをどう伝えるかが勝負

    芸能、スポーツ、ニュースなど、さまざまなジャンルがある。限られた時間の中で、いかにわかりやすく自分の言葉で伝えられるかがポイント。常に取材対象に興味を持ち続けることが大切で、視聴者の共感を得られるような親しみやすさも欠かせない。

  • プログラマー

    コンピュータを動かすプログラムの開発・作成

    コンピュータにどんな仕事をさせるか、SEの書いた仕様書を見ながら、フローチャートをつくりそれをコンピュータ言語に翻訳し、それが正しく稼動するかどうかをチェックする。コンピュータは、たったひとつのミスでも稼動できないため、想定されるあらゆるケースの元でテストを何度も行うため、根気のいる仕事。

  • システムエンジニア(SE)

    効率的なシステムを考え、設計する

    ユーザーの目的にかなったコンピュータのシステムを設計する仕事。システム開発に必要な情報を分析する技術力はもちろんのこと、柔軟な思考力、想像力が必要とされる。システムを設計するのが仕事になるので、コンピュータの知識だけでなく、システム化する物に関する知識が必要になる。

  • システムアドミニストレータ

    情報処理の利用・導入の推進者

    情報の利用者として、業務の改善や情報の利活用を促進するための企画を立て、必要に応じて他部門との調整など、システム部門と協力しながら情報化の推進を行う仕事。複数の業務をマネジメントし、能動的に業務改革や改善を行う重要な役どころ。

  • ネットワーク技術者

    コンピュータ間のネットワーク構築

    顧客の要望を聞き、それにあったネットワークを考え、コンピュータ間をつなぐ、全体のシステム設計を構築するエンジニア。コンピュータ・ネットワークの将来構想は深まるばかりなので、注目度の高い仕事だ。ハードウェアや電気通信、コンピュータのシステム体系などに精通した知識が必要。

  • セキュリティ技術者

    不法なアクセスや破壊行為から情報を守る

    企業などのネットワークを管理する部門や、専門のセキュリティ会社のスペシャリストとして顧客名簿や機密資料など企業の大切な情報を守る。外部から違法アクセスされるようなセキュリティの欠陥を作らないよう、ネットワークを管理・監視する。

  • 気象予報士

    天気予報のスペシャリスト。TVのお天気番組でも活躍

    気象庁から提供される数値予報結果や、ひまわり、レーダー、アメダスなどの観測データなどをもとに、天気の予想を行う。天気によって、仕事や商品の販売状況にも影響がでるので、正確に予想できる人材が求められている。最近では、テレビの天気予報番組でもアナウンサーではなく、気象予報士が出演して天気の解説をするなど、認知度も上がってきている。

初年度納入金:2017年度納入金 127万円  (奨学金制度で初年度最大57万円免除。教材費などが別途必要です。)
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

目指す進路に合わせた2つのコース!
ネットワークシステムコースでは、ネットワークインフラの構築技術やLinuxを使ったWebサーバの構築、そしてサーバ上で動作するWebアプリケーションの開発手法を学びます。気象予報士コースでは、情報処理技術と気象予報士資格取得の学習をし、気象観測装置を使って気象情報システムの開発手法を学ぶ。

資格

基本情報技術者試験、各ベンダー資格、気象予報士の資格取得を目指す!
国家資格の基本情報技術者、気象予報士、世界標準のITスペシャリストの資格である各ベンダー資格の対策が授業に組み込まれており、資格取得しやすい環境になっている。気象予報士資格の実技試験に対応できるように気象観測演習や実習を行っている。

クチコミ

最新の情報処理技術を身に付けた気象予報士なら、新たなビジネスチャンスを作り出せる
航空や船舶による貨物輸送や建築現場には天気予報は不可欠。小売業では、気温が1度上がるだけで、商品の売れ行きに影響を与える。気象データは膨大であり、コンピュータシステムを利用しないと処理できません。情報処理技術を身に付けた気象予報士なら新しいビジネスへの可能性は計り知れない。

設立の背景

データを基に予報を行うだけでなく、ビジネスに直結した天気予報が求められている
1993年の気象業務法改正に伴い誕生した国家資格、気象予報士。現在、鉄道や物流をはじめ、金融業界で注目の「天候デリバティブ」など幅広い業界で、その専門知識が求められている。気象関連の知識に加え、最新のコンピュータ知識を兼ね備えた、時代のニーズに応える気象予報士を養成する。

研修制度

在学中からプロの職場で実践教育。本当に通用する技術を得る
実社会で活躍し業績を上げている企業と本校が協力する産学提携・インターンシップの研修を通して技術を習得すると同時に、仕事をする上で必要なマナーや協調性などを実践的に学び、就職への意識付けを行い、就職に結びつける。

編入学

大学に編入してさらに専門知識を広げることができます。卒業後すぐに編入・留学が可能
卒業後は、大学に編入することが可能で気象関係、環境関係について深く学び研究もできる。本校で気象予報士を取得し、大学で教養も含めて深く学ぶことができる。また、編入試験等に必要な勉強を教員がサポートしてくれる。

募集コース・専攻一覧

  • ネットワークシステムコース

  • 気象予報士コース

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

  • 電気通信の工事担任者<国> (基礎科目免除)

目標とする資格

    • 気象予報士<国> 、
    • 基本情報技術者試験<国> 、
    • IT パスポート試験<国> 、
    • 応用情報技術者試験<国>

    情報セキュリティマネジメント試験<国>
    オラクルマスター
    Java 認定資格
    シスコ技術者認定
    LPIC認定資格 ほか

就職率・卒業後の進路 

※ 想定される活躍分野・業界

ネットワーク系、Webシステム系、管理系、モバイル系、クラウド系、気象予報観測業務系、分析システム系

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒533-0015 大阪市東淀川区大隅1-1-25
入学事務局 tel:06-6329-6553(代)
info@kamei.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
大阪府大阪市東淀川区大隅1-1-25 阪急京都線「上新庄」駅下車、徒歩 8分
地下鉄今里筋線「だいどう豊里」駅下車、徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

日本理工情報専門学校(専修学校/大阪)