• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 名古屋ビジュアルアーツ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 音響学科
  • レコーディング専攻

愛知県認可/専修学校/愛知

ナゴヤビジュアルアーツ

レコーディング専攻

レコーディング、音楽・放送業界で活躍する音の専門家を目指す!

学べる学問
  • 舞台・演劇学

    演劇における表現方法を、理論と実技の両面から研究する

    舞台・演劇文化の理論と歴史をふまえ、創造的な表現を生み出す方法、技術を研究する学問。演技や歌唱、舞踏などの表現方法のほか、演出、衣装、脚本、効果などについても学ぶ。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 音楽プロデューサー

    歌手や演奏家の力を引き出す

    歌手、タレントの発掘をはじめ、音楽の方向づけやテーマを決めて作詞・作曲家の選定、売り出し方にいたるまでを総合的に担当する。最近では、ミュージシャンが自ら、他の人をプロデュースするケースも多く、ヒット曲を生み出している。

  • 編曲家

    アレンジの仕方によって曲が生きる

    同じ曲でもアレンジの仕方によってイメージがかなり変わるものだ。作曲家が編曲までを手がける場合も多いが、どんな楽器を使い、各パートごとにどんな演奏をするのかを考えるのは、編曲者(アレンジャー)の仕事となる。

  • サウンドプログラマー

    デジタルミュージックのデータをコンピュータに打ち込む

    マルチメディアに関わるさまざまなデジタルサウンドをつくり出し、演奏データをコンピュータに打ち込むのが仕事。コンピュータ上で曲を作る機会が多い現在の状況では、なくてはならない存在である。

  • マニピュレーター

    求められるデジタルサウンドをつくり出す

    シンセサイザーやデジタルサンプラーを駆使してサウンドをつくり、コンピュータに音を打ち込んでいくのが仕事。音楽の素養が不可欠なので、ミュージシャンやアレンジャーがこの職種を兼ねている例も多い。デジタル音楽隆盛で需要は増加傾向。

  • ミキサー

    音を生み出すエンジニア

    レコーディングスタジオやコンサート会場などで楽器の音やアーティストの声をミックスするエンジニア。コンサートミキサーはPAとも呼ばれる。音響機器を操作して、音質や音量を調節するほか、スピーカーなどの機材のセッティングも仕事。知識や技術だけでなく、感性と理解力も重要。

  • PAエンジニア

    イベント会場での音響担当

    コンサート会場(客席)の真中で音響機材を操る。イベントの規模や内容によって、それに適するスピーカーの大きさや種類、マイクの本数が変わる。そこで適切な機材を選び、セッティング、イベント中の音量・音響の調整・管理をする。微妙な音の調整や臨機応変に対応できるミキシング技術が求められる。

  • レコーディングエンジニア

    CD制作の音の演出家

    昔は歌とオーケストラによる生伴奏の同時録音をしていたが、現在ではボーカルや楽器の種類別に録音作業をする。そこでその音を聞きながら別の楽器を入れたり、録り直すといった技術を担当する仕事。録音終了後のミックスダウンや音量やトーンの調整など専門技術が要求される。

  • MA(マルチオーディオ)ミキサー

    映像と一体化した音づくりを演出

    MA(マルチオーディオ)ミキサーとは、映像と音楽が一体化した作品の中で、音をメインに扱うスペシャリストのこと。扱うものはテレビ番組からCM、ビデオ作品までさまざま。作業はコンピュータのハードディスクに音を取り込んだ後、映像に合わせた選曲をし、その映像と音をミキシングマシーンで微調整する。

初年度納入金:2018年度納入金 132万4000円  (昼間部)、55万4000円(夜間部)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

レコーディングのプロ、出来上がった映像に音を入れていくMAを目指す
レコーディングのプロを目指す「レコーディングエンジニアコース」、テレビ番組や映画等の映像に音を入れるMAを目指す「MAエンジニアコース」を設置。1年次にPA実習、照明実習等、音響に関わる全てを学び、2年次はレコーディングエンジニア、MAエンジニアそれぞれに必要とされる専門的な力を習得します。

カリキュラム

2年間でイベント60回以上!カリキュラムの8割が実習!実践授業で即戦力を身につける
企画、運営、スポンサー探し、交渉等、全てを学生が行う卒業制作、他学科とのコラボ授業、コラボイベントなど2年間で60回以上のイベントを制作。また、1万人以上の観客が来場する大型野外フェスに、音響学科の学生がイベントスタッフとして参加するなど、在学中に現場経験を積むことで、さらにプロへの道が近づきます。

卒業後

全国に広がる17校の姉妹校ネットワークを利用して世界へと羽ばたく
就職の専門機関であるキャリアサポートセンターをはじめ、全国に広がる17校の姉妹校ネットワーク、業界直結の講師陣等、様々なバックアップの体制に支えられた就職環境です。求人は全国各地から集まり、東京から企業を招いての学内企業説明会を開催。ここで内定を得る学生も。卒業後も15年間、就職・転職をサポートします。

資格

就職に役立つ様々な資格試験を学校で受けられる、日本音楽スタジオ協会(JAPRS)認定校
サウンドレコーディング技術認定試験/Pro Tools技術認定試験/Pro Tools110検定/映像音響処理技術者資格認定試験は音楽業界の就職に有利。本校はJAPRS(日本音楽スタジオ協会)・AVID・日本照明家協会会員校で各試験をいつもの教室で受験できる他、2017年度から国家資格である舞台機構調整技能士の対策授業をスタートします。

施設・設備

プロと同じ環境で学んでこそ専門力に自信が持てる。授業後は夜9時まで学生に向けて開放
ミキシングコンソール「SSL9000」や「NEVE」をはじめとする、プロの現場で実際に使用されている機材・設備を完備。授業時だけでなく、学生の自主的な制作活動でも利用できるように、土曜日と平日授業後、夜9時まで貸し出しを行っています。これらの現場と同じ機材・設備を使った実習を通して、実践力を習得します。

イベント

エンターテイメントの総合校の強みを活かしたコラボイベントがいっぱい!
全学科が力を合わせて行うコラボイベントを年間に何度も行います。他学科と一緒に作品をつくり上げる2泊3日のトレーニングキャンプ、2日間にわたって行われる学校祭、700人以上の収容人数を持つ大ホールでのArts Sonicなど一から全てを学生の手でつくるから、現場で通用する実践力が身につきます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 映像音響処理技術者資格認定試験 、
    • サウンドレコーディング技術認定試験 (JAPRS認定) 、
    • Pro Tools技術認定試験 (JAPRS認定) 、
    • Excel(R)表計算処理技能認定試験 、
    • Word文書処理技能認定試験

    Pro Tools110検定
    舞台機構調整技能士

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (株)東海サウンド 、 (株)綜合舞台サービス 、 四季(株) 、 (株)マーベル 、 (株)三光 ほか

※ 内定先一覧

2017年3月卒業予定者実績/2017年2月現在/音響学科全体

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒460-0008 名古屋市中区栄5-11-11
入学相談室 0120-7575-48
go@n-visual.net

所在地 アクセス 地図・路線案内
名古屋ビジュアルアーツ 5号館 : 愛知県名古屋市中区栄5-11-11 5号館 「栄(愛知県)」駅から徒歩 10分 ※13番出口を出て南へまっすぐ4筋目を左折し、信号2つ目を右折150m先
「矢場町(愛知県)」駅の1番出口から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

名古屋ビジュアルアーツ(専修学校/愛知)