• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 留学関係機関を探す
  • HIUC ヒューマン国際大学機構
  • ガイド

留学関係機関/東京・大阪

Human International Universities & Colleges Consortium (HIUC)

●本校は日本の学校教育法管轄外の学校です

留学先国名

アメリカ、カナダ、イギリス、オーストラリア、ニュージーランド

 

留学システムチャート

HIUCヒューマン国際大学機構は1990年の開校以来、ニューヨーク州立大学との学術提携を基盤とし、海外大学留学準備機関として約4,800名以上の学生を海外に送り出してきました。世界に約100校ある提携・協力大学への進学(正規留学)のサポートを行い、全日制、遠隔制のプログラムを設置しています。下記は遠隔制の高校在学中にオンライン授業とワークショップや合宿で留学準備をし、高校卒業年に海外大学へ進学する「海外大学現役進学科」プログラムのチャートです。その他、高校卒業後1年じっくり国内で留学準備をする「海外大学進学科」と、世界トップレベルの大学を目指す「海外難関大学進学科」もあります(※詳しくは入学事務局までお問合せください)。

チャートはこちら

募集プログラム・年限・募集人員

● 海外大学現役進学科

2017年 6月期生/2017年 6月~2018年4月/120名
2017年10月期生/2017年10月~2018年4月/60名
2018年 6月期生/2018年 6月~2019年4月/120名

 

● 海外大学進学科

2018年 4月期生/2018年 4月~2019年1月または、4月(10か月~1年)/60名

 

● 海外難関大学進学科

2018年 5月期生/2018年 5月~2019年4月/30名

 

■留学先の情報

● 留学にかかる費用(2016年度例)

<ニューヨーク州立大学プラッツバーグ校>
$32,220(授業料、寮費・食費等含む、奨学金制度あり)
<ネブラスカ大学カーニー校>
$24,734(授業料、寮費・食費等含む)
※留学先により異なります

 

● 留学実績

開校からの留学実績は4,800名以上 
2016年度実績 181名(ニューヨーク州立大学各校 39名)

 

● 提携校・進学実績校(一部紹介)

【難関大学進学実績】        
Columbia University(コロンビア大学・MSACS・ニューヨーク州)4年   
Johns Hopkins University(ジョンズホプキンス大学・MSDE・メリーランド州)4年   
Cornell University(コーネル大学・MSCHE・ニューヨーク州)4年   
University of Southern California(南カリフォルニア大学・WASC・カリフォルニア州)4年   
McGill University(マギル大学・カナダ モントリオール)4年  
University of British Columbia(ブリティッシュコロンビア大学・カナダ ブリティッシュコロンビア州) 

【ニューヨーク州立大学提携・協力校】   
ニューヨーク州立大学オルバニー校・ニューポルツ校・プラッツバーグ校・パーチェス校他(MSACS)4年/アルフレッド工科大学・デルハイ校(MSACS)2・4年 他9校   

【カリフォルニア州立大学提携・協力校】   
カリフォルニア州立大学・サンフランシスコ州立大学(WASC)4年 他3校   

【その他海外大学提携・協力校】        

<アメリカ> 
Oregon State University(オレゴン州立大学・NWCCU・オレゴン州) 
Colorad State University(コロラド州立大学・HLC・コロラド州) 
George Mason University(ジョージメイソン大学・SACSCOC・バージニア州) 
University of Central Missouri(セントラルミズーリ州立大学・NCA・ミズーリ州) 
他多数 

<イギリス> 
University of Exeter(エクセター大学)3年 
University for the Creative Arts(UCA芸術大学)3年 
University of Leicester(レスター大学)3年 
University of East Anglia(イーストアングリア大学)3年 
The University of Manchester(マンチェスター大学) 
他多数 

<オーストラリア> 
University of Sydney(シドニー大学)3年 
The University of Adelaide(アデレード大学)3年 
Griffith University(グリフィス大学 3年) 
他多数 

<カナダ> 
University of Manitoba(マニトバ大学)4年 
Simon Fraser University(サイモンフレイザー大学)4年 

 

