• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 名古屋工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 日比野 志奈さん(ゲームCG学科/CGデザイナー)

愛知県認可/専修学校/愛知

ナゴヤコウガクインセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

CGデザイナー  として働く  日比野 志奈さん  にインタビュー!

  • IT・コンピュータ業界
  • クリエイティブ職
  • モノを作るのが好き
インタビュー

好きなアニメ映像の仕事で夢を実現。良い作品ができた時の達成感はひとしお!

この仕事の魅力・やりがい

遊技台の画面に映し出されるCG映像をデザインしています。最近ではアニメを扱うものも増え、現在、私はアニメに関する発注業務を担当。絵コンテの作成やアニメ会社との打ち合わせ、工程管理が主な仕事です。元々アニメが好きで、アニメに関する事なら何でもやってみたいと思っていましたから、夢が叶って嬉しいです。きっかけは好きなキャラクターのアニメーションをつくっていたら、上司の目に留まって実際の仕事に!デザインと言っても2Dや映像など様々。自分の武器となるデザイン分野があると仕事に活かされると思います。多くのデザインに触れて、刺激を受けて、自分自身も成長していく中で、より良い作品ができた時の達成感はひとしおです!

CGデザイナーとして働く日比野 志奈さん

大好きなアニメに関わる仕事ができて、毎日が楽しい!

CGデザイナーとして働く日比野 志奈さん
私の学生時代!

納期に間に合うようにスケジュール管理もしっかりと!

私の学生時代!

専門学校時代は、校内のデッサン室や実習室にこもって、ひたすら、自分の作品をつくっていましたね。設備が充実していて、放課後も自由に使用することができたので、作品づくりに没頭することができました。先生も、授業以外でも親身に指導してくれたので心強かったです。また、インターンシップ(実際の会社で仕事を体験)には可能な限り参加し、就職活動の時、自分をアピールするために必要なポートフォリオ(作品集)を早めに作成して、先生やインターンシップ先に見ていただきアドバイスを受けながらつくりました。名古屋工学院専門学校は『やる気』に応えてくれる学校です。卒業後も、学園祭に遊びに行ったり、つながっています。

これからかなえたい夢・目標

わからないことは先輩に聞いて。知識の幅が広がる!

これからかなえたい夢・目標

もっと人脈や経験を積んで、いずれは『プロジェクトリーダー』となり、多くの方に愛される遊技台の映像をデザインしたいです。そして、「このことなら、日比野に聞くと確実だよ。この人がいたら大丈夫。」と思われる人材に成長するのが目標です。そのためにも、自分のスキルアップは欠かせません。日々求められる技術や知識は増えていくので、情報収集やセミナーに参加したり、好きなアニメに関することも吸収しています。最近は、絵コンテの収集にはまっているかな(笑)。また、仕事をする上で人と接することは不可欠なので、コミュニケーション力も必要です。相手の話をきちんと聞いて、自分の考えを伝えられることが大切です。

プロフィール

日比野 志奈さん のプロフィール

サン電子株式会社 勤務/CGクリエイティブ科(2012年4月、ゲームCG学科に名称変更)/2012年3月卒/高校卒業後、名古屋工学院専門学校に入学。「体験入学に2回ほど参加しました。学校の雰囲気や先生の印象が良く、自分に合ってるなと思いここに決めました。」と語る。卒業後、サン電子株式会社に就職。「学生時代に夢中だったゲームアプリをつくっていたのがサン電子でした。社名は知っていたので、学校で行われた会社説明会で見つけて応募しました。」と話す日比野さんは、ゲーム部門から現在の部署へ。「アニメに関わる仕事のおかげで、好きなキャラクターやアニメを描けたり、声優さんに会える機会もあって、楽しいです。」と充実の日々を送っている。

この先輩が卒業したのは…

名古屋工学院専門学校 ゲームCG学科

学校イメージ

各分野で活躍できる技術力の高いグラフィックデザイナーを育成。絵やデザインなどCG制作に必要な技術を基礎から学び、ゲームデザインも学習します。特に、絵の基礎力を養うデッサンは、専用のデッサン室で放課後も個別指導を行っています。プロ仕様のPCを揃えたCG実習室、コンピューターアニメーションやゲームなどに使われている「モーションキャプチャーシステム」の装置も完備。これらの充実設備を使用し、多くの制作活動を通して、実践的に技術を身につけます。また、日本を代表するクリエイターから直接学ぶ講演会やワークショップ(体験型授業)も実施。ゲームやCG作品について、クリエイターから直接、評価・指導を受けることができます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
名古屋工学院専門学校(専修学校/愛知)