• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 留学関係機関を探す
  • NIC International College in Japan
  • ガイド

留学関係機関/東京・大阪

NIC International College in Japan

NIC International College in Japan

●本校は日本の学校教育法管轄外の学校です

留学先国名

アメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリア、フランス、スイス、モナコ、スウェーデン、インド、タイなど

 

留学までのプロセス

チャートはこちら

募集プログラム・年限・募集人員

● 募集プログラム・年限・募集人員

【英語集中課程、教養課程】
 募集人員/200名
 年限/卒業まで短大2年、大学4年程度

 

留学先の情報

● 学費(2015年度・4年制・各校により多少異なる)

【ネバダ州立大学】
 授業料$20,500、寮費・食費$9,300、合計$29,800
【カリフォルニア州立大学】
 授業料$18,162、寮費・食費$11,208、合計$29,370

 

● 留学実績(2015年度)

【ネバダ州立大学各校】50名
【カリフォルニア州立大学各校】90名
【イギリス】50名
【プレースメントオーストラリア】10名
 ※合計/200名 
 進学率95%/入学者210名・渡航者200名

 

● 留学先での暮らし方

寮・ホームステイ・アパートメント

 

● 進学先大学(一部紹介)

【アメリカ(一部)】
 ●University of Nevada,Reno/ネバダ州立大学 リノ校(ネバダ州・NWASC・4年制)
 ●University of Nevada,Las Vegas/ネバダ州立大学 ラスベガス校(ネバダ州・NWASC・4年制)
 ●California State University,Chico/カリフォルニア州立大学チコ校(カリフォルニア州・WASC・4年制)
 ●San Diego State University/カリフォルニア州立大学 サンディエゴ校(カリフォルニア州・WASC・4年制)
 ●University of California,Los Angeles/カリフォルニア大学ロサンゼルス校(カリフォルニア州・WASC・4年制)

【イギリス(一部)】
 ●University of Cambridge/ケンブリッジ大学
 ●University of London/ロンドン大学
 ●Manchester University/マンチェスター大学
 ●Liverpool University/リバプール大学
 ●York University/ヨーク大学
 ●University of Warwick/ウォーリック大学

【オーストラリア(一部)】
 ●University of Sydney/シドニー大学
 ●University of Western Australia/西オーストラリア大学
 ●Monash University/モナッシュ大学

 

日本での学校情報

● 設置課程

●ネバダ州立大学、カリフォルニア州立大学、ニューヨーク州立大学を主とする全米250大学
●UCLA、UCバークレー、南カリフォルニア大学など世界トップスクール
●ハーバード、イエール、プリンストン大学などアイビートランスファープログラム
●ロンドン大学、ヨーク大学、エディンバラ大学など全英国立大学(90校以上)
●ケンブリッジ大学、オックスフォード大学、医学部・獣医学部などスーパートップスクールプログラム
●シドニー大学、モナッシュ大学、西オーストラリア大学などオーストラリア名門国立大学(医歯獣医学含む)
●スイス、フランス、イタリアなどヨーロッパ大陸の大学(すべて英語で授業を行う大学)

 

● 教育内容

欧米の大学で必要な英語力、思考力、表現力修得のための1年間のプログラムです。授業はネイティブの教授による少人数制。米国大学1年次の単位を取得、渡米後3年以内で4年制大学を卒業します。

 

● 学費

【1年次・2016年度】
 入学金37万円、授業料108万円、設備費24万円、合計169万円

 

● 在籍者数

200名(2015年度)

 

● 教員

全員が米英大学院修士号および博士号取得者

 

● 入試制度(2016年度入試)

【特待生・AO・自己推薦・特別奨学生入試】
 4月~12月まで計13回

【一般入試】
 1月~3月まで計9回

 

● NICの特長

■語学留学・交換留学では満足できないあなたのための本気の「単身正規留学」。
NICの留学は、日本の大学からの語学留学や交換留学とは全く異なります。アメリカやイギリスをはじめ、世界の大学で、一人で、ネイティブや他国からの留学生と同じ土俵で切磋琢磨し、卒業学位を取る、正規の留学です。過度なサポートがなくても、一人で大学生活を送れるだけの「人間力」をNICでの1年間の教育で身につけていきます。NICの抜群の進学実績・卒業実績は、このもっとも大切な1年間に基づくものです。英語を話せるのが有利になる時代もすでに終わっています。NICの先輩は、ドイツ語、フランス語、中国語なども習得し、3カ国、4カ国語を操る人もたくさんいます。もちろん、海外の大学で身につけた専門性は世界基準のチカラです。
 
