• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 名古屋工学院専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 神戸 勇人さん(ゲームCG学科/CGデザイナー)

愛知県認可/専修学校/愛知

ナゴヤコウガクインセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

CGデザイナー  として働く  神戸 勇人さん  にインタビュー!

  • IT・コンピュータ業界
  • ものづくり業界
  • クリエイティブ職
  • 筋道を立てて考えるのが好き
インタビュー

仲間と作る楽しさ、世に出た時の達成感、みんなが喜んでくれる仕事。私の天職です!

この仕事の魅力・やりがい

私の勤める(株)ドラスではゲーム等、デジタルコンテンツの企画・制作を手がけています。初めて作った遊技機の動画が世に出た時、「やったぁ!」と思わずガッツポーズしたいくらい嬉しかったですね!実際に動いているところが見たくて、店に行って確かめてきました(笑)。お客様の楽しそうな姿を見たら、また嬉しくなって、半年かけて作った苦労を思い返しては、一つの仕事をやり終えたと言う達成感に包まれました。その感動を胸に毎日仕事に取り組んでいます。最近はホームページやWebサイトも制作。クライアントと直接打合せをし、画面の設計書作成や作業の依頼、進行管理などプロジェクトのまとめ役として仕事の幅が広がっています。

CGデザイナーとして働く神戸 勇人さん

もっと経験を積んで、みんなが喜ぶものを発信したい!

CGデザイナーとして働く神戸 勇人さん
業界ココだけ話!

プロジェクトのまとめ役として責任あるポストに!

業界ココだけ話!

世の中にまだ出ていない自社のゲームを先行してプレイできるのがいいですね。自分自身もゲームが好きですから先に楽しめるのは特権です。もちろん、ただ遊んでいるわけじゃないですよ。もっと面白いゲームにするために、改善点を見つけて、社内の仲間とアイデアを出し合い、より良いものへ進化させていく。これが重要です。その中で、自分の提案したものが採用されると嬉しいですよね。だから、これからも世の中に評価される、自分の考えたアイデアを出していきたいと思います。「仕事は楽しくやりたい、好きなことを仕事にしたい」と言う自分の想いが叶う今の仕事は天職だと思います。そして、人として、誰からも頼られる存在になりたいですね。

後輩への応援&アドバイス

考えても分からないことはすぐ先輩や同僚に相談。

後輩への応援&アドバイス

誰もが言うことだと思いますが、『コミュニケーションはすごく大事』になってきます。特に、私が担当する仕事では必要不可欠な能力です。クライアントの作りたいものを早く正確に知るために、話をしっかりと聞いて理解することも、デザインやプログラムについこだわり過ぎて進行が遅れないように、クリエイターのみんなに声をかけて調整することも、すべてコミュニケーション力が問われます。また、制作する時は、誰に対して作っているのかを忘れずに、意図を明確に持って作りましょう。ユーザーやクライアントの喜ぶものが一番です。そして、経験がないからと臆病にならず、「一回目は失敗してもいい」と言う気持ちでチャレンジしてください!

プロフィール

神戸 勇人さん のプロフィール

株式会社ドラス  勤務/ゲームCG学科/2014年3月卒/「デザインがしたい」と大学を中退。一から勉強するために、名古屋工学院専門学校に再進学。「元々、絵を描くことに興味があり、デザインも含め基礎から学べる名古屋工学院専門学校に決めました。」と語る。専門学校で学ぶうちに、映像編集ソフトを使って動画を作ることに夢中になる。2年間学んだ後、株式会社ドラスにCGデザイナーとして就職。「自分が気に入っているゲームアプリを作っている会社が『ドラス』でした。それが、学校の会社説明会に参加していて。運命ですね。」と笑顔で話す神戸さんだ。「人とかかわってまとめる仕事も楽しい!」と、新しく任された職務に意欲的に取り組んでいる。

この先輩が卒業したのは…

名古屋工学院専門学校 ゲームCG学科

学校イメージ

各分野で活躍できる技術力の高いグラフィックデザイナーを育成。絵やデザインなどCG制作に必要な技術を基礎から学び、ゲームデザインも学習します。特に、絵の基礎力を養うデッサンは、専用のデッサン室で放課後も個別指導を行っています。プロ仕様のPCを揃えたCG実習室、コンピューターアニメーションやゲームなどに使われている「モーションキャプチャーシステム」の装置も完備。これらの充実設備を使用し、多くの制作活動を通して、実践的に技術を身につけます。また、日本を代表するクリエイターから直接学ぶ講演会やワークショップ(体験型授業)も実施。ゲームやCG作品について、クリエイターから直接、評価・指導を受けることができます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

先輩の仕事について学ぶ
先輩の業界について学ぶ
名古屋工学院専門学校(専修学校/愛知)