• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • 京都外国語専門学校
  • 募集学部・学科・コース一覧
  • 東南アジア言語学科

京都府認可/専修学校/京都

京都外国語専門学校

キョウトガイコクゴセンモンガッコウ

東南アジア言語学科

募集人数:
20人

全国でも数少ない本格的なタイ語、インドネシア語、ベトナム語の教育機関。少人数制で学び、さらに英語も身につける。

学べる学問
  • 国際関係学

    世界各国の関係を知り、国際社会の問題を研究する

    国際社会に存在するさまざまな問題解決に向けて、国家地域間の比較やその地域の政治、経済、文化などを、調査や現地研修などを通して分析研究する。

  • 国際文化学

    歴史、文学、芸術などの観点で、世界の文化を比較する

    文化を共有する集団を民族、言語、国家、宗教、小集団や大衆などさまざまな側面で捉え、学際的・実証的に分析する学問。国際的視点や比較文化的視点を重視している。

  • 語学(英語)

    実践的な英語力を磨くとともに英米の文化なども学ぶ

    使える英語能力を身につけるために、「読む・書く・聞く・話す」の4技能を総合的にしっかりと鍛える。同時に、アメリカ、イギリスなど英語圏の国々をはじめとする外国の文化や歴史についても研究する。

  • 語学(英語以外外国語)

    アジア、ヨーロッパなどの各国の言語と文化・歴史などを学ぶ

    中国語、韓国語、フランス語、ドイツ語、スペイン語、ポルトガル語などの外国語を使う力を養う。それぞれの言語を使う国々の文化、社会、政治、歴史などについても学び、外国への理解を深める。

目指せる仕事
  • 海外営業

    海外の企業などに自社製品を販売する

    自社製品を海外の会社や団体などにアピール、販売する仕事。販売する商品やサービスは国内の営業職と同様さまざまだが、コミュニケーションに必要な英語や現地の言葉などの日常会話力は欠かせない。仕事に必要な専門用語、法律用語などを身につけていると有利。

  • 貿易事務

    輸出入に必要な事務が仕事

    総合商社、専門商社、貿易代行会社、メーカーの海外事業部門などを舞台に、輸出入の必要な事務をとる。輸入の場合は、海外への注文手続きから、商品が日本に着いた際の通関手続き、輸入元に対する代金の支払いまで。輸出の場合は、注文のとりまとめ、輸送手続きなどを行う。

  • 外資系スタッフ

    外資系企業やその支社で働く

    外国資本の割合が高い企業などが、一般に「外資系」と呼ばれる。社内の公用語が英語の場合も多く、英語でビジネスができる程度の語学力は必要。また、日本の企業に比べ、自分の能力や業績を積極的にアピールする力も重視される。新卒の採用は全般に少なく、専門分野での経験を認められて、中途で雇用されるケースも多い。

  • 国際ボランティア・NGOスタッフ

    民間レベルで、国際協力を行う

    政府間での国際協力とは異なり、NGOと呼ばれる民間の組織で、開発、飢餓、教育、難民、環境、人権など、それぞれの得意分野をもちながら、有償スタッフまたはボランティアとして国際協力を行う。それぞれの団体に直接応募して、主に海外の現地で働く。

  • 通訳

    人と人とをつなぐ、言語のエキスパート

    国際会議やビジネスの場で、同時通訳または遂次通訳を行うなどの専門家。単に同時通訳するだけでなく議題から出席者のプロフィールなどまで詳しく勉強し、その人が発している言葉のニュアンスを正しく伝えることも必要。

  • 通訳ガイド

    外国人旅行者を案内するのが仕事

    日本を訪れる外国人旅行者を案内する。空港までの出迎え、ホテルへの誘導から、観光案内など、旅行者が快適に日本滞在できるようにするため、さまざまな仕事をこなす。語学力のほか、日本文化に関する知識、また、好感を持たれる人柄なども大切。

  • 翻訳家

    さまざまなジャンルの外国語を訳す

    文学、一般書、ビジネス文書、学術資料、映画などさまざまな分野の外国語を翻訳するのが仕事。語学力、特にボキャブラリーが豊富なことが求められる。コンピュータの解説書や科学技術関係などのニーズも高まっている。

