• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 九州ビジュアルアーツ
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 放送・映画学科

福岡県認可/専修学校/福岡

センモンガッコウ キュウシュウビジュアルアーツ

放送・映画学科(2018年4月名称変更予定)

募集人数:
40人

番組制作やCM・映画・MVなどの映像制作に必要な企画・演出などのソフトと、撮影・編集などの技術を両方学びます

学べる学問
  • デザイン

    平面、空間に関するさまざまなデザインを学ぶ

    私たちの身の回りに存在するすべての物を対象に、実技や実習、理論研究を通して、デザインし、表現していく。商業デザインと工業デザインに大別される。

  • 画像・音響工学

    画像や音響について研究し、それら処理技術を学ぶ

    画像・音響の処理技術を学ぶ。実験・実習を通して、コンピュータ・グラフィックス(CG)の技術とその応用を研究するのが画像工学であり、音のデジタル処理や音波の利用などを研究するのが音響工学。

目指せる仕事
  • 脚本家・シナリオライター

    映画やドラマの名場面、名セリフの生みの親

    映画やTVドラマの脚本(シナリオ)を書くのが仕事。オリジナル作品だけではなく、原作の小説などのドラマ化を求められる場合もある。登場人物のキャラクターや心理描写、場面の設定、セリフを文字に落とし込んでいく。

  • 映画監督

    役者やスタッフを統率し映像作品に仕上げる

    どんな映画をつくりたいか、自分のイメージをもち、企画構成、シナリオから、演技、撮影、照明にいたるまであらゆる面において指揮をとり映画制作を完成させる責任者。

  • 映像ディレクター

    番組制作の監督であり、演出家

    TV番組のコンセプトなどプロデューサーが行った大枠の決定に従って、番組を実質的に制作し、演出するのが仕事。局によっては、取材、構成、台本などまですべて一人で担当する場合もある。アシスタント経験を要するのが現状。

  • 映像編集者

    映像を集めて、制作・編集する

    国内外の各地から回線で届いたニュースや番組などの映像を収録し、編集し直したりして、VTRを作成するのが仕事。メッセージを伝える映像にするためには自分自身の視点も不可欠。

  • 照明スタッフ

    場面や、構成に合わせてライティングする

    舞台やスタジオなどで照明を操る。たとえば、コンサートの照明スタッフは、プランナー、チーフオペレーター、オペレーター数名で構成される。プランナーは、曲やコンサートの構成に合わせて照明のプランニングを行い、オペレーターはピンスポットなどの使用する照明ごとのライティングを担当する。

  • 音響スタッフ

    いい音を出すためのエンジニア

    舞台や映画、テレビなどで、音声を調節したり、効果的な位置にマイクをセットしたりするのが仕事。特に音楽番組では、音が重要なポイントとなる。いろいろな場所で常にいい音を出すには、熟練した技術とセンスが必要。新しい技術を検討したり、システム作りをすることも。

  • 美術スタッフ

    場面に合わせた道具やセットを用意する

    映画やTV、舞台などで美術を担当する。その場面に合わせた室内などを作り上げたり、そのなかに置かれているあらゆる道具を用意するのも仕事。映画などでは時代考証に合わせた古いものを集めてきたり、または、同じようなものを作り上げる技術も必要。

  • 放送作家

    TVやラジオの台本を書く

    番組の趣旨を踏まえたうえで、構成や流れを考えながら、台本を書いていくのが仕事。ある事例に対して、誰と誰がどんな内容でコメントするのかなど、内容や出演者のパーソナリティを知っておくのも重要だ。

  • ラジオ・テレビ放送技術者

    放送に必要な専門技術を駆使

    放送に関わる電波の送信をしたり、番組制作で音響、照明や中継などに携わる。また新しいメディアとしてインターネットを使った事業を進めたり、最先端のCG技術を番組に取り入れるなどのマルチメディア化や更なる技術開発にも関わる。

  • ラジオ・テレビ番組プロデューサー

    番組の企画を立て、放送までにさまざまな対外調整をしていく責任者

    テレビやラジオの番組の企画を立て、それを放送するまでのさまざまな手はずを整えていく番組全体の責任者。ディレクターが実際に番組の中身を作るのに対し、プロデューサーは社内の関係セクションの許可を取り、予算やタレントの出演交渉、番組スポンサーとの打ち合わせなど対外的な調整をしていく

