• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 神戸総合医療専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 視能訓練士科

兵庫県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/兵庫

コウベソウゴウイリョウセンモンガッコウ

視能訓練士科

募集人数:
40人

兵庫県で唯一の視能訓練士の養成校。眼疾患の早期発見、予防など患者さんをトータルにサポートする視能訓練士を育成。

学べる学問
  • 保育・児童学

    子供の成長や健康を研究し、保育、教育に役立てる

    子どもの心と体の発達を総合的にとらえ、成長によりよい教育や環境を考える学問。児童心理学、児童保健学、児童福祉学、児童教育学、児童環境学、児童文化学などの研究領域がある。

  • 医学

    理論と実践を通して病気の予防・治療法を研究する

    人間の命と健康を守るため、基礎医学、臨床医学、病院実習などを通してその知識と技術を学ぶ。

  • 保健・衛生学

    予防医学の視点から広く社会に貢献する

    実習、研修を積み重ねて、人々の健康保持・増進のためのノウハウを幅広く学ぶ学問。医学・生物学的な研究に、社会学、心理学、福祉学などの視点を加え、体系的に研究する。精神面のケアなど、研究領域は幅広い。

  • リハビリテーション学

    リハビリテーションの手法を研究し、専門家を養成する

    病気や怪我によって、弱まったり損なわれたりした体の機能を回復するための訓練や療法、援助法を研究する。作業療法、理学療法、言語聴覚療法などがある。

  • 物理学

    ミクロからマクロまで、自然界の現象を観察し、真理を探る

    元素の成り立ちから宇宙まで、自然界の現象を観察し、法則を見出す。理論物理学、実験物理学、超高性能コンピュータを使った計算物理学などの分野がある。

  • 生物学

    生き物の行動や生態から、そのメカニズムを探る

    研究の対象は、生きとし生きるもの全て。それらを観察・分析することで一定の法則を見つけ出すだけでなく、DNAや脳のメカニズムなど、ミクロの世界にも迫る学問。

目指せる仕事
  • 視能訓練士

    視機能の障害に対して、必要な訓練と検査を行う

    病気や事故などによって視機能に障害が生じた患者に対し、検査や矯正訓練を行って視機能の回復をはかる。高齢者社会を迎え、視能障害をもつ人が増加する中、視能訓練士の数は圧倒的に不足していると言われる。病院などからのニーズは今後広がっていくだろう。

初年度納入金:2018年度納入金 130万円  (入学時に教科書・実習着等の費用〈約10万円〉が必要)
年限:3年制

学科の特長

学ぶ内容

眼科での検査、視機能の回復訓練をサポートする知識・技術を修得する
脳の疾患が視機能の異常から発見されるなど、視能訓練士には高度な技術と知識、そして検査の精度の高さが求められています。また、視能訓練士が接する患者さんは乳幼児から高齢者まで年齢層は様々。病院や保育施設での実習、臨床現場の見学を行い、コミュニケーション能力も養います。

カリキュラム

視機能に関する講義や実習を中心としたカリキュラム。国家試験対策も万全
解剖・生理学、脳神経外科学などと共に、視機能に関する基礎を学び、その後、視能訓練学・神経眼科学・小児眼科学・眼疾病学などの講義と、学内実習を中心に展開。3年次で3ヵ月に及ぶ臨床実習を終えた後は、国家試験対策として模擬試験と試験問題の解説を繰り返します。

実習

設立母体である慈恵会グループの医療機関や施設などで現場の仕事を体験できる
視能訓練士が接する患者さんは乳幼児から高齢者まで幅広い世代です。そこで病院などの医療機関での実習や、定期的に臨床現場を見学したり、社会福祉学実習など実体験できる場を多く設けています。また、保育施設での実習を通じて小児についての対応の仕方も学びます。

卒業後

慈恵会グループの医療機関は、有力な就職先のひとつ
新須磨病院(2016年3月卒業生就職実績)をはじめ、慈恵会グループの各種医療機関は、学生の臨床実習の場として、また、卒業後の就職先のひとつとして、本校と密接な関係にあります。もちろん、国公立病院・大学病院・診療所・眼科医院なども主な活躍の舞台となります。

資格

兵庫県唯一の視能訓練士の養成学科。視機能の検査や回復訓練などを行う「視能訓練士」をめざす
弱視・斜視の視機能検査や両眼視機能の回復訓練などを行う視能訓練士は、眼科医療の一翼を担う重要な存在です。高度な知識と技術ばかりでなく、患者さんの精神面まで支えることのできる豊かな人間性も求められています。本学科を卒業すると「視能訓練士」国家試験の受験資格を得ることができます。

施設・設備

大型弱視鏡機、屈折検査機器など医療現場の最先端で使われている最新設備・機器を導入
医療施設を持つ慈恵会グループが母体だから、常に医療現場の最新動向をリアルタイムに反映した実習環境を整えています。慈恵会グループの医療機関や卒業生との太いパイプで最新機器をリアルタイムで導入することができます。
学校概要

7000名以上の卒業生を輩出した44年の実績。病院が母体の総合教育校で本物の医療を学ぶ

診療放射線技師、臨床工学技士、視能訓練士、理学療法士、作業療法士を短期間で育成。現場からの情報を反映した授業や実習にも母体のネットワークを活用しています。

学べる学問

目指せる仕事

資格 

受験資格が得られる資格

  • 視能訓練士<国>

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    新須磨病院 、 協立病院 、 あさぎり病院 、 大阪大学医学部附属病院 、 ツカザキ病院 、 なかにし眼科クリニック 、 にしむら眼科 、 平松眼科クリニック 、 かみもと眼科 ほか

※ 2016年3月卒業生実績

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒654-0142 神戸市須磨区友が丘7-1-21
TEL 078-795-8000(代)
kcc_info@kobecc.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
兵庫県神戸市須磨区友が丘7-1-21 「名谷(みょうだに)」駅から市バス78系統 3分 友が丘中学校前下車 徒歩5分
「名谷(みょうだに)」駅から南へ徒歩 15分

地図

 

路線案内


神戸総合医療専門学校(専修学校/兵庫)