• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 名古屋ファッション専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • ファッション造形科

愛知県認可/専修学校/愛知

ナゴヤファッションセンモンガッコウ

ファッション造形科

募集人数:
30人 (定員になり次第締切ります。)

洋服大好き! モノづくり大好き! そんな人は技術とセンスと情報力を短期間で習得しよう!

学べる学問
  • 服飾・被服学

    快適な衣服や、服飾に関する理論と技術を研究する

    快適な衣服とそれに付随する服飾に関する理論と製作について、素材、テキスタイル、デザイン、製造まで幅広く研究する。流通や販売も研究テーマとなる。

目指せる仕事
  • 雑貨デザイナー

    文具や食器など生活雑貨をデザイン

    生活雑貨を中心に、形や素材などトータル的にデザインしていく。このところ雑貨人気もあり、デパートなどでも雑貨コーナーを、新設・拡大する傾向にあるようだ。使いやすく、しかも見た目も洗練されたレベルの高いデザイナーが求められる。

  • 帽子デザイナー

    デザインだけでなく制作まで手がける人も多い

    帽子の形や色、素材を含め、全体のデザインをするのが仕事。アトリエなどの帽子作家には、制作まで手がける人も多い。デザイン力はもちろん、素材の扱いや型起こしには熟練した技術とセンスが必要だ。

  • パタンナー

    型紙起こしから納品チェックまで

    デザイナーのデザイン画を基に、型紙に起こして立体化し、そのほか生地やボタンのサイズ指定、納品チェックなども行う仕事。専門的な技術、知識が必要な仕事で、人手不足気味。最近ではパターンメイキングはCADを使って行われるケースが多く、コンピュータの操作能力も求められるようになってきた。

  • テキスタイルデザイナー

    糸、染色、生地など素材づくりをする

    生地の織や、染のパターンをデザインする。言いかえれば、洋服やスカーフからじゅうたん、カーテンなどのインテリアまで用途はさまざまだが、それらに使われる素材をつくる仕事だ。現場は糸の考案、プリント染色デザイン、生地デザインとパートがいくつかに分かれている。

  • ソーイングスタッフ

    コレクションやサンプルまで縫製のスペシャリスト

    洋服や小物など、布地の縫製を専門に行う。技術力によっては、洋服襟、袖などのパーツ縫いを担当したり、コレクションや展示会へ出品するサンプル縫いを担当するなど、仕事内容をステップアップしていくことができる。縫製技術に加え、細やかさも必要。

  • ファッションデザイナー

    服だけではなくトータルデザインも

    春と秋に行われるファッション業界の発表会に備えて、デザイナーが企画・準備に入るのは半年から1年前。大きくはオートクチュールデザイナーと企業内デザイナーとに分かれる。つねに時代の先を読む感性が要求される。

  • ファッションプレス

    商品や自社イメージを宣伝する

    商品や企業イメージをPRするアパレルメーカーの宣伝広報担当者。雑誌撮影やテレビ番組への商品の貸し出し、マスコミ取材への対応、広告印刷物の制作などが代表的な仕事だ。商品のPR効果を見極めたり、企画内容や掲載状況をチェックしたりと仕事内容は幅広い。

  • ファッションショープランナー

    ファッションショーの演出方法や構成を決める

    ファッションショーの企画を担当。まず出品予定の衣装や主催者の意向などを参考に、イメージを膨らませ、ショーのコンセプトを決める。それに基づき、会場レイアウト・音響・照明・特殊効果などの演出プランを練り、進行を管理する。

  • ファッションコーディネーター

    シーズンごとにショップの方針を決定

    アパレルメーカーのショップ担当者、小売店経営者としてシーズンごとの営業戦略を立てる。どんな服をどれだけ仕入れるのか、そのコンセプトは何か、どうやって売るかなどを企画し、担当のバイヤーに仕入れの方針を提案したり、時には自ら買い付ける。

