• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 文化学院

東京都認可/専修学校/東京

文化学院

ブンカガクイン

画家/陶芸家/イラストレーター/絵本作家/ライター/小説家/編集・出版関係のプロ育成!

1921年に創立した芸術の学校です。講師には各分野で活躍中の著名人がたくさんいます。そのような講師と触れ合いながら、画家/陶芸家/イラストレーター/絵本作家/ライター/小説家/編集・出版関係のプロを目指します。

文化学院の特長

学校の特長1

少人数制のメリットを活かし、一人ひとりの個性にあわせた指導がモットー

人は誰もがそれぞれの個性を持っています。個性と個性は時にはぶつかり合うこともあるでしょう。しかし、そこから生まれる真の友情や発見は、「生涯の宝」とも言える逞しい人間力を生み出します。少人数だからこそ、講師も、学生同士も本気で付き合うことができます。各コースともに、少人数制のメリットを活かし、現役で活躍するプロの講師陣が、一人ひとりの個性にあわせた指導を行いプロへと導きます。

学校の特長2

長い歴史に支えられた芸術教育は、各分野の一流講師陣が担当

創立から90年以上経つ歴史のある文化学院の授業は、当初から各分野の一流講師陣が担当しています。菊池寛、山田耕筰、北原白秋、川端康成、芥川龍之介、高浜虚子、遠藤周作、棟方志功などが教鞭を執りました。現在は、Eテレでドラマ化された短歌集『念力家族』の作者で歌人の笹公人先生(文化学院卒業生)、小説『東京プリズン』の著者でエッセーや評論で日本の現代史にも肉薄する作家の赤坂真理先生をはじめ、詩人、編集者、イラストレーター、画家、陶芸作家らが講師をつとめ、現役で活躍するプロから身近な距離で学ぶことができます。

学校の特長3

学内外問わずに、他者の作品群に触れることで感性を育成

美術コースでは、頻繁に美術館やギャラリーにおもむき作家の表現と想いに触れ、油絵具工場でのワークショップや和紙漉き体験などの校外学習でさまざまな作品や素材に出会いに行くことを行います。文芸コースでは、文学史、現代詩、世界文学などの講義で古今東西の作品を読み込み、演劇や古典芸能の技法なども学びます。そして何より、さまざまなスタイルの文章を執筆し、個々の技量に合わせた指導を行います。また、小説やシナリオなどのフィクションだけでなく、インタビューや取材活動など実践的な演習も行います。アトリエや教室を飛び出して、創作の源となる感性を育む活動は日々の学びの中に多数取り入れられています。

学校の特長1

少人数制のメリットを活かし、一人ひとりの個性にあわせた指導がモットー

人は誰もがそれぞれの個性を持っています。個性と個性は時にはぶつかり合うこともあるでしょう。しかし、そこから生まれる真の友情や発見は、「生涯の宝」とも言える逞しい人間力を生み出します。少人数だからこそ、講師も、学生同士も本気で付き合うことができます。各コースともに、少人数制のメリットを活かし、現役で活躍するプロの講師陣が、一人ひとりの個性にあわせた指導を行いプロへと導きます。

学校の特長2

長い歴史に支えられた芸術教育は、各分野の一流講師陣が担当

創立から90年以上経つ歴史のある文化学院の授業は、当初から各分野の一流講師陣が担当しています。菊池寛、山田耕筰、北原白秋、川端康成、芥川龍之介、高浜虚子、遠藤周作、棟方志功などが教鞭を執りました。現在は、Eテレでドラマ化された短歌集『念力家族』の作者で歌人の笹公人先生(文化学院卒業生)、小説『東京プリズン』の著者でエッセーや評論で日本の現代史にも肉薄する作家の赤坂真理先生をはじめ、詩人、編集者、イラストレーター、画家、陶芸作家らが講師をつとめ、現役で活躍するプロから身近な距離で学ぶことができます。

学校の特長3

学内外問わずに、他者の作品群に触れることで感性を育成

美術コースでは、頻繁に美術館やギャラリーにおもむき作家の表現と想いに触れ、油絵具工場でのワークショップや和紙漉き体験などの校外学習でさまざまな作品や素材に出会いに行くことを行います。文芸コースでは、文学史、現代詩、世界文学などの講義で古今東西の作品を読み込み、演劇や古典芸能の技法なども学びます。そして何より、さまざまなスタイルの文章を執筆し、個々の技量に合わせた指導を行います。また、小説やシナリオなどのフィクションだけでなく、インタビューや取材活動など実践的な演習も行います。アトリエや教室を飛び出して、創作の源となる感性を育む活動は日々の学びの中に多数取り入れられています。

学校の特長1

少人数制のメリットを活かし、一人ひとりの個性にあわせた指導がモットー

人は誰もがそれぞれの個性を持っています。個性と個性は時にはぶつかり合うこともあるでしょう。しかし、そこから生まれる真の友情や発見は、「生涯の宝」とも言える逞しい人間力を生み出します。少人数だからこそ、講師も、学生同士も本気で付き合うことができます。各コースともに、少人数制のメリットを活かし、現役で活躍するプロの講師陣が、一人ひとりの個性にあわせた指導を行いプロへと導きます。

学校の特長2

長い歴史に支えられた芸術教育は、各分野の一流講師陣が担当

創立から90年以上経つ歴史のある文化学院の授業は、当初から各分野の一流講師陣が担当しています。菊池寛、山田耕筰、北原白秋、川端康成、芥川龍之介、高浜虚子、遠藤周作、棟方志功などが教鞭を執りました。現在は、Eテレでドラマ化された短歌集『念力家族』の作者で歌人の笹公人先生(文化学院卒業生)、小説『東京プリズン』の著者でエッセーや評論で日本の現代史にも肉薄する作家の赤坂真理先生をはじめ、詩人、編集者、イラストレーター、画家、陶芸作家らが講師をつとめ、現役で活躍するプロから身近な距離で学ぶことができます。

学校の特長3

学内外問わずに、他者の作品群に触れることで感性を育成

美術コースでは、頻繁に美術館やギャラリーにおもむき作家の表現と想いに触れ、油絵具工場でのワークショップや和紙漉き体験などの校外学習でさまざまな作品や素材に出会いに行くことを行います。文芸コースでは、文学史、現代詩、世界文学などの講義で古今東西の作品を読み込み、演劇や古典芸能の技法なども学びます。そして何より、さまざまなスタイルの文章を執筆し、個々の技量に合わせた指導を行います。また、小説やシナリオなどのフィクションだけでなく、インタビューや取材活動など実践的な演習も行います。アトリエや教室を飛び出して、創作の源となる感性を育む活動は日々の学びの中に多数取り入れられています。

文化学院からのメッセージ

★卒業修了制作展★
絵画・陶芸・文芸作品の展示発表
学びの集大成をご覧ください

2月18日(土)~24日(金)10時~17時
文化学院 A館
入場無料

18日(土)と19日(日)は温かい飲み物のご提供と、小さなクラフト作品を展示販売する予定です。

(2/1更新)

文化学院の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

<2017年度納入金> 美術コース 133万5000円、文芸コース 132万円

問い合わせ先・所在地・アクセス

入学相談室

〒130-0026 東京都墨田区両国2-18-5
TEL:0120-75-1921 (フリーダイヤル)

所在地 アクセス 地図・路線案内
文化学院 : 東京都墨田区両国2-18-5 JR「両国」駅西口 徒歩2分
都営大江戸線「両国」駅A4出口より徒歩5分

地図

 

路線案内

文化学院(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