• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • あいち造形デザイン専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 造形デザイン科

愛知県認可/専修学校/愛知

あいち造形デザイン専門学校

アイチゾウケイデザインセンモンガッコウ

造形デザイン科

募集人数:
40人

アクセサリーをはじめ、生活雑貨・工業製品・フィギュアデザイン、ディスプレイデザインなどを学びます。

学べる学問
  • 美術

    美に関する表現力を高め、理論や知識を身につける

    さまざまな美術を対象に、理論と表現技術の両方を学ぶ。基礎から専門分野まで広く学んだ上で、創作活動を通し自分なりの表現を生み出していく。

  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

目指せる仕事
  • 商品企画・開発

    過去の販売データや消費者の嗜好を分析して新しい商品を生み出す

    メーカーなどで新しい商品を企画し、開発する担当者。過去の販売データやトレンド、競合する商品の特徴、消費者から寄せられた声などを分析し、魅力的な新製品を企画。価格設定や販売戦略まで携わるケースも多い。今は、過去に売れた商品を踏襲しても売り上げが伸びなくなっているので、今までにない画期的な商品、独自の工夫を凝らした商品が求められている。その意味で商品企画・開発に期待される役割は大きくなっており、大ヒット商品を生み出した企画・開発担当者はマスコミなどで注目されることも少なくない。

  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • 雑貨デザイナー

    文具や食器など生活雑貨をデザイン

    生活雑貨を中心に、形や素材などトータル的にデザインしていく。このところ雑貨人気もあり、デパートなどでも雑貨コーナーを、新設・拡大する傾向にあるようだ。使いやすく、しかも見た目も洗練されたレベルの高いデザイナーが求められる。

  • 工業デザイナー

    家電など工業製品を機能的で美しくデザイン

    ボールペンから飛行機まで、さまざまな工業製品の形と機能性をデザインする。新製品の開発の仕事が多く、メーカーの開発担当者と相談しながら、最適なデザインを決め、模型を作り、改善して最終的なデザインを決定していく。

  • ジュエリーデザイナー

    宝石や貴金属を素敵にデザインする

    宝石類や金、銀、プラチナなどの素材を使用し、リング、ネックレス、ブローチなどのジュエリーをデザイン、または製作までを担当する。デザインセンスはもちろん、消費者ニーズに素早く対応できる敏感さも求められる。

  • 空間デザイナー

    店舗や住宅などの空間の演出家

    店舗やアーケードといった商業空間、一般住宅などの生活空間をどのように使うか提案する。商業空間の場合、店舗の周辺を行き交う人の動きや気持ちを想定して、売場の構成や演出の工夫、商品のディスプレイ等を考える。生活空間の場合、そこに住む人が快適に過ごせるよう、工夫をこらす。

  • ディスプレイデザイナー

    ショーウィンドウなどを魅力的に飾る

    デパートのブティックのショーウィンドウに飾られるディスプレイや、ショップ内のデコレーションを行う。人目を引くような斬新なアイデア、流行を感じ取る鋭い洞察力、色や形のバランスを気遣う美的センスなどが必要。店舗が閉まっている夜間の業務が多い。

  • インテリアデザイナー

    安全で快適な住空間を設計する

    住宅やオフィス、船舶、航空機などの室内デザインから家具や照明器具などのデザインまで、幅広い分野にわたって携わるデザイナー。建築設計者や施行業者、依頼人と打ち合わせを重ね、デザインを進めていく。専門化が進み、室内空間専門、建築設計に強い人、家具や照明などの専門など、あらゆる分野で活躍している。

  • 彫金家

    金属から物を創り出す専門家

    金属を使って、アクセサリーや小物などを作る専門家。その金属の特長を生かし、また、色合いなども考えながら、デザインし、自ら制作する場合が多い。自分で販売まで手がける場合もある。

  • 染色家

    技法を駆使して布を染める

    布地の柄をデザインし、染色する。型染、友禅染、ろうけつ染、しぼり染などさまざまな伝統技法で絞り染めたり、描き染めたりするのが仕事。着物だけにとどまらず広くテキスタイルの分野で活躍。微妙な色彩センスやデザイン、絵の要素も必要となる。

初年度納入金:2018年度納入金 115万円 
年限:2年制

学科の特長

カリキュラム

日本は“モノづくり”の国。立体系分野において、幅広い知識・技術の習得を目指します
【アクセサリー・フィギュア専攻※】アクセサリー、フィギュア制作やプロダクトデザインの基礎を身につけ、立体造形分野のクリエーターを目指します。
【雑貨・インテリア専攻※】雑貨やインテリア等のデザイン技術を基礎から習得し、立体・空間系のデザイナーを目指します。
※2017年4月設置

授業

さまざまな技法を習得し自己表現を追求します
公共機関や企業から依頼された内容を授業の一環として取り組んでいます。ウィンドウディスプレイやオブジェ制作などプロの現場を体験することで実践力を身につけます。また、課外授業として鉄を使ったオブジェ制作など学校内ではできないモノづくりを体験します。

先生

スーパーアドバイザーによる講演
中国現代美術アーティストであり、名古屋ボストン美術館アジア企画アドバイザーとして日本と中国の美術界で活躍されている張 暁東先生が本校のスーパーアドバイザー。「現代美術の動向と中国北京の今」などの講演や学生作品の講評をしていただいています。

卒業後

この世界では情熱が大切です
雑貨・アクセサリー・プロダクト・インテリアなどのデザイナー、造形・美術作家や工芸家などは、プロになるために色々なステップが必要。この学科での2年間の学生生活を土台にして、着実に目標に近づくことができます。

併修制度

本校で学びながら短大の卒業も目指せます
本校は、愛知産業大学短期大学と教育連携を結んでいます。そのため希望者は、本校入学と同時に短大の通信教育課程に入学可能。通常の授業と本校でのスクーリングにより必要な単位を取得すれば、本校卒業時に短大卒業資格が取得できます。※別途、併修費用が必要。

編入学

卒業後、大学3年次に編入も可能。さらに幅広い教養を身につけることができます
学歴と幅広い一般教養を身につけるために、卒業後、4年制大学の3年次に編入することも可能です。希望者には大学編入担当者が個別に指導するため受験の準備も万全です。過去5年間の編入実績(2011年度~2015年度):名古屋芸術大学、名古屋造形大学、愛知産業大学 ほか

募集コース・専攻一覧

  • アクセサリー・フィギュア専攻

  • 雑貨・インテリア専攻

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • レタリング技能検定 、
    • 色彩検定(R)

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    竹田印刷(株) 、 (株)トッパングラフィックコミュニケーションズ 、 (株)パモウナ 、 新日本印刷(株) 、 (株)ロボット 、 トムス(株) 、 (株)ケイアートファクトリー 、 (株)日本サンプル ほか

※ 内定先一覧 (学校全体)

2017年3月卒業予定者実績/2016年12月現在

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒464-0850 名古屋市千種区今池4-10-7
入学相談係 フリーアクセス 0800-111-0510
azd@denpa.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
愛知県名古屋市千種区今池4-10-7 地下鉄「今池(愛知県)」駅4番出口スグ 徒歩0分

地図

 

路線案内


あいち造形デザイン専門学校(専修学校/愛知)