初年度納入金:2018年度納入金 126万9000円  (別途教科書・教材費・研修費)
年限:2年制(※2017年4月より、放送学科から名称変更)

学科の特長

学ぶ内容

「撮影もできるディレクター」「演出もできるカメラマン」マルチに学んで専門性も高める!
番組や映像制作は企画や演出などのクリエイティブと撮影・照明・音声・編集などの技術に分かれます。放送・映画学科では機材を使いこなす技術を実践的に学ぶと同時に、番組や映像をつくる目的のほか視聴者の反応などを意識しながら、番組の質を高めるクリエイティブ力も学びます。

実習

TV番組やCMの制作、映画撮影への参加など学び方は実践そのもの
番組制作では、ロケのVTR撮影やスタジオと現場との中継など、本格的な番組を収録するための企画~運営までの全てを自分たちで行います。また、メディアミックスを意識したCM制作を行ったり、本格的な映画撮影へ参加することも。ハプニングや技術的エラーなど現場と同じ緊張感があり、それだけに最高の達成感を味わえます。

卒業生

多くの卒業生が業界で活躍!在学中から数多くの現場を経験できる
1983年からの歴史を有する放送・映画学科は、これまでにたくさんの卒業生を業界に輩出し、その多くが第一線で活躍しています。業界との太いパイプを活かし、経験できる現場は福岡でも十分に確保しています。例えば人気アイドルグループのPVや出演ドラマの現場にも参加でき、在学中から業界への理解を深めています。

クチコミ

プロもうらやむ機材を贅沢に、自由に使える
16mmフィルム用カメラからデジタルムービーカメラをはじめ、プロ仕様の機材や設備が満載。フィルム編集テーブル、デジタルビデオ編集室、Windows3DCG制作システム、録音スタジオなどを完備しており、実習や作品制作で自由に使用できます。またTVや映像の世界で活躍するプロから話を聞く機会が多くあり刺激を受けています。

研修制度

自分を試し、夢を確認する!現場を体験できるインターンシップ
放送・映像業界企業でポスプロなど実際の仕事を体験できるインターンシップ。現場の厳しさ、レベルの高さを肌で感じ、自分に欠けているものを確認できる貴重な経験ができます。インターンシップを経験することで就職への不安も解消できます。そして何より仕事の楽しさや達成感を味わうことで自分の夢を再確認できます。

奨学金

2年間で最大40万円の免除がある2種類の特待生や返済不要の企業奨学金など、学費サポートが充実
「プレスクール特待生」「特待生」の2種類の特待生制度があり、2年間で最大40万円の学費が免除となります。ほかにも2年間で20万円が支給される返済不要の企業奨学生や校友会奨学生など、独自の学費サポートが充実しています。また日本学生支援機構奨学金や新聞奨学生、各種教育ローンの利用もできます。
学校概要

入学前からスタートできるプロへの道。アニメ・声優・放送・写真・映画・音響の世界へ

入学前から受講できる無料プレスクールで、一足先にプロデビューへの道をスタート!入学後は作品制作、学内外イベント参加、インターンシップで実践。音楽や映像、テレビ・アニメの世界で活躍できるプロを育てます。

募集コース・専攻一覧

  • TV番組制作

  • 映画

  • CM制作

学べる学問

目指せる仕事

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    映画監督、プロデューサー、ディレクター 、 CMプランナー、CM制作ディレクター、映像作家 、 脚本家、放送作家、制作進行 、 ビデオ制作プランナー、TV番組制作、TVカメラマン 、 映画カメラマン、CMカメラマン、ビデオエンジニア 、 照明スタッフ、音声録音スタッフ 、 スクリプター ほか

※ 想定される活躍分野・業界

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒812-0011 福岡市博多区博多駅前3-8-24
フリーダイヤル0120-474-922
staff@eggnet.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
福岡県福岡市博多区博多駅前3-8-24 「博多」駅から徒歩 3分

地図

 

路線案内


専門学校 九州ビジュアルアーツ(専修学校/福岡)