• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 文化服装学院
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 小野寺 絵美さん(ファッション流通科(2年制) リテールプランニングコース(2年制)/ファッション店員・店長)

東京都認可/専修学校/東京

文化服装学院

ブンカフクソウガクイン

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

ファッション店員・店長  として働く  小野寺 絵美さん  にインタビュー!

  • 美容・ファッション業界
  • 販売職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

お客様と一緒に楽しく過ごす時間を大切に接客しています

この仕事の魅力・やりがい

私が販売を目指した理由はお客様と一番近くで接して、服を選ぶお手伝いをしたかったから。お客様に、「あなたに選んでもらって、これ、新しく着ることができました」「こういう柄ものとか着たくないんだけど、おすすめしてくれてよかったです」ということを言っていただけると嬉しいです。お店ではディスプレイを担当しています。この近辺はOLさんが休憩中に来店されるなど、頻繁にいらっしゃるお客様も多いので、いつ来ても新鮮に思ってもらえるよう心掛けています。接客以外でも、キレイなボディーを作れたときはモチベーションが上がります!

ファッション店員・店長として働く小野寺 絵美さん

お客様と楽しい時間を過ごすことを意識しています

ファッション店員・店長として働く小野寺 絵美さん
私の学生時代!

ディスプレイはこまめに変えます

私の学生時代!

学校生活は課題が忙しくて大変だったけど、友達がいつも味方でいてくれて、友達や先生がいなかったら絶対卒業できなかったな、と思います。先生も同じ目線でお話をしてくれて、恋愛の話とかも聴いてくれたり。先生にごはん食べに行こうよ、と誘ったり。みんなとても仲が良かったです。授業で印象に残っているのは販売実務。学校にあるSHOP501、というシミュレーションショップを使い、ショップ店員とお客様役のロープレをしました。友達が怒ったお客様を演じてくれて、クレーム対応の練習をしたのはとても勉強になりました。他にも素材に関してお店で聞かれることが多いので素材や商品の特徴を、細かく学校で習ったことが役に立っています。

これからかなえたい夢・目標

洋服に合わせたグッズのレイアウトにも気を使います

これからかなえたい夢・目標

ゆくゆくはプレスのお仕事をしてみたいです。最近、プレスルームに行く機会があり、プレスの方のお話を聞くと、商品の貸し出しとか、この商品を売りたいからこういう見せ方をする、みたいな話をされていて、楽しそうだな、と思いました。今の一番の目標は販売員として一人前になること。レイアウトとか、一人でなんでもできるようになりたいです。入社したときの店長が知識も多く、お客様との会話も上手で、お客様が何に悩んでいる、とか何を気にしている、ということに気づける方だったので、びっくりしました。お客様がお店に来ることで楽しい時間を過ごせるような販売員になりたいです。

プロフィール

小野寺 絵美さん のプロフィール

株式会社フレームワークス Spick and Span 新丸の内店勤務/ファッションビジネス科(現 ファッション流通科 リテールプランニングコース)/2008年3月卒/高校2年生の時、文化服装学院の文化祭に遊びに行き、学生でこんなショーが作れるってすごい!と思い入学を決意。その後、ファッションビジネス科にてデザイン、服作り、ファッションマーチャンダイジング、素材論、など様々な知識を身につける。SHOP501でのロープレの授業は実際の現場でも非常に役立っているそう。(2010年2月時点の取材内容です)

この先輩が卒業したのは…

文化服装学院 ファッション流通科(2年制) リテールプランニングコース(2年制)

学校イメージ

ファッション流通科リテールプランニングコースは、いまファッション業界が求めている市場・消費者と製造部門を結ぶファッション専門知識をそなえた営業や販売部門のプロを育成します。時代や市場動向を予測する能力や的確な商品価値判断能力、そしてビジネスのノウハウ、これらを踏まえた品揃え計画や商品企画、販売戦略まで構築できるプロフェッショナルを専門カリキュラムで目指します。また、小売店舗の出店計画から仕入れ、販売・計数管理など営業面の具体的な実務についても実習をまじえて習得します。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
文化服装学院(専修学校/東京)