• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本リハビリテーション専門学校

東京都認可/専修学校/東京

日本リハビリテーション専門学校

ニホンリハビリテーションセンモンガッコウ

現場の即戦力として活躍する、人間性豊かな作業療法士・理学療法士を養成します

実習は1035~1125時間、300ヵ所以上の実習先を確保!臨床経験豊富な講師陣の実践的な指導と医学部でも行われている教育方法で、専門知識と現場で役立つ技術を持つ優れた作業療法士・理学療法士を育成します。

日本リハビリテーション専門学校の特長

学校の特長1

年間1216件の求人施設数!学生一人ひとりの希望に沿った就職をサポートします

高齢社会や予防医学の発達にともない、作業療法士・理学療法士の求人が拡大しています。2015年3月卒業生への求人施設数は1216件(2014年4月~2015年3月実績)。有名なリハビリ専門病院・総合病院・大学病院など希望する職場への就職を万全にバックアップしています。個別面談による親身なサポートや、就職のためのマナー講座などを実施しているほか、求人情報をメール等で配信しているため、学生は常に最新の情報を得られます。就職説明会は、195施設(2015年実績)の病院・施設から人事担当者が来校。現場の話を学校で聞くことができるので、見学前に情報収集ができます。

学校の特長2

医学部でも行われている教育と1035~1125時間の実習で、「一生の仕事」を目指せます

現場で即戦力として活躍する作業療法士・理学療法士になるには、臨床能力を高めることが重要です。本校では、医学部でも行われている教育方法を取り入れています(例:入学後早い時期から実際の現場を見せる早期実習、問題解決型少人数自己学習、複数の教員による濃密な実技実習の指導など)。また実践的な技術を身につけるよう実習教育に力を入れており、実習先は全国300ヵ所以上、実習時間は作業療法学科は1035時間、理学療法学科は1125時間と厚生労働省の基準である810時間を大幅に上回っています。一つでも多くのことを学生時代に学び、作業療法士・理学療法士を「一生の仕事」とするプロとして活躍できるよう、育成します。

学校の特長3

日リハ独自の7つのステップで、国家試験合格を学生一人ひとりに徹底サポート!

日リハでの国家試験合格への7つのステップは1年次からはじまります。卒業生から国家試験合格のコツなどアドバイスが受けられたり、グループ学習を通じて広範囲の試験範囲を分担して、みんなで学習を進めていきます。また、模試を受けることによって、自分の弱点を見つけて克服することを繰り返し行い、ステップアップしていきます。そして最後の追い込みでは、国家試験に精通した専門の講師による特別講義も用意!万全の体制でサポートする結果、全員受験による優れた合格実績を残しています。

学校の特長1

年間1216件の求人施設数!学生一人ひとりの希望に沿った就職をサポートします

高齢社会や予防医学の発達にともない、作業療法士・理学療法士の求人が拡大しています。2015年3月卒業生への求人施設数は1216件(2014年4月~2015年3月実績)。有名なリハビリ専門病院・総合病院・大学病院など希望する職場への就職を万全にバックアップしています。個別面談による親身なサポートや、就職のためのマナー講座などを実施しているほか、求人情報をメール等で配信しているため、学生は常に最新の情報を得られます。就職説明会は、195施設(2015年実績)の病院・施設から人事担当者が来校。現場の話を学校で聞くことができるので、見学前に情報収集ができます。

学校の特長2

医学部でも行われている教育と1035~1125時間の実習で、「一生の仕事」を目指せます

現場で即戦力として活躍する作業療法士・理学療法士になるには、臨床能力を高めることが重要です。本校では、医学部でも行われている教育方法を取り入れています(例:入学後早い時期から実際の現場を見せる早期実習、問題解決型少人数自己学習、複数の教員による濃密な実技実習の指導など)。また実践的な技術を身につけるよう実習教育に力を入れており、実習先は全国300ヵ所以上、実習時間は作業療法学科は1035時間、理学療法学科は1125時間と厚生労働省の基準である810時間を大幅に上回っています。一つでも多くのことを学生時代に学び、作業療法士・理学療法士を「一生の仕事」とするプロとして活躍できるよう、育成します。

学校の特長3

日リハ独自の7つのステップで、国家試験合格を学生一人ひとりに徹底サポート!

