• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 専門学校 九州ビジュアルアーツ
  • 卒業後のキャリア一覧
  • 藤瀬 大地さん(写真学科/カメラマン)

福岡県認可/専修学校/福岡

センモンガッコウ キュウシュウビジュアルアーツ

卒業後のキャリア~先輩の、仕事の“やりがい”聞いてみよう!~

カメラマン  として働く  藤瀬 大地さん  にインタビュー!

  • ものづくり業界
  • マスコミ・通信業界
  • クリエイティブ職
  • センスを表現するのが好き
インタビュー

撮影ごとに臨機応変な対応を求められる現場で、常に集中して取り組んでいます

この仕事の魅力・やりがい

東京で第一線の仕事を学ぼうと、博報堂プロダクツに就職し、現在はカメラマンアシスタントをしています。予想はしていたことですが、撮影現場ごとに毎回内容は違いますし、多くのことを求められます。今、何をやるべきか、どう動くのが良いのかなど、常に集中して考えていないと、現場では足手まといになってしまいます。写真を趣味でやることと、仕事にすることとは全く違うということを、毎日痛感していますが、素晴らしいカメラマンの隣で様々な撮影方法を見ることができ、カメラマンになるという目標に向かって進んでいる実感があるので、充実しています。

カメラマンとして働く藤瀬 大地さん

目標に向かって進んでいる、実感を持てています

カメラマンとして働く藤瀬 大地さん
これからかなえたい夢・目標

とにかくひたすらに、現場で経験を積む毎日です

これからかなえたい夢・目標

博報堂プロダクツで活躍していたカメラマンだった、先生のすすめで東京に行き、アシスタントをつとめて1年。多くを求められる厳しい現場で経験を積むことは、自分の経験の足りなさを痛感する反面、そのすべてが学びになり夢に近づいていることを実感できます。どんなことにも負けない、強い心を持って夢をあきらめないことを決意し、いつか写真家として活動できる日を目標に、一日一日を大切にがんばっていきたいと思っています。

後輩への応援&アドバイス

振り返ってみると学生時代に、フィルムで写真を撮った経験が今とても役立っていて、デジタルになってもその時の経験が確実に活かされています。フィルムカメラはデジタルカメラのようにボタンを押すだけではキレイに撮れないし、撮った写真は消せません。試行錯誤しながら写真を撮影し、暗室で現像して作品にする過程はワクワクする経験でした。けれど、もっともっと自分の作品作りに取り組んでおけばよかった、と思うこともあります。学生時代は、写真のことを一番に考えて、力を注いで過ごすことができる貴重な時間です。作品作りに没頭した経験が、自分の価値観や個性づくりにつながりますので、ぜひがんばってください。

プロフィール

藤瀬 大地さん のプロフィール

(株)博報堂プロダクツ勤務/写真学科/2016年3月卒/福岡県九州産業大学付属九州産業高校出身。九州ビジュアルアーツの体験入学に参加し、進路の悩みを先生に相談したところ、親身に向き合ってくれたことで信頼できる学校だと確信し、入学。専門学校卒業後は、広告写真の第一線の仕事を間近に感じながら、学べる環境を求めて「博報堂プロダクツ」へ入社。現在は、様々なカメラマンのアシスタントにつき、猛勉強中。

この先輩が卒業したのは…

専門学校 九州ビジュアルアーツ 写真学科

学校イメージ

実践の場がたくさん!

「コマーシャルフォト」「出版編集」「写真作家」の3分野で活躍できる写真家を育成します。写真撮影の基本技術から、媒体に適した機材やデータ形式の選び方、暗室演習など写真に関するノウハウを幅広く習得できるプログラムです。合わせて、広告制作や出版のプロセスについても専門的に学び、広告業界についての深い知識も身につけます。また、キャンパス内で行われる多彩なイベントを素材にし、現場中心に撮影技術やセンスを磨いていくことができます。 ■姉妹校のファッションデザインやモデル・タレント、エステ・メイク・ネイル系の学科などとのコラボで、作品作りに取り組みます。個性的なクラスメイトとともに送る刺激的な2年間です。

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。

専門学校 九州ビジュアルアーツ(専修学校/福岡)