  • 語学教師

    児童から社会人まで教える相手はさまざま

    教える国の語学が堪能なことはもちろんのこと、根気よく相手に教えるテクニックも必要。その国の文化や風習、政治や環境についても常にアンテナを張っておく必要がある。同じ言葉でもニュアンスが違うこともあるため、現状を知っていることが大事だ。

初年度納入金:2017年度納入金 117万4000円  (※教科書代等は別途)
年限:2年制

学科の特長

学ぶ内容

ネイティブの先生から学ぶタイ語の授業は年間400時間以上【タイ語専攻】
タイ語を学ぶのが、入学して初めてという学生が大半。しかし専攻語の授業は年間400時間以上も行われるので、確かなタイ語の力が身につきます。授業では映像ソフトなどのマルチメディア教材をはじめ、先生自身が作り上げたオリジナル教材も使われ、楽しく学んでいけるように工夫されています
アルファベット表記で文法構造も簡単なインドネシア語を学ぶ【インドネシア語専攻】
インドネシア語には単語の不規則な変化もほとんどなく、表記も英語と同じ26文字のアルファベット。しかもローマ字読みすればだいたい通じるほど発音も簡単。だから、会話の基本だけなら数ヶ月もあればマスターできるほど。さらに、英語を第二外国語として学び、就職や留学など進路の可能性を広げることも可能です
音楽や詩にも大いに触れて、楽しみながらベトナム語を学ぶ【ベトナム語専攻】
20世紀初めまでベトナム語は漢字で書かれていました。現在はローマ字に記号をつけた表記法。中国語の影響も強く、歌手は「カーシー」、会議は「ホイギー」と発音するなど日本語と似た言葉も多い。独特の発音を少人数の授業で、無理なく楽しみながらベトナム語を学びます

卒業後

大阪大学や京都産業大学への編入学、海外での就職など、幅広い進路実績があります!
卒業後は4年制大学の3年次に編入する道も開けています。入試情報の収集や対策講座などサポートも充実しており、大阪大学や京都産業大学などへの編入実績も。また、企業の情報収集や就職セミナーなどのサポートを受け、企業への就職を目指したり、身につけた語学力を海外留学でさらに磨くなど、幅広い進路が選択可能です

クチコミ

急成長する東南アジアは人材不足。語学を修得して海外へ飛び出しては?
日本企業は、中国から今後の発展が期待されているベトナムやタイ、インドネシアへの進出を加速しています。タイ語・インドネシア語・ベトナム語を学べる教育機関が少ないので、それらを修得している人材は希少価値といえるでしょう。言葉と文化を学んで、アジアで活躍できる人材に!

施設・設備

20人までの少人数クラスだから、先生との距離が近い!
東南アジア言語学科の教室は、小教室が中心。ネイティブ教員の比率も高く、授業がリスニングとも言えます。また、先生と学生の距離も近いことも大きな特長。さらに東南アジアからの留学生も多く、交流しながら日本語を教えたり、留学生から専攻語を教えてもらったりと相乗効果があります

募集コース・専攻一覧

  • タイ語専攻

  • インドネシア語専攻

  • ベトナム語専攻

学べる学問

目指せる仕事

資格 

目標とする資格

    • 実用タイ語検定試験 、
    • インドネシア語技能検定試験 、
    • 実用英語技能検定 、
    • TOEIC(R)LISTENING & READING TEST 、
    • 観光英語検定試験 、
    • 秘書技能検定 、
    • ビジネス文書検定試験 、
    • 日商PC検定試験 (文書作成・データ活用)

    ほか

就職率・卒業後の進路 

主な就職先/内定先

    帝国ホテル 、 ホテルボストンプラザ草津 、 渡月亭 、 アーバンホテルシステム(株) 、 イッティージャパン(株) 、 (株)トヨタレンタリース京都 、 京滋ユアサ電気(株) 、 (株)ツーリストエキスパーツ 、 (株)ドリームスカイ名古屋 、 (株)羽田エアポートエンタープライズ ほか

※ 2016年3月卒業生実績 (学校全体)

問い合わせ先・所在地・アクセス

〒606-8351  京都市左京区岡崎徳成町5
tel:075-752-2300
E-mail:kccfl@kufs.ac.jp

所在地 アクセス 地図・路線案内
京都府京都市左京区岡崎徳成町5 「三条(京都府)」駅から徒歩 10分
「東山(京都府)」駅から徒歩 5分

地図

 

路線案内


京都外国語専門学校(専修学校/京都)