● 留学先での暮らし方

留学中の滞在方法は主に3種類あります。

<学生寮>
渡航直後の滞在方法として一般的です。キャンパス内やキャンパスに隣接しているため、移動も少なく便利。セキュリティも完備されているところが多いです。

<ホームステイ>
一般家庭に寄宿します。週末や祝祭日の行事などを一緒に過ごし、その土地の文化などを体験できます。ただ、各家庭の生活リズムやスタイルは様々。その家庭のルール等を守って、スムーズに生活できるよう意識することが必要です。

<アパート>
ルームシェアやシェアハウスという滞在方法があります。ホストファミリーやルームメイト等に気を遣うことなく、自由に生活することができます。ただ、家賃、光熱費等、自身で手配となるため、しっかり自立して生活していくことが重要です。

 

● ニューヨーク州立大学正式提携校

【SUNY(ニューヨーク州立大学)とは】 
64校の4年制・2年制大学と、7,500近い学術プログラムで構成される、世界最大規模の公立大学機構です。

【特徴】
◆Study Abroad Program・・・専門分野を更に深く学ぶため、4ヶ月~1年、ニューヨークから世界各国へ短期留学が可能
◆インターンシップ制度・・・国連やニューヨークの大手企業でのインターンシップは大きな魅力です
◆編入制度・・・SUNYのネットワークで、2年制から4年制へのステップアップや、学びたい分野の変更に対応できます

 

■日本での学校情報

● 設置課程

目的、期間に合わせた3つのプログラム

【海外大学現役進学科】
高校に在学しながらネイティブ講師による英語漬けの授業と個別カウンセリングを行い、高校卒業年に現役で海外大学へ進学するプログラム。
<通学コース>
インターネット学習システムを活用した遠隔授業と、毎週日曜日に5時間のワークショップを実施。
<集中研修コース>
インターネット学習システムを活用した遠隔授業と、月に1回6時間のワークショップと、夏期と春期に11日間の集中合宿を実施します。
 
インターネット学習システムでは、主にReading & Writingの技術を磨き、文法能力の向上を図ります。ワークショップや合宿では、グループワークやプレゼンテーション等、海外大学で必要な発言能力とコミュニケーション能力をAll Englishの環境で集中的にトレーニングします。
 
【海外大学進学科】
高校卒業後、国内で東京または大阪のキャンパスに通学し、1年間じっくり集中して留学準備をするプログラム。
ネイティブ講師による「英語で学ぶ」All Englishの授業を行い、約1,000時間のトレーニングで英語力の向上を図ります。学内はすべて英語で行うため、授業はもちろん、スタッフとのコミュニケーション、普段の何気ないクラスメイトとの会話まで英語で行うため、確実に英語力が身につきます。また海外大学でスムーズに授業を受けることができるように、必要な学術スキル(エッセイの書き方、効果的なプレゼンテーション、ディスカッション、ノートテイキングの方法など)を身につけます。
 
【海外難関大学進学科】
海外の難関大学進学に必要な試験準備に重点をおいたプログラムです。ネイティブ講師によるAll Englishの授業で高度な英語運用能力を養いながら、英語で海外大学の一般教養科目も履修します。取得した単位は本学提携大学の単位に互換することも可能です。世界の上位大学では、同様の学部であっても授業内容が多岐にわたります。そのため大学選択がとても重要です。定期的な個別カウンセリングで「自分に合った大学選び」を実現し、留学成功へ導きます。

 

● プログラムの特徴

短期間で効率的に学習効果を高めるため、開校から一貫して少人数制の授業を実施。留学先で必要な、生きた英語力、カレッジスキル(学習技術)を身につけます。 
HIUCのESL(集中英語講座)は、聴く・話す・読む・書くという英語を使いこなすための4技能をバランスよく向上させるとともに、TOEFL(R)テストやIELTSなどの英語力判定試験のスコアを向上させ、英語の運用能力を高めます。授業はAll Englishで行われ、同時に、海外大学の参加型授業で必要な、エッセイ作成、ディスカッションやプレゼンテーションなどのカレッジスキルを習得。論文作成や速読、リサーチ手法も習得し、進学後に適切な成績を維持できるよう指導を行っています。

