• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 日本リハビリテーション専門学校
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 齋藤 雄さん(理学療法学科(昼間部)/理学療法士)

東京都認可/専修学校/東京

ニホンリハビリテーションセンモンガッコウ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

理学療法士  として働く  齋藤 雄さん  にインタビュー!

  • 医療・福祉業界
  • 医療・福祉系専門職
  • 人と接したり話すのが好き
インタビュー

「人間という生き物の奥深さ」を知る、理学療法の世界。まだまだ需要は伸びていきます

この仕事の魅力・やりがい

お金をいただいて「ありがとう」と感謝されるのが、この仕事の特殊で魅力的なところ。「あなたが担当で良かった」と言われると、感無量です。特に、ある難病の患者様からそう言っていただいたことは忘れられません。その方に対しては、回復を目指すというより「残された時間をその人らしく、幸せに生きてほしい」と、あらゆる方面からケアをしました。「どうやって幸せな最期を迎えていただくか」を考えに考えた結果、感謝の言葉をいただけましたが、死やリハビリについて深く考えさせられました。「全人間的復権(=リハビリテーション)」という言葉の意味を実感できた気がします。「人間という生き物の奥深さ」を知る、まれな仕事ですね。

理学療法士として働く齋藤 雄さん

患者様の心と生活に寄り添うのが、理学療法士の仕事

理学療法士として働く齋藤 雄さん
業界ココだけ話!

理学療法は数値や根拠を重んじる「科学」でもあります

業界ココだけ話!

現場の感覚からすると、インターネットの情報は根拠の乏しいものや間違ったものが多いです。例えば「理学療法士は人手が余っている」、「離職率が高い」という話。10年前と比べれば確かに人手は増えていますが、就職先は都心部にはもちろん、全国各地にたくさんあります。さらに団塊の世代が後期高齢者になる2025年には格段に需要が増しますし、地域での「介護予防」の分野では今現在も理学療法士が求められています。それに今でも実際、日リハの同級生は、全員理学療法士を続けています。作業療法士はさらに不足していて、「金の卵」といえるほど。リハビリ業界はまだまだ、人材を求めています。安心して飛び込んできてください!

これからかなえたい夢・目標

医療は接客業!コミュニケーション第一です

これからかなえたい夢・目標

常に患者様の幸せを考えて、知識・技術を向上させるための勉強を続けていきたいと思います。それに加えて、教育に強い興味を持っています。実習生に教える機会も多いですし、実は今、日リハの非常勤講師としても仕事をしているんです。なので大学院等でこの業界の教育についても研究をしたいですし、後進の育成にも積極的に携われたらと思っています。それから東京都理学療法士協会台東区支部の支部長に就任したので、職業としての理学療法士の地位や権利を守る活動も並行していくつもりです。現場で働きつつ、教育にも携わり、組織の活動もする…という三本柱でとても忙しいですが、その分とても充実した日々を送っています。

プロフィール

齋藤 雄さん のプロフィール

台東区立台東病院 リハビリテーション室勤務/理学療法学科(昼間部)/2007年3月卒/実習・実技時間の多さから、日本リハビリテーション専門学校に入学。医療の勉強は新しいことばかりで面食らったが、偏差値と関係なく成績が決まるのを見て「いい意味でリセットされるんだ、これなら自分でも」とやる気を出した。リハビリで特に大切なのは会話の“引き出しの多さ”だという。「ご高齢の患者様にリハビリを楽しんでもらうには、どんな話でもできないと」。様々な文化や人にふれ、豊かな経験を積むように学生にも指導している。齋藤さん自身も学生時代は、ハリウッド映画のエキストラから、塾講師、数々の接客のアルバイトなど何でもやったんだとか。

この先輩が卒業したのは…

日本リハビリテーション専門学校 理学療法学科(昼間部)

学校イメージ

現場の即戦力として活躍する、人間性豊かな理学療法士を目指す学科です。独自の技術系授業を210時間実施して実践力を身につけ、豊富な実習で臨床能力を高めます。また臨床実習時間は1125時間(厚労省の基準は810時間)、実習先は理学療法学科・作業療法学科合わせて全国300ヵ所以上。実習前には臨床の現場と同じ条件のもとで模擬問診・模擬検査を実施するなど、実習準備も充実!理学療法士を一生の仕事にするための知識・技術を4年で習得していきます。また、専門教科の講師陣には、現在もリハビリテーション病院や施設で実際に働いている専門家や、関東近県の医科大学の講師を招いているため、最新情報を取り入れた授業を受けることができます。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

日本リハビリテーション専門学校(専修学校/東京)