日リハでの国家試験合格への7つのステップは1年次からはじまります。卒業生から国家試験合格のコツなどアドバイスが受けられたり、グループ学習を通じて広範囲の試験範囲を分担して、みんなで学習を進めていきます。また、模試を受けることによって、自分の弱点を見つけて克服することを繰り返し行い、ステップアップしていきます。そして最後の追い込みでは、国家試験に精通した専門の講師による特別講義も用意!万全の体制でサポートする結果、全員受験による優れた合格実績を残しています。

学校の特長1

年間1216件の求人施設数!学生一人ひとりの希望に沿った就職をサポートします

高齢社会や予防医学の発達にともない、作業療法士・理学療法士の求人が拡大しています。2015年3月卒業生への求人施設数は1216件(2014年4月~2015年3月実績)。有名なリハビリ専門病院・総合病院・大学病院など希望する職場への就職を万全にバックアップしています。個別面談による親身なサポートや、就職のためのマナー講座などを実施しているほか、求人情報をメール等で配信しているため、学生は常に最新の情報を得られます。就職説明会は、195施設(2015年実績)の病院・施設から人事担当者が来校。現場の話を学校で聞くことができるので、見学前に情報収集ができます。

学校の特長2

医学部でも行われている教育と1035~1125時間の実習で、「一生の仕事」を目指せます

現場で即戦力として活躍する作業療法士・理学療法士になるには、臨床能力を高めることが重要です。本校では、医学部でも行われている教育方法を取り入れています(例:入学後早い時期から実際の現場を見せる早期実習、問題解決型少人数自己学習、複数の教員による濃密な実技実習の指導など)。また実践的な技術を身につけるよう実習教育に力を入れており、実習先は全国300ヵ所以上、実習時間は作業療法学科は1035時間、理学療法学科は1125時間と厚生労働省の基準である810時間を大幅に上回っています。一つでも多くのことを学生時代に学び、作業療法士・理学療法士を「一生の仕事」とするプロとして活躍できるよう、育成します。

学校の特長3

日リハ独自の7つのステップで、国家試験合格を学生一人ひとりに徹底サポート!

日リハでの国家試験合格への7つのステップは1年次からはじまります。卒業生から国家試験合格のコツなどアドバイスが受けられたり、グループ学習を通じて広範囲の試験範囲を分担して、みんなで学習を進めていきます。また、模試を受けることによって、自分の弱点を見つけて克服することを繰り返し行い、ステップアップしていきます。そして最後の追い込みでは、国家試験に精通した専門の講師による特別講義も用意!万全の体制でサポートする結果、全員受験による優れた合格実績を残しています。

オープンキャンパスに行ってみよう!

日曜学校説明会

作業療法学科 理学療法学科

社会人のみなさん、高校生のみなさん、進路選びの準備は出来ていますか? 日リハでは、リハビリの分野に興…

続きを見る

平日夜間学校説明会

作業療法学科昼間部 作業療法学科夜間部 理学療法学科昼間部 理学療法学科夜間部

土日の学校説明会に参加できない方にオススメ!日リハのことを詳しくお伝えします。個別相談の時間もありま…

続きを見る

オープンキャンパス一覧を見る

日本リハビリテーション専門学校の学部・学科・コース

卒業後のキャリア

詳細を見る

作業療法士

大木 真由美さん

作業療法士として、患者様一人ひとりの気持ちに寄りそったリハビ…

キャンパスライフレポート

詳細を見る

作業療法学科(昼間部)

薄根 まどかさん

「この人なら大丈夫」と思われる、安心感のある作業療法士になりたい

入試情報

実施している入試一覧

すべて見る

学費(初年度納入金)

■2016年度納入金 昼間部(両学科)190万円 / 夜間部(両学科)170万円 ※実習費の別途徴収はありません。

社会人・大学生・短大生・専門学校生の方へ

就職に強い学校!医療の現場で活躍するスペシャリストになろう

社会からのニーズが高まる理学療法士・作業療法士の仕事。本校では、実習を厚労省の基準である810時間を大きく上回る1035~1125時間実施しています。また、学内でも実際の患者様にお越しいただくなど、現場を意識した授業を行い即戦力として活躍できる人材を育てます。学費は実習の交通費と宿泊費を含んでいるため、別途徴収はありません。学費・特待生制度では最大50万円を支給しています。

問い合わせ先・所在地・アクセス

日本リハビリテーション専門学校

〒171-0033 東京都豊島区高田3-6-18
TEL:03-5954-1165

所在地 アクセス 地図・路線案内
東京都豊島区高田3-6-18 JR山手線・東京メトロ東西線・西武新宿線「高田馬場」駅から徒歩 7分

地図

 

路線案内

日本リハビリテーション専門学校(専修学校/東京)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