• リクナビ進学(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 函館短期大学付設調理製菓専門学校

北海道認可/専修学校/北海道

函館短期大学付設調理製菓専門学校

ハコダテタンキダイガクフセツチョウリセイカセンモンガッコウ

実習棟増築で、ますます設備が充実!技術と知識を身につけて、食のプロになる

技術等級認定試験やホテルや専門店での年2回の研修など、確実に技術を身につけていきます。地域連携と食のグローバル化を目指し、実習棟を増築。教育環境がさらに整備されます。

函館短期大学付設調理製菓専門学校の特長

学校の特長1

2年間で製菓衛生師と調理師のWライセンスをめざすことが可能です

1年目には製菓衛生師科(1年制)、2年目に調理師科(1年制)を履修するWライセンスなら2年間で製菓衛生師受験資格と調理師免許の両方を取得することができます。これにより、2つの高度な技術と資格のどちらも手に入れることができ、卒業後のキャリアアップや調理と製菓を学びたい人にも最適です。受付は入学後の9月に行われるため、学びながら進路を考えることができます。なお、2年目の学費は入学金全額、授業料は一部免除になります。

学校の特長2

技術等級認定試験、5つの課外授業、校外実習、特別講座を経て、希望の仕事に就く!

技術の向上をめざした本校独自の技術等級認定試験を4級から1級までの4段階で実施し、西洋料理、日本料理、洋菓子、和菓子の部門で基本技術を確実に身につけます。また、授業以外で教養と専門領域を広げるために5つの課外授業(日本料理ゼミナール、西洋料理ゼミナール、中国料理ゼミナール、製菓ゼミナール、薬膳ゼミナール)を開講。興味ある分野を見極められるので、就きたい職業を決めるのに役立ちます。また夏季と冬季の2回、ホテルや専門店などで研修を実施。実際の現場で調理・製菓を体感します。遠隔地出身の学生は地元での実習も可能。技術とやりがいを学ぶ1年間で、確実に希望の業界、分野への就職をめざせます。

学校の特長3

学外の人々と交流しながら、作ることへの責任や喜びを実感しつつ学べる

日々の実習の積み重ねにより身についた技術を学外の人に披露する機会を数多く設けているのも本校の特徴です。「味まつり」と題した学校祭では、地元の人々を招いて自分たちで作った料理やお菓子を楽しんでいただきます。また、西洋料理ゼミの学生たちがフランス料理のフルコースを作り、学外から招いた方々にご賞味いただく「賞味会」、卒業研究発表会として1年間の学びの成果を披露する「食彩感謝祭」などでも学外の人と交流しながら、作る側と提供する側の意識を養い、実践力を身につけていきます。その他、多くの食に関するイベントに参加し、技術の向上だけでなく、地域に貢献しています。

学校の特長1

2年間で製菓衛生師と調理師のWライセンスをめざすことが可能です

1年目には製菓衛生師科(1年制)、2年目に調理師科(1年制)を履修するWライセンスなら2年間で製菓衛生師受験資格と調理師免許の両方を取得することができます。これにより、2つの高度な技術と資格のどちらも手に入れることができ、卒業後のキャリアアップや調理と製菓を学びたい人にも最適です。受付は入学後の9月に行われるため、学びながら進路を考えることができます。なお、2年目の学費は入学金全額、授業料は一部免除になります。

学校の特長2

技術等級認定試験、5つの課外授業、校外実習、特別講座を経て、希望の仕事に就く!

