• スタディサプリ進路(大学・専門学校)
  • 専門学校を探す
  • アール医療福祉専門学校
  • 先生・教授一覧
  • 蒋 讃奎先生(理学療法士)

茨城県認可/専修学校/厚生労働大臣指定/茨城

アールイリョウフクシセンモンガッコウ

先生・教授

車いすアスリートにパワーアップの秘訣を教える 先生

蒋 讃奎先生

理学療法学科

【理学療法士】
理学療法 ・トレーニング ・車いすスポーツ

理学療法というと、病気やケガをした人のためのものというイメージがあるかもしれませんが、それだけではありません。例えば、私が20年以上関わっているのが、車いすテニスの選手たちへのトレーニング・コンディショニング指導です。車いすを操りながら、上半身の力だけでボールを打つためには、相当なトレーニングが必要です。私たち理学療法士は、筋肉、神経、骨の仕組みや働きを熟知したスペシャリストですから、どの筋肉をどう鍛えれば、より力強いボールが打てるようになるのかを指導することができます。また、高齢者の介護予防として、転ばないような身体の動かし方をアドバイスしたり、中学校の運動部でトレーニング方法を教えたりと、あらゆる人を対象に、健康な生活、よりよい生活を送るためのサポートをすることができるのです。

筋肉、神経、骨などの仕組みや働きを利用すれば、小さな力でも人を持ち上げ、動かすことが可能です

授業・ゼミの雰囲気

学生自身が考え、話し合い、気づく過程を大切に

授業で蒋先生が心がけているのは、「一方的に与えるのではなく、学生の発想や言葉を引き出すこと」。例えばADL(日常生活活動学)の授業では、先生から出されたテーマについてグループで話し合い、発表。その後先生とディスカッションし、全グループの発表とディスカッションを踏まえて各自が総括するという形式をとっている。「自分が伝えたいことを言ってしまうのは簡単ですが、まず学生に考えさせ、意見をキャッチボールすることで、最終的にはその言葉が学生から出てきます。その過程を大切にしたいです。」

一方的に「教える」のでなく、ディスカッションし、意見をキャッチボールしながら、学生を導いていく

キミへのメッセージ

活躍の場は、世界中にありますよ!

理学療法士は、人の役に立つやりがいのある仕事。それも、技術や知識を活かす場が世界中にある仕事です。日本はもちろん海外にも目を向けて、世界で活躍できる理学療法士を一緒に目指しましょう!

この先生・教授に出会えるのは…

アール医療福祉専門学校 理学療法学科

就職に強いアールで「社会人基礎力」と「豊かな人間性」を身につけた理学療法士になる!…詳しくみる

※この画面の情報は、すべて取材した時点でのものになります。
アール医療福祉専門学校(専修学校/茨城)