■開校28年、グローバル教育の名門校。
1988年にネバダ州立大学日本校として開校して以来、全国2,300高校から9,000名を超える学生を受け入れてきました。ネバダ州立大学やカリフォルニア州立大学をはじめ全米300大学、ノーベル賞受賞者を多数輩出しているUCLA、UCバークレー、ケンブリッジ大学、カナダ・ブリティッシュコロンビア大学、シドニー大学など世界のトップスクールへの進学・卒業実績の他、近年では、スイス、モナコ、スウェーデン、インド、タイなど世界の大学へ進学しています(英語で学べる大学は世界中にあります!)。語学留学や交換留学では満足できない、本気の留学を希望する若者の登竜門として知られています。
 

■1年間でネイティブと同等の英語力を身につける。
NICのもっとも大きな特長は、1年間の集中カリキュラムで、ネイティブ学生や他の国からの優秀な留学生と同じ土俵で切磋琢磨できる高いレベルの英語力を身につけることです。ひとクラス20名以下の少人数クラスで、すべてネイティブの教授によるディスカッション中心の対話型授業で、大学入学に必要な英語力ではなく、「卒業するため」に必要な英語力を身につけます。また一般教養課程を履修し最大30 単位程度まで履修し、渡米後3年以内で卒業が可能です。
 

■英語を学ぶのではなく、英語「で」専門分野を学ぶ。
日本の大学からの留学とは大きく異なり、単身海外の大学で専門分野を学ぶための正規の留学です。アメリカでは640以上、イギリスでは1,000を超える専攻があり、自分が本当にやりたいことを見つけることができます。高校では文系でも理系分野を卒業した先輩も数知れず。また、2つの分野を同時に学べるダブルメジャー(アメリカ)、ジョイントディグリー(イギリス)も人気の理由です。
 

■グローバル進学。日本の有名大学より、世界の名門大学を目指そう。
世界を代表する名門大学であるUCLA、UCバークレーなどUC(カリフォルニア大学)各校、
そして…
○エンブリーリドル航空大学 ○College of William & Mary ○ジョージア工科大学
○コロンビア大学 ○カーネギーメロン大学 ○ニューヨーク大学 ○ボストン大学 ○シカゴ美術大学 ○バークリー音楽大学
○ケンブリッジ大学 ○イギリス国立ヨーク大学 ○ロンドン大学 ○グラスゴー大学 ○セントアンドリュース大学
○エディンバラ大学 ○リバプール大学 ○イギリス王立音楽大学 ○London College of Fashion
○シドニー大学 ○オーストラリアナショナル大学 ○スイスホテルマネージメントスクール ○アイルランド国立トリニティカレッジダブリン
○オランダ国立アムステルダム大学 ○モナコ国際大学 など。
多くの日本人にとっては、遠い世界の話に思われるかもしれませんが、すべてNIC生の在籍・卒業大学です。
夢を夢で終わらせない。《本気の留学》のNICです。
 

■就職もグローバル。国のため、社会のために未来を導く人になろう。
NICの先輩は、国内の有名・実力企業だけでなく、外資系企業や海外での就職、さらには獣医師や弁護士、パイロットやアスレティックトレーナーなど、国家資格を取得してのスペシャリストなど、卒業後の進路は百人百色。そして最近特に多いのが就職して数年後に独立起業する人たち。本当に好きなことや、やりたいことを職業にしている夢達人がたくさんいます。欧米の大学で身につける力は英語力や専門知識だけではありません。多くの苦労や挫折を体験し培った自立心や行動力、コミュニケーション能力は、帰国後日本の企業でも高く評価されています。チェンジメーカーとして、日本と国際社会の架け橋となって、世界に羽ばたいてください。

 

NIC International College in Japan(留学関係機関/東京・大阪)