• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 京都伝統工芸大学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 伝統工芸学科
  • 工芸コース

京都府認可/専修学校/京都

京都伝統工芸大学校

キョウトデントウコウゲイダイガッコウ

工芸コース

京都でしか学べない最高峰の技を継承し、工芸・ものづくりのプロをめざす!

学べる学問
  • 教養学

    人文科学、社会科学、自然科学を幅広く学び、人間や社会を理解する

    学問の枠にとらわれずに幅広い知識を身につけることで、1つの学問からだけでは見えにくい、人間や社会についての特質や問題点を明らかにする

  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 住居学

    人が住みやすい空間、環境を研究する

    住居に生活面から視点をあて、人がより快適に暮らしやすい住空間を実習、調査、研修などで研究し、その創造をめざす。

目指せる仕事
  • 雑貨デザイナー

    文具や食器など生活雑貨をデザイン

    生活雑貨を中心に、形や素材などトータル的にデザインしていく。このところ雑貨人気もあり、デパートなどでも雑貨コーナーを、新設・拡大する傾向にあるようだ。使いやすく、しかも見た目も洗練されたレベルの高いデザイナーが求められる。

  • 工業デザイナー

    家電など工業製品を機能的で美しくデザイン

    ボールペンから飛行機まで、さまざまな工業製品の形と機能性をデザインする。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適なデザインを決め、模型を作り、改善して最終的なデザインを決定していく。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

  • エクステリアデザイナー

    塀や門など、建物の外観に関わるデザインをする

    塀や門、カーポート、フェンスなど建物の外観に関わる製品のデザインをする。玄関部分などをトータルデザインする場合、イメージから素材までを考えていく。顧客や設計・施工担当者の意向を取り入れながら、具体的な形、素材を決めていく力が必要。

  • 美術教師

    絵画や彫刻などの創作を指導する

    児童・生徒に絵画・彫刻・陶芸などの美術作品の制作を指導する。技術だけでなく、ひとりひとりの個性を尊重し、創作の喜びを伝えるのが目的。また美術館見学や、写生会など、授業以外の行事も中心になって行う。現在は、コンピュータを使ったデザインの授業なども積極的に導入されている。

  • 修復家

    美術品をいかに元の状態に復元させるか

    絵画や彫刻など、年代が古くなったり、何かのアクシデントによって破損したり一部消失した場合に修復する作業を担当するプロ。素材や色などを、いかに元の状態に近づけるか、残っている部分と違和感なく仕上げるのかが腕の見せどころだ。

  • 陶芸家

    土選びから焼成まで

    工場での大量生産品ではなく、土選びから焼成まで、作品の一つずつに責任を持ち仕上げていく。焼き物の種類や手法はさまざまで、各地の窯元で修業する人もいればプロに弟子入りする人も。創作力と得意分野を持つことが大切。

  • 彫金家

    金属から物を創り出す専門家

    金属を使って、アクセサリーや小物などを作る専門家。その金属の特長を生かし、また、色合いなども考えながら、デザインし、自ら制作する場合が多い。自分で販売まで手がける場合もある。

  • 木工工芸家

    木を素材にした伝統工芸をつくる専門家

    木材を使った伝統工芸を作る。高度経済成長期以降の大量生産大量消費により、手作りの工芸品は姿を消しつつあったが、近年その良さが見直され始めている。家内制手工業なので就職先は少なく弟子についた後、独立するパターンが多い。

  • 家具職人

    家具メーカー、家具工房でオーダーメイド家具やオリジナル家具を製作する職人

    イス、テーブル、タンス、ベッドなどの家具を自分の手で製作する職人。家具メーカーや家具工房で、顧客からの注文に応じてオーダーメイドの家具を作ったり、オリジナルの家具を作ったりする。小さな家具工房では、デザインから、設計、材料の選定・加工、組み立てまでを一人の家具職人が行うこともある。独立して自分で家具工房を開くことも可能だ。

初年度納入金:2017年度納入金 121万8000円~131万8000円  (入学金・委託徴収金等含む ※教材費等別途)
年限:2年制(3年制・4年制もあります)

学科の特長

学ぶ内容

世界に誇る日本の伝統工芸の技が学べる11の専攻
経済産業省の支援計画の認定を受けた(一財)京都伝統工芸産業支援センターが連携・支援する日本で唯一の教育機関として、独自のカリキュラムを用意。陶芸、木彫刻、仏像彫刻、木工芸、金属工芸、漆工芸、蒔絵、竹工芸、石彫刻、和紙工芸、京手描友禅の11専攻で、日本が世界に誇る伝統工芸の技を身につけることができます。
実習を重視。経験ゼロから、確かな技と幅広い知識を身につけよう
実習中心の学びによって、ほぼ全員が初心者にもかかわらず、わずかな修学年数の間に確かな工芸スキルが身につく教育システム。デッサンや道具の扱い方など基礎からしっかりと課題を通して技術を習得するとともに、美術・工芸の歴史や修復技術などの幅広い知識も学習します。

先生

伝統工芸界の一流の匠が集結。各分野のスペシャリストを招く「特別講義」も
講師陣には京都が誇る各工芸界の第一人者が名を連ねていて、伝統工芸士や現代の名工、京の名工など一流の技をもつ一流の匠たちから直接指導を受けられるのが、本校の大きな魅力です。さらに各分野の作家や職人など、スペシャリストを招いて話を聞く「特別講義」もあります。

卒業後

職人、修復士、インストラクターとして工房や企業へ就職。作家や大学院進学の道も開ける!
全国の工房や企業に就職し、職人や作家、インストラクターとして活躍することが可能。卒業生は伝統産業の担い手やものづくりのプロとして活躍中です。2年制を卒業後、グループ校「京都美術工芸大学」3年次に編入することも可能(編入試験あり)。また、大学卒業資格を取得し他大学大学院に進学し、教員をめざす人もいます。

資格

「陶芸士」「工芸士」の在学中取得のほか、大学卒業資格が取得可能
すぐれた技術とものづくりに欠かせない多彩な知識を身につけるとともに、その技の証となる「陶芸士」「工芸士」資格の在学中取得をサポート。また、4年制を選択すると大学卒業資格(学士号)が取得可能です。社会が認める技術と豊かな教養が、社会での確かな活躍へと導きます。

制度

フランス・イタリアとの国際交流を実施。広い視野を身につけ、創造の幅を広げる
学生の国際的な取り組みを支援する体制を整えています。本校の母体である二本松学院は、パリの「エコール・ブール国立工芸学校」と提携し、交換留学を実施。さらに、イタリアへの海外研修や作品出展などで海外との交流を通して学生の広い視野と高い職業観を育てるとともに、伝統工芸の新しい可能性が期待されます。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

取得できる資格

陶芸士
工芸士

目標とする資格

    • 伝統工芸士 (実務経験12年以上 本校なら在学期間が実務経験期間として認定)

    京もの認定工芸士(実務経験5年以上 本校なら在学期間が実務経験期間として認定)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒622-0041 京都府南丹市園部町二本松1-1
TEL:0771-63-1752(進学サポート室)

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府南丹市園部町二本松1-1 「園部」駅から西出口を出て徒歩 1分
「千里中央」駅からスクールバス 50分
「川西池田」駅からスクールバス 60分
「淀」駅からスクールバス 45分
「西山天王山」駅からスクールバス 30分

地図

 

路線案内

他の学部・学科・コース

京都伝統工芸大学校(専修学校/京都)