技術の向上をめざした本校独自の技術等級認定試験を4級から1級までの4段階で実施し、西洋料理、日本料理、洋菓子、和菓子の部門で基本技術を確実に身につけます。また、授業以外で教養と専門領域を広げるために5つの課外授業(日本料理ゼミナール、西洋料理ゼミナール、中国料理ゼミナール、製菓ゼミナール、薬膳ゼミナール)を開講。興味ある分野を見極められるので、就きたい職業を決めるのに役立ちます。また夏季と冬季の2回、ホテルや専門店などで研修を実施。実際の現場で調理・製菓を体感します。遠隔地出身の学生は地元での実習も可能。技術とやりがいを学ぶ1年間で、確実に希望の業界、分野への就職をめざせます。

学校の特長3

学外の人々と交流しながら、作ることへの責任や喜びを実感しつつ学べる

日々の実習の積み重ねにより身についた技術を学外の人に披露する機会を数多く設けているのも本校の特徴です。「味まつり」と題した学校祭では、地元の人々を招いて自分たちで作った料理やお菓子を楽しんでいただきます。また、西洋料理ゼミの学生たちがフランス料理のフルコースを作り、学外から招いた方々にご賞味いただく「賞味会」、卒業研究発表会として1年間の学びの成果を披露する「食彩感謝祭」などでも学外の人と交流しながら、作る側と提供する側の意識を養い、実践力を身につけていきます。その他、多くの食に関するイベントに参加し、技術の向上だけでなく、地域に貢献しています。

学校の特長1

2年間で製菓衛生師と調理師のWライセンスをめざすことが可能です

1年目には製菓衛生師科(1年制)、2年目に調理師科(1年制)を履修するWライセンスなら2年間で製菓衛生師受験資格と調理師免許の両方を取得することができます。これにより、2つの高度な技術と資格のどちらも手に入れることができ、卒業後のキャリアアップや調理と製菓を学びたい人にも最適です。受付は入学後の9月に行われるため、学びながら進路を考えることができます。なお、2年目の学費は入学金全額、授業料は一部免除になります。

学校の特長2

技術等級認定試験、5つの課外授業、校外実習、特別講座を経て、希望の仕事に就く!

技術の向上をめざした本校独自の技術等級認定試験を4級から1級までの4段階で実施し、西洋料理、日本料理、洋菓子、和菓子の部門で基本技術を確実に身につけます。また、授業以外で教養と専門領域を広げるために5つの課外授業(日本料理ゼミナール、西洋料理ゼミナール、中国料理ゼミナール、製菓ゼミナール、薬膳ゼミナール)を開講。興味ある分野を見極められるので、就きたい職業を決めるのに役立ちます。また夏季と冬季の2回、ホテルや専門店などで研修を実施。実際の現場で調理・製菓を体感します。遠隔地出身の学生は地元での実習も可能。技術とやりがいを学ぶ1年間で、確実に希望の業界、分野への就職をめざせます。

学校の特長3

学外の人々と交流しながら、作ることへの責任や喜びを実感しつつ学べる

日々の実習の積み重ねにより身についた技術を学外の人に披露する機会を数多く設けているのも本校の特徴です。「味まつり」と題した学校祭では、地元の人々を招いて自分たちで作った料理やお菓子を楽しんでいただきます。また、西洋料理ゼミの学生たちがフランス料理のフルコースを作り、学外から招いた方々にご賞味いただく「賞味会」、卒業研究発表会として1年間の学びの成果を披露する「食彩感謝祭」などでも学外の人と交流しながら、作る側と提供する側の意識を養い、実践力を身につけていきます。その他、多くの食に関するイベントに参加し、技術の向上だけでなく、地域に貢献しています。

函館短期大学付設調理製菓専門学校の学部・学科・コース

学費(初年度納入金)

【2016年度納入金】 調理師科/98万円、製菓衛生師科/102万円
(各科とも入学金、授業料、実習費、諸経費すべてを含んだ金額です。)

問い合わせ先・所在地・アクセス

函館短期大学付設調理製菓専門学校

〒042-0942 北海道函館市柏木町7-25
TEL:0138-53-5572

所在地 アクセス 地図・路線案内
北海道函館市柏木町7-25 「函館」駅より市電に乗車約21分、柏木町下車、徒歩1分。
「函館」駅より函館バスに乗車約23分、柏木町下車、徒歩1分。

地図

 

路線案内

函館短期大学付設調理製菓専門学校(専修学校/北海道)

この学校へ資料請求した人はこんな学校へも資料請求しています

前へ

次へ