 

● 進路指導

HIUCでは学生の能力、適性、保護者の条件に応じた最適な大学に進学することを重要視しています。入学直後から定期的な個別カウンセリングを実施し、海外大学志望校決定から、学部・学科選択まで、学生一人ひとりに合った進路指導を行っています。提携大学の入学事務局の方も本学に来校しますので、海外大学の生の情報を収集することができ、本当に学生が自分の目標に向かってスタートできるよう体制を整えています。また、海外大学進学説明会や海外生活についての説明会も定期的に行い、海外大学進学後もスムーズに生活ができるようサポートしています。

 

● 就職支援

ヒューマングループのグローバル事業部「ダイジョブ・グローバルリクルーティング(株)Daijob.com」では、年4回外資系及び日系グローバル企業を招いてキャリアフェアを開催するほか、海外勤務求人専門サイトを運営し、海外での就職・転職を支援しています。
その他「ヒューマンリソシア(株)」や「ヒューマンタッチ(株)」を通じて、卒業生の就職をサポートしています。

 

● 入試制度について

書類審査、面接、英語筆記試験

 

● 2017年度納入金

【海外大学現役進学科】     
6月期生:155万円 (入学金、学費の合計)     
10月期生:126万円 (入学金、学費の合計)    

【海外大学進学科】     
163万円 (入学金、学費の合計)     

【海外難関大学進学科】     
140~170万円 (入学金、学費の合計 ※奨学制度により異なります)   

※奨学金制度   
本学では海外難関大学進学科の入学予定者に対し、奨学金制度を設けています(入学審査時の英語力筆記試験のスコア(TOEFL LTP)で当校規定の成績を収めた者)。詳しくはお問い合わせください 
◇金額◇ 
TOEFL ITP530点以上:400,000円/TOEFL ITP510点以上:300,000円/TOEFL ITP480点以上:150,000円 
◇定員数◇ 
AO入試・特別推薦入試受験者のうち先着10名/一般入試受験者のうち先着5名

 

● 入学前教育について

本学では、入学予定者を対象に「入学前教育」を実施しています。高1、高2からでも始めることが可能。オンライン英会話(毎月250分)、毎月のスクーリング、定期的な通信教育(英文法中心)を提供。早期に留学準備を行うことで、海外大学の進学先の選択肢も増え、入学後の学習の伸びを促進します。

 

● 高校生のための短期留学プログラム

長年の海外大学との提携・協力のもと、夏休み・春休みなどの長期休暇を利用しての短期留学プログラムを提供。  
海外大学へ進学予定の方や、留学してみたいけど、まずはどんなところか見てみたいという方など、現地の環境や雰囲気に触れ、留学を体験できます。生のネイティブ英語を学び、現地高校生との交流や、現地名門大学の見学なども可能です。

 

● 教員

HIUCの講師陣は、日本人への英語教授に精通したネイティブ講師で構成されています。留学に必要な英語やカレッジスキルを身につけます。

 

● 第三者認証機関による国際規格の認証を取得

HIUCの母体であるヒューマンアカデミーは、国際品質基準に則した教育サービスを提供していることが認められ、教育機関では日本初※となる国際規格「ISO29990:2010」の認証を取得。(※認証機関:SGSジャパン調べ) 
またグローバル教育機関(ヒューマン国際大学機構における英語学習サービス及びヒューマンアカデミー日本語学校における日本語学習サービス)として、語学学習サービスの国際規格である「ISO29991:2014」の認証を日本で初の取得※。(※認証機関:SGSジャパン調べ)

 

● 定期的に留学説明会を実施

本学のプログラムの概要や海外大学の特徴など、定期的に説明会を実施しています。また英語体験セミナーや、分野説明会、授業体験なども実施しています。
また海外大学進学には、ご家族の皆様のご協力が不可欠です。保護者の方に向けた説明会も実施していますので、是非ご家族の方と一緒にご検討ください。
こちらのオープンキャンパス情報でもセミナー情報をお知らせしますので、是非チェックしてください。

 

HIUC ヒューマン国際大学機構(留学関係機関/東京・大阪)