• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 名古屋ビジュアルアーツ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 写真学科
  • 写真映像専攻

愛知県認可/専修学校/愛知

ナゴヤビジュアルアーツ

写真映像専攻

写真のスキルに加え、業界が求める映像の技能も身につけ、写真・映像で見る人を幸せにする!

学べる学問
  • マスコミ学

    マスメディアの歴史やしくみ、影響力などについて研究する

    放送・広告・新聞・雑誌・インターネット・携帯電話など、あらゆるコミュニケーション・メディアを研究対象とし、その特性などを学ぶ。

  • メディア学

    メディアの機能や役割、それらが人や社会に及ぼす影響を研究する

    活字媒体、テレビ、ビデオ、CATV、インターネットなど多様なメディアの特性、機能、役割を理解し、人間社会への影響や、新しいメディアづくりについて研究する。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 編集者

    本や雑誌の企画・編集から取材まで

    書籍や雑誌などの本づくりのプロフェッショナル。企画を立て、執筆者やカメラマン、デザイナーに仕事を依頼し、それをまとめるのはもちろん、印刷所との折衝など、本が完成するまでの全工程に携わる。

  • 報道カメラマン

    ニュースをいちはやくカメラにおさめる

    事件・事故、政治・経済などのニュースを報道するための写真を撮る。新鮮な情報をいちはやく伝えることが大切なので、事件とあれば昼夜を問わず現場に駆けつける。新聞・出版社の社員や契約社員として働くほか、フリーで独自に取材、撮影するケースもある。

  • カメラマン

    被写体を見る目、構図、センスが重要

    雑誌、単行本、ポスター、その他さまざまな印刷物や展示などのために写真を撮影する仕事。「何をどう撮るか」だけでなく「どう見せるか、伝えるか」といった自分なりの視点が求められる。報道写真、広告写真、営業写真といったジャンルや撮るもの(人物・物・動物・ファッションなど)によって求められる作品も違うので、高度な専門技術が必要。

初年度納入金:2018年度納入金 128万4000円  (昼間部)、55万4000円(夜間部)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

多彩な実習を通して写真と映像の両方のスキルを体得。写真・映像部門のプロを目指す
写真・映像を一から学ぶので初心者も安心。基礎を習得後、より専門的に学び、デジタル編集やスタジオ撮影、ロケーション撮影などすべての実習で撮影・批評を繰り返し実力と自信を身につけていきます。撮り溜めた作品はポートフォリオにまとめ、就職活動の際に役立てます。ポートフォリオの制作はプロがしっかり指導します。

先生

プロへの道をサポートする名古屋ビジュアルアーツの講師陣
講師は業界で活躍する現役のプロ。雑誌や広告写真を手掛けるプロのカメラマンが、現場で通用する「活きた技術」を直接指導。世界的な写真家である森山大道氏、写真評論家の飯沢耕太郎氏、レスリー・キー氏など特別顧問として来校。また、数多くの一流のプロが特別講演会などでプロになるためのアドバイスを与えてくれます。

卒業後

全国に広がる、フォトグラファーとして活躍できるフィールド
全国17校に展開する就職サポートの独立した部署「キャリアサポートセンター」が求人情報を共有、全国各地への就職が可能。東京の大手撮影スタジオから採用担当者を招いて行う「業界EXPO」などを通して、一人ひとりが希望に叶った就職ができるようきめ細かくサポート。卒業後も15年間、就職・転職のサポートが利用できます。

施設・設備

プロと同じ機材、スタジオを使って、卒業後すぐに活躍できる技能を身につける
プロも使用する一眼レフカメラ(カメラ群50台、レンズ80本)、中型カメラ20台、大型カメラ15台など豊富な機材と、現場と同じ撮影スタジオ、Macルームを揃えています。スタジオや機材は、授業後も自由に使用でき、平日は21時までOK。また、機材は、作品制作のために一定期間、無料でレンタル可能です。

イベント

全国に誇る、独自の写真コンペ “ビジュアルアーツフォトアワード”。NVA卒業生が大賞を受賞!
優れた作品を写真集の形で後世に残すことを目的に全国のビジュアルアーツ4校が共同で創設。審査は、森山大道氏、飯沢耕太郎氏、上田義彦氏、瀬戸正人氏、百々俊二氏。卒業生の鶴崎 燃さんが2015年の大賞を受賞!また、日本広告写真家協会APAアワード2014写真作品部門で田部仁美さんが文部科学大臣賞を受賞!
エンターテイメントの総合校の強みを活かしたコラボイベントがいっぱい!
全学科が力を合わせて行うコラボイベントを年間に何度も行います。他学科と一緒に作品をつくり上げる2泊3日のトレーニングキャンプ、2日間にわたって行われる学校祭、700人以上の収容人数を持つ大ホールでのArts Sonicなど一から全てを学生の手でつくるから、現場で通用する実践力が身につきます。
学校概要

業界デビューのチャンス多数!入学前から始める早期学習でワンランク上の世界を目指す

声優/俳優/タレント/ダンサー/ミュージシャン/サウンドクリエイター/音響/コンサートスタッフ/照明/TV番組制作/映画/写真/カメラマン…「信頼と実績」の指導を行うNVAがあなたの業界デビュー後の活躍まで導きます!

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    (有)六本木スタジオ 、 (株)博報堂プロダクツ 、 (株)タナベフォート企画 、 (株)ベルクリエイト 、 光映写真館 ほか

※ 内定先一覧

2017年3月卒業予定者実績/2017年2月現在/写真学科全体

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒460-0008 名古屋市中区栄5-11-11
入学相談室 0120-7575-48
go@n-visual.net

所在地 アクセス 地図・路線案内
名古屋ビジュアルアーツ 5号館 : 愛知県名古屋市中区栄5-11-11 5号館 「栄(愛知県)」駅から徒歩 10分 ※13番出口を出て南へまっすぐ4筋目を左折し、信号2つ目を右折150m先
「矢場町(愛知県)」駅の1番出口から徒歩 5分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

名古屋ビジュアルアーツ(専修学校/愛知)