留学関係機関/東京・大阪

Human International Universities & Colleges Consortium (HIUC)

●本校は日本の学校教育法管轄外の学校です

このオープンキャンパスは開催終了しております。
廃止された学部・学科・コースの情報も含まれている可能性がありますので、ご注意ください。

HIUC大阪【高3対象】就職で周りと差をつけたいなら海外進学

画像の掲載は終了しました
開催日時
  • 2017年
    8月
    12日
    (土)
    11:00~13:00
  • 13:00~15:00
  • 19:00~21:00
  • 17:00~19:00
  • 15:00~17:00
こんにちは、ヒューマン国際大学機構です。

【国内と海外ここが違う?!~勉強スタイルの違いについて~】
よく「国内大学と海外大学ってぶっちゃけどう違うの?!」と
ご質問される事があります。
まずは・・・・『アクティブな姿勢で授業に参加する事が大事!!』 
海外大学の授業は国内大学とはかなり違います。どう違うかというと、国内大学は教授の講義形式のスタイルが多く、出席点や部分点より最終的な試験で評価されるケースが多いという事。(※科目にもよりますが・・・)
しかし、海外では、積極的に授業に参加することが求められ、それが成績上でも評価されます。一般にディスカッションやディベートなどの、教授や学生との対話型の授業スタイルが多く、グループワークもあります。ディスカッションになったら自分の意見をどんどん発表したり、グループワークでは積極的に活動したりしなければ評価の対象にはなりません。課題では自分で調べたものをまとめるリサーチペーパー(作文)の提出がよく課せられ、調べたものをプレゼンテーション(発表)することもあります。
『論理的に考え、自分の意見を積極的に述べる』
 留学生の多くは、授業開始の初日からこうしたスタイルにいきなり遭遇すると、戸惑いや気後れを感じてしまいます。まじめに講義を聴いているだけではだめだとわかっても、どう参加すればいいかわからず、ますます消極的な姿勢になってしまうケースも多いでしょう。
そうなることを避け、留学生活をスムーズに始めるには、日本にいるときに海外の大学の授業スタイルに慣れておく必要があります。ヒューマン国際大学機構では、ネイティブ講師によるAll Englishの授業でReadingやwritingを中心としたリサーチペーパーの書き方や、パワーポイントを使いながらディスカッションやプレゼンテーションを授業に取り入れ、ポイントを指導しながら次第に実際の大学の授業スタイルに近づけていきます。こうすることで現地の授業の雰囲気を体で覚え、留学してすぐに環境に馴染むことができます。海外進学は、専門知識や課題提出など全てが英語で学ばなければなりません。

海外の教育システムは、『社会で必要なスキル』が沢山あります。
例えば、どれだけ良い企画書が作れてもその資料を使って実際に
お得意先にプレゼンや、交渉を上手く出来なければ納得はしてもらえませんよね。
そんな時、授業の中でpresentationや自分の意見を積極的に言える
環境があれば、『即戦力』として非常に有利になります。

高校卒業後の進路は、学生生活最後の進路選択です。
自分の将来に一番近づける進路選択の一つとして海外大学を視野に
入れていませんか?

ご興味ある方は是非説明会にご参加ください★

開催場所
ヒューマン国際大学機構大阪校
大阪府大阪市中央区南船場4-3-2 御堂筋MIDビル9階
HIUC大阪【高3対象】就職で周りと差をつけたいなら海外進学/HIUC ヒューマン国際大学機構(留学関係機関/東京・大阪)のオープンキャンパス
スタディサプリオープンキャンパス
App Storeからダウンロード Google Playで手にいれよう