  • ファッション店員・店長

    洋服店を訪れるお客さまにセンスを生かして最適なファッションや商品を提案

    アパレルメーカー直営店やセレクトショップなどの洋服店で、店舗を訪れたお客さまに洋服を販売する仕事。店員は、商品のディスプレイや管理、接客、会計などを担当する。お客さまの好みやスタイルに応じて、似合う洋服を提案するのも大切な役割。そのため、店舗で扱う商品はもちろん、ファッションの流行や色・素材に関する専門的な知識が求められる。店長は、スタッフの採用や接客の指導、仕入れや売り上げの管理、販売促進のための企画などを担う。店員からステップアップするのが一般的だ。

初年度納入金:2018年度納入金 103万円  (研修費4万5000円、学生会費4000円、ボディ使用料2000円、教科書・教材代は別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

【デザイン】デザインの確かな技術を基礎からじっくり習得
デザイナーは、シーズンごとに新たなファッションのイメージ、素材、デザインを発想し、それを表現するためのデザイン画やマップ制作を行い商品を企画します。そのため、デッサンやスタイル画、色彩造形、素材の知識、パターンメーキング&ソーイングなど幅広く学習。デザインの確かな技術を基礎からじっくり習得します
【パターン】衣服の基本構造、人体工学、素材、縫製などを考えたパターンメーキングを学習
パタンナーは、デザイナーのデザイン画をもとにパターン(型紙)作りを行う技術職。人体工学を考えた衣服の基本構造を平面パターンとドレーピングから学び、さまざまなデザインバリエーションに対応した展開法、素材と縫製を考え合わせたパターン修正法などを習得

授業

【デザイン】商品プランニングの授業では、街を歩いて集めた情報から「売れる」服を企画!
デザイナーに必要なのは、テクニックやセンスはもちろん、今何が求められているかを受信するアンテナを研ぎすませること。「商品プランニング」の授業では、街角や雑誌の情報をもとに企画立案し、イメージ出し、アイテムデザイン・ウェアリング提案をします。企画書を発表することでプレゼンテーション力も身につけます
【パターン】CADが主流のパターンメーキングを、アパレル企業さながらの最先端システムで習得
業界ではアパレルCADで型紙を起こすのが主流。そのため最先端のアパレルCADをツールとして自由自在に使いこなせるようしっかりトレーニング。デザインに合わせて原型から展開を行い、修正しながら完成パターンへと仕上げていきます。また、ミニチュアパターンやコメントも加えたプレゼンテーション用のCAD、MAPも制作します

実習

学生の作品を販売するコンセプトショップ「nebula」
学生たちが運営する実験店舗「nebula(ネブラ)」は、学生が自分たちで制作した服やアクセサリーを実際に販売することで、在学中に自分自身の力を試すことができる作品発表の場になっています。また、店舗運営やディスプレイによるコーディネート提案、接客などを学ぶ実践的なステージとしても活用されています

イベント

学校をあげてのファッションショーや学外コンペなど、イベントも盛りだくさん!
毎年2月に名古屋・栄のナディアパークで行われるNFファッションフェスティバル(ファッションショー)は、学生全員が参加する進級・卒業作品発表の一大イベント。ほかにも国際コンクールやファッションコンテストなど国内外のコンテストに積極的に参加し、数々の賞に輝いています

募集コース・専攻一覧

  • デザイン・パターンコース

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • パターンメーキング技術検定 、
    • ファッションビジネス能力検定 、
    • ファッション販売能力検定

    パーソナルカラリスト検定
    フォーマルスペシャリスト検定(準2級)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    アンビデックス 、 上野商会 、 イワサキ 、 キャン 、 ジーユー 、 ソラオブトーキョー 、 東京スタイル 、 丸澤屋 、 丸福商店コスモス 、 ミニストリー ほか

※ 2016年3月卒業生実績

※ファッション系の大学へ進学する学生もいます。

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒460-0007 名古屋市中区新栄1-9-6
フリーダイヤル 0120-15-7241 NSCインフォメーションセンター
infonsc@nsc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
NSCカレッジ総合校舎 : 愛知県名古屋市中区新栄1-9-6 地下鉄名城線・東山線「栄(愛知県)」駅12番出口から東へ徒歩 8分
地下鉄東山線「新栄町(愛知県)」駅1番出口から西へ徒歩 5分
地下鉄桜通線「高岳(愛知県)」駅4番出口から南へ徒歩 8分

地図

 

路線案内


名古屋ファッション専門学校(専修学校/愛知)